今現在何をしてるかと頭の中の集積。まあ、つまりは日記ですな。
2002.07.30(水)
■AM2:30現在(正確には31日の朝)。トーンを貼ってます。【エスタロンモカ】を飲んだので、眠くないはずだ。いや、眠くないぞ。このまま力尽きなければ、何とか朝方には終わりそうだぞ。考えたら27日の朝方まで同人やってたからなァ。一体このネームがいつ通ったのかも思い出せない。下の日記を見るに25日にはOKもらったのかな?ともあれ24ページ、4日でペン入れトーンは出来ると分かった・・・・でもおおおおっ!二度とやりたくない!死んでしまうぅぅぅ!僕は41ちゃいなのでちゅ〜よ〜。
■老眼…ん?この地獄の日々の中、メガネがしんどくなってきて、今日一日外してたけど、何の違和感も無い。眼がよくなっている…んではなくて、どうやら老眼が始まっているらしい。は〜ははははは、情けね〜な〜〜〜。
■当方がこれだけ忙しい月末、皆さんはどうされておるかな?と、思いきや、くだ〜らさんまた甲子園行っとるやないかい!緋龍さんはコンサート…。…ヨネケンさんはどうかな?カップめん猫に噛まれてお湯ジャージャー…ぁぁ…。
■AM3:30 【サモン】服用。南米アマゾンの生薬ムイラプアマが効く筈だ。効かないわけが無い。
NHKラジオ深夜便「幌馬車の唄」昭和初期の唄。…いいなぁ。
■AM4:30とりあえず一巡り終わる。もう一巡だ。時々思考が完全に止まる。
■AM5:30
できたああああああああ!
2002.07.24(水)
■現在ネームに苦戦中…。どうも腹の底から力が涌いてこないぞ、…かなり疲れているのかも。んっぷ〜。
2002.07.23(火)
■神輿ギャルの日。
事務所の窓から撮影。うるさい、暑苦しい。でも太腿出してるから許す。こっちはそれどころじゃないんじゃあぁぁぁ。でもHPのために拡大画像見れますよ〜。あははははは〜。
2002.07.20(土)
■え?もう20日?あはっ…あはっ…あははっははははっは。
2002.07.17(水)
あかんいそがしいそがしいそがしわぁぁあまりの忙しさにど〜んど〜んどど〜ん。(花火)やっぱりコミケと単行本、同じ月にするもんじゃあないわな〜とほーほっ!
2002.07.12(金)
■「DOKIッ」8月はお休みして9月から『体はってますぅ。』連載決まりましたぁぁぁ。うれしい…。
■「桃姫」今月分終わりました〜。うれしい…。
■「コミメガ」今月分ネーム通りましたぁぁ。うれしい…。
■『青空に白桃』〜白昼取り乱し露出嬢〜表1表4扉の下描き通りましたぁぁぁ〜。うれしい…。
…で、へとへとです〜。

(しばらくして…)
■ものすごい雨、雷をともなって、流石のライダーSEIJIもこれでは帰れないという事態に。仕方がないのでもうちょっと何やかやして…。でもいくらなんでも仕事は無理だから、う〜ん本を読むのも疲れてるしなぁ。掃除でもするかな。
2002.07.11(木)
■え?何で今日木曜日?って感じですぅぅぅ。
■とりあえず桃姫『洗車いたしますぅ』のアシさんの仕事今日で終わる。あとはちょぼちょぼ効果トーンと、削り〜。一本終わりそうでちょっと気が楽になりつつある。
■並行して次のコミメガのネームにかかってますのよぉぉ。今回は半端で18P。
■こちら大阪。台風はなんてことはなく過ぎて、いよいよ天神祭りの匂いがしてきましたぞ。多分祭りの頃はもっとも忙しいと思われる。ぁぁ。とにかく商店街が大変なことになりますのです、毎年毎年、うっぷ〜。カブを取られたのもいつぞやの天神祭りだったなァ。
2002.07.09(火)
■クーラー死ぬ…ウソやろ…ぁぁ…暑い…あぁ…信じられん…。修理は明後日まで来ない…ぁぁ…明日、台風…ふ〜バタっ(気絶)
■現代人の夏は、その多くをクーラーに寄りかかって生きていると、今日一日で嫌というほど分かりましたぁ。原稿は汗で湿って、ヨレヨレに波打ちインクの乗りは悪いし、何よりも頭が回らないのが大変でした。明日ホントにどうしよう…。とりあえず台風だし、アシさんはお休みにして、こっちは1センチでも線を引かねばならないので、出動ですぅ。
2002.07.08(月)
■ペン入れは予定通り行かず、まだ4枚真っ白。でも楽しい。アシさん今日から。
■そろそろ次のネームを始めないと…ぁ、同人誌ぃぃぃ、ぁ、ぁっ…。(ぐ〜)
2002.