2014/11/21(金)

■不健康

若い子は不健康だが、それが魅力的ですな。健康オタクな十代とか、なんかムッチャ嫌。

 

2014/11/20(木)

■肩

ついに絵を描くときまで影響が出てきた。

多分50肩という奴だと思うのだが、もうこのくらいから全く上がらない。

時期的にはバイクでこけてからなので、ちょっと筋でも痛めているのかもしれない。

とにかく不自由だが、致命的な事では全然ないからそれ程気にはしていないの。

  2014/11/20(木)

2014/11/18(火)

■大事な人って

最終的には

どっかで元気で生存してくれてたらそんでええわ

ってなるな。

2014/11/16(日)

■ノーメイク

たまにノーメイクで働いてる人を見ると
ドキッとする。
寝坊したのか主義なのか分からないけど、応援したくなる。
みんな塗りすぎで気持ち悪い。

 

■仕事

普段の2~3日分を1日でやって
クタクタなった。
新しい寝袋が快適すぎてすぐ仮眠。

なんか禁煙の離脱症状って
半年くらい続くみたいやん。
1ヶ月で楽になる言われてたのに
騙された気分!
別に喫いたくはないけど。

2014/11/15(土)

■思わせぶり

なんかこういかにも何かありそうな、思わせぶりな感じを演出するのが上手い女がいるけど
まるで中身なかったりするな。 芸能人なんか大体このタイプではないか?

でも逆に「外見だけじゃなくて内面を見て欲しい!」とか言われても、
「中身」とか「内面」って何の事か全く分からない、 なんなのそれ?

 

2014/11/13(木)

■体重増減

人生で一番重かった時は数年前の68キロ。

今年の夏が終わって、なんか飯を食うのが面倒になって
あんまり食わなかったらあれよあれよという間に
60キロになった。

で、最近タバコを喫わなくなって食うしかないので食ってたら
64キロに戻った。

いろいろダイエット何チャラってやってるけど
人間食うから太るのであって、食わんかったら痩せるぞ。

2014/11/11(火)

■爆笑おっさん

朝、考え事をしながら車運転してると、前からこんなおっさんが来たので笑いが止まらなくなって考えてる事全部忘れた。

■ハスラー おかま掘られた

これは夜、信号待ちで停まってたら後ろからゴンやられた。セローに続いてハスラーもかよと思ったけど、体は何ともなかったし、相手はいい人みたいで平謝りしてはった。
任意もちゃんと入っててディーラーも同じスズキの店だったんで 事後処理は手早く済みそう。きれいに戻るならいいや。

 


朝のおっさん、疫病神か福の神かよ~分からんけど、
まぁこれで、
ここんとこ続いてた厄払いは終わった事にしようWWW。

2014/11/09(日)

■がっつり呑んだり寺行ったり

バイク友達が来てくれたので、がっつり呑んで唄うというのを久々にやった。
行きたかった寺にも参詣したし、今日はイベントの抽選で特賞を当てたり。
こけた傷も今日になって楽になってきてバイクの運転がとても面白い。
煙草はほとんど意識しないけど、突然ものすごく眠くなって(好転反応らしい)そんな時は突然寝る事にしている。
ちょっと前まですごく興味があったことに、これも突然興味が無くなったり、
腹立ってた人が突然可哀想に思えて来たり、気持ちが変わるのも秋のせいか。

↓奇跡のような出会いをみんな探してるからそういうものを書いたら売れるんだろうけど馬鹿らしくて書けないわ。

2014/11/04(火)

■秋

今年は秋が長くて素敵だなぁ。
今日はお客さんが来て楽しかった。

もうすぐ東京からバイク仲間が
やってくるのも楽しみだ。
がっつり呑んでも
煙草大丈夫かな俺?

ひとしきり絵を描いて
これまた至福の時間だ。
今日もガンガン
バイクで帰るぜ!

2014/11/03(月)

■合成化学物質

いろいろ調べていると、食品添加物もサプリメントも体に入れたらやばそうなもんだらけやな。
ご自分の遺伝子を後世に残そうとしている人は、よく調べて注意せんといかんわ。
ビタミンCですら保存料(安息香酸)と混ざると猛毒のベンゼンになるらしいやんけ。
栄養素だけを抽出しているもの、何百倍の栄養素が入ってると謳ってる物は大抵やばい。
しかし一番やばいのはマルチビタミンみたいないろいろごっちゃまぜになってる物。
何と何を一緒に摂ったらまずいのかなど誰にもわかっていないのだ。
これでどうにかなってもだれも責任取ってくれないし、そもそも原因究明不可能。
胃と肝臓をやられる前にサプリなどやめた方がええぞ。

俺は健康オタクでも何でもないので、食いたい時は適当にチキンラーメンいただきますが
やっぱり明らかにヤバイと分かってるサプリ等は呑みたくない。

2014/11/02(日)

2014/11/02(日)

All right

ひどく落ち込んだ時は、

何かとりとめない文章書いたり

落書きしたりするといいぜ。

そのうち音楽も聴けるようになって

気が付いたら元気になってる。

2014/11/01(土)

■安定。

今日は安定。
煙草の事は忘れてた。
煙草無くても絵も描けるし文章も書ける。
イライラもしない。
薬も飲んでない。
サフラン2本と白湯と珈琲。
眠けもちょっと治まってきた。
このままやめてまうかもしれんな~。

 

■夜中のファミレス

夜中のファミレスにいる奴と言えば、酔っ払いか、痴話げんかのカップルか、マルチ商法の集団か、漫画家くらいだ。こんなのを相手にしている店員さんには頭が下がります。

2014/10/31(金)

■復活の兆し

サフランいいね。
俄然調子が戻ってまいりました。

やっぱり化学合成物はダメだ、天然物でないと。

 

 

2014/10/30(木)

■禁煙8日目・・・

『禁煙』というのではないのだが、喫わなくなってから8日目くらい。
煙草を喫わない以外の事ができなくて困っている。
仕事が出来ない。眠いのとやる気がそもそも全く起きない。
事務処理能力の欠如と、締切とか日程管理が面倒くさくて死にそう。

つまりはドーパミンが出てないわけです。
かと言って例のチャンピックスというのを呑んでしまうと、ドーパミン出るには出るが
吐き気と頭痛と動悸が起こり、何やら言い知れぬ不安に襲われてそわそわして、寝ると悪夢を見る事になる。
つまり仕事どころではなくなってしまう。
本当はどうにかこうにかやっつけているのだが、見事にお粗末な内容でアシさんに迷惑かけてます。

こんなことになるくらいなら、タバコを吸ってる方がはるかにましなのだが、
どうしてもあの煙が咽喉を通る感じを再び味わいたくないので、手が出せないでいる。
おまけに花粉症になったようで、咳と頭痛と鼻づまりで、もはや何もかもどうでもよくなってきている。
今のところ、タバコを喫ってないせいで体調がよくなったとか、食べ物がおいしいとか全くございません。

「今日も元気だ煙草が美味い」ってコピーがあったが、その通りだと思う。
元気になったら喫えるような気がするけどなぁ。

2014/10/26(日)

■母 日舞発表会

やっぱり品というのは大切ですな。
母の舞には気品がある。
一瞬、83歳の母が16歳くらいに見えた瞬間があった。
これは表面的な肌年齢とかの話ではなく、気品のある無しの問題である。

 

■大阪マラソン

嫁が6時間50分で完走した。
前の日ゴルフ行ってるし、
その体力と気力には感服いたします。

全くおなごは大したものだ。

 

■体

節々痛し。
しかしそんな事よりチャンピックスのせいで
全く仕事にならない。

2014/10/25(土)

■セローでこけた

セローで浄瑠璃寺ツーリング、こけて拝観果たせず。

最近色々思う事があって悶々としたまま走ってたからな。
こけるのも無理はない。

それに今日はあまりにもバイク日和だった。
アクセルもクラッチも本当はミリ単位の繊細さが必要なのだが、バイクの性能がいいと無理がきくのでついつい開けてしまうのだ。
特に精神的に「くそぉ!」て気分になってるとグイッとアクセル開けてしまってだめだ。
で、気が付いたらこれだ。

右足がバイクの下敷きで膝やられたので、先日の腰とダブルで歩くのがかなりつらい。
までも、これでセローは俺の物になった。一回はこけないと何となく人の物みたいな気がするからなぁ。

 

 

2014/10/24(金)

■煙草

煙草を吸うたびに嫌な気分になるので、もう丸2日ほど吸っていない。
この際だからやめてやろうと思って禁煙外来に行ってみた。
もらったチャンピックスって薬のドーパミンの出具合が強烈で、幸せすぎて何もする気にならない。
こんな薬なくても全然大丈夫なのだが、あまりにも幸せになれるので、まあ続けてみよう。
こんなの認可していいのか厚労省?

2014/10/23(木)

■腰痛~。

ジェベルのエンジンをハスラーに乗せてたら、腰をやられた。
昨日からコルセット付けて何とかやり過ごしているけど、かなり不自由。
かくも自分の体でさえ思い通りにならないが、頭の中身はオリジナルだぜ。

2014/10/22(水)

■欲でしょ?

「この宗派に入っていない人は幸福になれず地獄に落ちる。従って君は改宗せねばならない。改宗できないのであれば我々の関係は終わりだ。」

このエゴイズムがあらゆる紛争の根本原因で、人と人との関係における不幸の始まりだ。

「君の幸せのために言っているのだ」という迷惑なおせっかいで相手を説き伏せようとする傲慢さは、決して成果を上げることはない。
そして成果を焦っては紛争を繰り返すので、敵は増えていく一方だ。

彼らは、愛の輪を広める宗教的使命ではなく、自らの勢力拡大という欲で動いているのでいつもイライラしている。
欲で動くものに本当の宗教的幸福は訪れない。

しかし最大の不幸は、彼ら自身が自分が欲で動いているとは全く気付かず、絶対的に正しことをしていると思い込んでいる事だろう。

2014/10/18(土)

■憂鬱

季節のせいか何となく憂鬱
しかし何もできなくなってるわけではなくて、仕事も趣味も結構バリバリやってる
従って鬱病などではないのだが、ふっとした時に下を向いてしまう
いわゆる通奏低音として、どよんとした淀みが停滞している感じとでも申しましょうか
ところがびっくりする事に、これが全然不快ではない
どちらかと言えば逆にいい気持なのである

なんなのこの感じ?

2014/10/09(木)

■『罪と罰』

かつて読んだことがあるかどうかも記憶ないが、思い立って読んでみた。

兄貴が一級のサスペンスや言うてたが、そういう面も確かにある。が、やっぱり各登場人物が余りにもキャラ立ちしててそいつらが無駄なく絡まっていく構成力がすごい。そしてその構成が無駄のない饒舌と細部の描写で組み立てられている事に信じられない思いで読んだ。

ま、でもラストは甘く終わった。あれ?こんなことが言いたかったのか?って感じだった。
エピローグなくてもよかったのではないかと思ったものです。

■最近

うっちゃってる事が多い。
面倒臭いわけでもなく、気力がないわけでもないけど、そのままにしてる。
大事な事はそんなにない様な気になってる。

 

2014/09/29(月)

■騙し

騙すなら、とことん騙さないと
相手に失礼というものだ。

何か物を買う時、営業担当には頼むからうまく騙してくれよっていつも思う。上手く言いくるめ騙してくれたら気持ちよく買い物ができるのだ。正直に商品の欠点など教えられては鼻白むばかりだ。

正直さが美徳なのはせいぜい小学生までやないの?気持ちよく騙してほしいな~。

 

 

 

2014/09/25(木)

■レッテル

見た目から、当然中身はこんな人に違いないというレッテルを貼られるだろうから、美人も大変だな。

つくづくソース顔のイケメンに生まれなくてよかったと思う。
俺の顔はレッテルの貼りようがない、つまり何をしてる人かも性格もよく分からないみたい。「変態のエロ漫画家です」と言えば「あ~~~~~ん」と大抵みなさん納得してくれます。

2014/09/16(火)

■『細滑欲(さいこつよく)』

自分は異常なまでに肌フェチで、男でも女でも肌理の細かいきれいな肌の人には溜息が出る。
肌さえきれいであれば少々の美醜には頓着しないほどで、ましてや太っている事などまったく気にならない。
逆に美人でも、痩せていて肌ががさついて色黒ときたらもう全然駄目である。

このような性癖は特殊なんだろうなと思っていたら、
数ある煩悩の中に『細滑欲(さいこつよく)』なるものがあってこれは
「男女の皮膚の細軟滑沢に対する執着」なのだそうだ。
つまり、きめ細かで柔らく滑らかで輝く肌への執着の事である。

俺やんけ!
いやぁ仏教の人間分析はすごいな。

2014/09/09(火)

■自由

自由に生きるとはどういうことか?
「俺は自由に生きるんだよ♪」の自由とは何ぞや?
盗んだバイクで走る事か?自由恋愛をする事か?将来考えず遊びまくることか?
それで自由と言えるのか?そもそもそれで幸福なのか?
刺激ばかりを求めるとそれは次第にエスカレートして、そしていずれ飽きる。
祭りが終わればまた次のもっと楽しい祭りを探してまたそこで踊る。
しかしその祭りもいずれは終わるのだ。
そうしたらまたもっと楽しい祭りを探すのか?
それを延々と繰り返してその人は幸福なのか?
気が付けば体力も美貌もすでに衰えて、踊る事もできなくなるだろう。
一見自由に生きているようで、実は自ら狭い檻にはまり込んでるんじゃないか?

自由とは多分、他からの刺激ではなく自分の中にある。
自分がどう外界を受け止めるかの意識だけの問題だ。
しかもその意識は、自ら狭い檻に入り行動や欲望を制限しないと得られないものだ。
その檻は、修行だったり鍛錬だったり奉仕だったりするんだろうけど、
こんなことは若いうちは気付けなかったな。
最近いろいろ衰え始めてから考えるようになった。
だから衰えるという事は決してマイナス要因ばかりではないと思う。

スタップ細胞はないみたいだけど、もし医学が進歩して人間が肉体的に衰えなくなったとしたら
快楽主義、刹那主義でも一生いけるかもしれないが、死だけは永遠に免れない。
死ぬ直前まで美しく踊る事ができたとしても、それは本当の自由ではない様な気がする。

 

2014/09/05(金)

■突然

なんか人生短いなって
思った。

 

2014/09/03(水)

■対象

対象の情報が多すぎたら逆に描けないもので、このままでは何も描けなくなるので別の物を描くことにした。するとまぁ気楽に描けたりするもので。

人生ここにきて新しい何かが自分の中で開いてきたような気がするが具体的には座禅をしても掴めない。眠り浅く常にちょっとしたテンションを維持しているのはいい気持だが多分体力的には疲れている。この高揚感を生涯維持したのがピカソやゴッホなんだろう。いずれにしても単調ではつまらないですよ。

あ、ツーリングセロー。
こいつのせいも多少あります。

2014/08/12(火)

■坊主

坊主とはいえ煩悩から解放されてるわけではなく、 むしろ自制してる分
欲の渦巻き激しいのではないか。

2014/08/12(火)

■墓参り

どうせここに入るのだと思うと、
大抵の事は大したことはないと思われる。

2014/08/09(土)

■台風11号

来た来た。

2014/08/09(土)

■GODZILLA

なにこれつまんない。
歴代ワースト3に入る糞映画でした。

2014/08/09(土)

■バランス

ちょっとだけ危ういバランスが
よろしいようで。

2014/08/05(火)

■パッと見は分からなくても

どこかちょっとだけ狂ってる方が魅力的だと思う。
絵でも人間でもどこにも破綻が無いとすぐに飽きてしまう。

2014/08/05(火)

■夢

よく考えたらこんなところで泳げるわけないのだが、しっかり泳いでたなぁ。
尻尾ちぎれた感覚が生々しかった。

 

2014/08/04(月)

■暑気と湿気と女の脚

暑気と湿気と女の脚が
揃えばもう、
犯罪の匂い。

 

 

2014/07/29(火)

■風景

わけの分からない事件が多すぎるので、
人間って、そろそろ次の段階にジャンプするかもしれないと思ったり…。

2014/07/27(日)

■世界では、よ~け死んどるなぁ…。

ロシアがウクライナの反政府親ロシア派に武器どんどん供給して民間人殺しまくってるけど、それを非難しているアメリカも、イスラエルに武器どんどん渡してアラブ人殺しまくり、でもこの現状を世界の誰もどうすることも出来ないでいる。

かと思ったら阿部さんこっそりイギリスやイタリア、オーストラリアに武器輸出しますよと積極的にトップセールスに乗り出す始末。

これはもう「武器が商売的においしい」以外にないのだが、「我が国は武器持ちませんし作りません」って宣言しようものならここぞとばかりに、常識でははかり知れない蛮族が攻めてくる可能性もかなりある。

「危険ドラッグ」もそうだが、もう常識やモラルは全然通用しない世の中になってきた感あり。

こんな世にこそ仏教が、と思って仏教先進国タイの現状を見てもお寒い限りで、はてこの先一体この世はどうなってしまうのでございましょう。

結局は「子供いなくてよかった。」ってことになってしまいますな。

 

2014/07/21(月)

■綿のニットのワンピースはけしからん

こんな服を正確に何と言うか知らんが、祭りの夜とか、高速のSAとか、スーパー銭湯とかで時々目撃するこの服は何なんだ?けしからん。

透けてるわけではないのだが、ピッタリ体にフィットしているのでラインがまる分かりでけしからん。

大抵、色白ぽっちゃりが好んでいるような気がするし、ちょっとヤンキー入ってる子が好んでいると思えるのだが、とにかくこの尻がけしからん。

けしからんけしからん。

2014/07/19(土)

■嗜好品

どんなものを摂取しても、気分が晴れない時がある。
そんな時は、大抵摂取過剰になっているので
断つのが一番いい。

2014/07/18(金)

■仕事を始めるきっかけ

我々自由業にとって、仕事を開始するきっかけ作りはなかなか難しいが、俺の場合はこの日記の絵のような落描きをする事で、大体始められる。
たまに興が乗ってしまって、そのまま仕事以外の絵を描いて一日終わってしまうこともあるが、それはそれで充実するのでいい。

眠い時、腹が減ってるとき、暑すぎる時は、その苦痛がなくなる様対処する。
だから夏はほとんど寝てます。
というか8月は国民全員もう休もうぜ~。

 

2014/07/18(金)

■悪夢

冷房つけずにソファで寝てると悪夢を見る。 気が付けば汗だくで不快この上ない。
しかし悪夢と言っても大したことはなくて、今日のは
車を駐車しようとしたら急坂になっていて 「何じゃこの駐車場は」と焦ってた夢。
全然大したことはない。

2014/07/17(木)

■いや、『ART』やなくてどう見ても『オメコ』やろこれ。

工事現場の壁に象さん描いただけで『ART』と呼ばれる日本。
はて『ART』て何やねん?

【ART】
・芸術、芸術作品
・技巧、技芸
・わざとらしさ、狡猾

ふうむ。
まぁどのみち今『ART』と呼ばれてるほとんどのものに興味が無いが、
本物は2秒観たらわかるから背景の説明も必要ない。

ろくでなし子さんの行為が法に触れる触れ無いにはいろいろ意見あるし、俺も法律はよく分からないけど、いくらコンセプトを説明しようがマン拓は単なる『オメコ』であってそれ以上でも以下でもない。
自分の『オメコ』の型取りやから、『オメコ』以外ありえない。

これは『ART』やなくてどう見ても『オメコ』です。
いやいやいや、これは『オメコ』やろ。

 

2014/07/15(火)

■DUO

油絵の具を使おうと思ったら『デュオ』しかなかった。こいつは界面活性剤が入ってて、油絵の具のくせに水でも溶けるという代物。
まぁ普通に油にも溶けるので使ってる。

2014/07/11(金)

■台風

このところ、台風は大阪をシカトする。

2014/07/07(月)

■兔

また兄貴のウサギ、遊びに来る。
ウサギというのは女性的な動物だな、
こいつはメスだけど。

2014/07/05(土)

■寛ぎの時間

くつろぐ為には、個人的に煙草は欠かせない。
煙が揺蕩(たゆた)うのを見るだけで何とも落ち着くのです。
しかし、風の中と人混みの中はこの限りにあらず。

2014/07/04(金)

■相互監視社会

ネットの最大の弊害は、相互監視社会になったこと。
ちょっと目立ったことをすると、みんなスマホで撮ってUPするってのは、実に生きにくい。
それも別に他人に関心があるわけじゃなくて、自分のツイッターを目立たせたいだけだからな。
つまらん世の中になったもんだ。

2014/06/23(月)

■モデル

モデルを使って裸婦を描くことを画家はするのであるが、そしてそれは全然いやらしいことでも何でもなくて普通のことだと思うものである。モデル事務所に電話して来てもらえばいいだけで、いくばくかの金を支払えば成立するいわゆる商取引でしかない。

しかし、なぜかどうしてもできない。

こういうのが事務所の中で眼前に横たわっていると、自分は画家ではなくエロ漫画家であるという自意識が津波のように押し寄せてきて、自制が効かなくなるのではないか、もしくは罪の意識に苛まれてしまうかも。いや、それ以前に
「エロ漫画家なんすけど、裸婦モデルお願いできますか?」
「はぁ?うちは芸術家先生専用で御座いますのよ。(ガチャン!)」 これが怖い。

いや、芸大出てるんだから画家と名乗ってもいいはずだし、こっちは客なんだし、今更女の裸を見たところでそれほど動揺するとも思えないし、とかつらつら考えはするのだが結局は諦めてしまうのである。
ううむ…芸術とは難しいものだ。

 

2014/06/22(日)

■最近

輪郭線は先を切った日本字ペンで、
細かいところはSIERRAボールペンで描くことが多い。
結局PCに取り込むからな。
昔はボールペンはうまく出なかったけど、今はグレースケールだからこの辺は関係ない。

描き方はアナログなんだけど、出来る事が増えた。 時代は変わるもんじゃ。

 

 

2014/06/21(土)

■準備

何事につけても、事前に周到に準備しておくことは重要で、整理整頓含めて、全行程の半分はそのために費やしてもいい。

2014/06/19(木)

■虫

出てきた。
スズメバチとムカデは
勘弁してほしい。

2014/06/14(土)

■懈怠

知人が来てくれて、談笑。 その後また仕事場で爆睡してしまった。
無為な時間を過ごして後ろめたい気になるのは、こうこういう女神がいて
プンプンしてるからに違いない。
一日、何か成果物を残さないと気持ちが悪いのは、それとも単なる貧乏性かな~。

2014/06/12(木)

■なにやら気流が乱れとる

でも暑いよりは余程いい。
こんくらいでいい。

今日は兄貴のウサギ小屋を作った。
最初は慣れないようだったが、そのうちウサギは快適そうに寝そべったのでヨシとする。

 

2014/06/08(日)

■道後温泉

嫁と一泊で行く。いろいろ行ったけどやっぱり道後は本館がいいね。千と千尋やな。

次の日は砥部まで行く。砥部焼の窯元の後輩を突然訪ねると普通にいて、いいカップを4つももらった。
彼の親父さんは←この風呂の壁陶板を描いた偉い陶芸家。

いやぁ、四国はいいなぁ。
今度は石鎚か剣に登りたい。

2014/05/29(木)

■吉村萬壱 Creator's Nest イベント

心斎橋の文学バー『リズール』で、
兄貴がイベントをするらしいので、でかい看板描く。
お暇な方はどうぞ~。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~liseur/

2014/05/24(土)

■二の腕

いろんな好きな部位があるが、
ここが一番好き。

2014/05/23(金)

■少女と熟女

そんなもん少女に決まっておると思っていたが、最近ようやく熟女の良さが分かってきた。もう30超えたら熟女なんやな。

こやって自分の年齢とともに、女の趣味も上がっていって老人ホームで痴情の末云々てなことになるのでありましょう。

2014/05/18(日)

■温泉座禅

今日も『太子温泉』に行く。
温泉に入ると座禅をする。浮力があるので座布団が無くてもいい感じで足が組めるのだ。実にいいです。

2014/05/18(日)

■裸足

いや~裸足で運転すると、ムッチャクチャ気持ちいいね。
アクセルもブレーキも、0.5ミリくらいの繊細な入力ができるよ。

2014/05/16(金)

■草むしり

ちょっと見ない間にニョーニョー生えてくるので、雨の翌日は一仕事するのだ。
汗ダラダラ出るけどこれが気持ちいい。ウォーキングみたいな運動のための運動ではなく、作業ってのがいい。
目標あるし頑張れば成果出るし、精神的にも肉体的にも充実する。ご近所さんにも喜ばれるおまけ付きだ。

勢い出て、ちょっとした食器棚作ったりもする。
暇な時はネットじゃなく、なんか作業すべし。

2014/05/12(月)

■アーチスト

全く売れる見込みもないのに、毎年毎年50号や100号の作品を描き続ける公募展作家のアーチストは、尊敬に値すると思うようになってきた。僕自身はどうしても「粗大ごみ」を量産しているという意識が拭えなくてやめたのだが、もともとサイズが合わなかったのだと思う。

僕が支配できるのは、せいぜいが漫画用原稿用紙B4までです。

2014/05/12(月)

■雨

遠い昔、湿気た着物の匂いを嗅いだ記憶がある。
洋服だと臭いだけだが、着物の場合はどうしてか湿気を帯びてる方が情緒を感じますな。


2014/05/10(土)

■相談

「相談に乗ってもらってるだけ~」ってよく言うが、
男が女の相談に乗るときは、意識するしないに関わらず、必ずこの様な下心が潜んでいるものです。
そもそも何の興味もない女に対して、相談とか七面倒くさいものに時間をかけてまで乗る必要などありましょうか?
対する女の方もある程度何かしらのハプニング(もしくは金)を期待したりしているのはこれ当然でありまして、「相談があるの~」と言われた時は、心してかかるべきでありましょう。

 

仕事が順調に回り出したので、私は上機嫌です。

2014/05/04(日)

■結局

GWはどこにも行かなかったなぁ。
GWなど関係ないのでどこにも行かなくてもいいのだが、
いつ仕事が入るか分からないので予定が全く入れられないのが腹立たしい。

2014/05/03(土)

■急に花粉症治る

なんか急に良くなってきた。花粉終わったのかな。

2014/04/30(水)

■今ごろ花粉症最盛期

もうあんまり飛んでいないという情報だが、昨日あたりから本格的症状で、垂れる垂れる。頭ガンガンする。例年全く関係なかった花粉症だが、どうやら本格デビューの様子。嫁が今年突然完治してて全く立場逆転した。

結構つらいけど、鼻栓してたらまぁ仕事に差し支えるほどではないわ。

 

2014/04/26(土)

■鞄を持たない人

なかなかいい鞄が無いな~と常に困ってるのだが、ふと鞄やめてみた。
何て自由なのでしょう、暫くこれでいく。

2014/04/25(金)

■お茶

最近お茶沸かすってか、煎じて呑んでる。
何茶でもなく、漢方医で売ってるオリジナルでこれが旨い。

今日は一日気分乗らず、ほとんど寝てたから帰りのバイクは調子いいはずだ。

2014/04/24(木)

■日本字ペン

の先を切って平たくするのを久々にやってみた。
これをすると画風が必然的にこんな感じになるんだけど、これが精神的にとても落ち着くんだな~。

2014/04/19(土)

■何かを入れて、何かを出す

これ以外に生物の定義が思いつかない。
ゾウリムシでもやってることだが、食いもん以外でこれができるのが人間という奴だ。

2014/04/18(金)

■中国からの贈り物

今年はやられたなぁ。頭痛だけでも良くならんものか。

2014/04/18(金)

■ふじの鞘

これ初めて知った。
コーンコーンと音がするんで、誰かが木でも切ってるのかと思ったら、 硬い鞘が地面に落ちて、はじけて種が飛び散ってるのだ。この鞘、見事に硬いし結構でかい。

いや~自然って面白いな。

 

 

 

2014/04/18(金)

■椅子改造

例の椅子、スプリングは不要だと思い立って、丸裸にして板張ってスポンジかます。
べロアはビリビリになってしまったので、ソファの合皮を転用。何とか座れるもんが出来たわい。

 

 

2014/04/15(火)

■鯖缶こぼした

今日は一日ムカムカして過ごした最後がこれ。

2014/04/14(月)

■美

美と気違いと変態と奇病と二重人格は紙一重だと最近妙に納得している。
大抵の名作はこれらの要素を含んでいる様な気がする。

2014/04/14(月)

■『アナと雪の女王』3回目。

嫁が行きたいというのでまた観てきた。結局これも3回観た。いい映画は3回観てもいいね。
キャラ達がかなり変顔になるのがこの映画の魅力の一つ。多分ディズニーさんも、ただの美人3Dではどう頑張ってもつまらんなぁと思わはったんだろう。

「女は愛嬌」「美人は3日で飽きる」が納得される。立ち居振る舞いやものごしこそその人の魅力の大半であり、静止画写真では何も伝わらない。 つまりは、その肉体をどう動かしてるかが一番大切であって、コラーゲンやヒアルロン酸ではない。ましてやフォトショップで大幅加工された女性雑誌の表紙や化粧品のポスターなど何をかいわんやである。
と、CGソフト使い倒して製作されたこの映画を見て思う。

ちなみにこの映画は、3Dソフトで製作したモデルの上からアニメーターが手描きで加工できるソフトによって作られたらしい。妙に人間的なのはそのせいかもしれない。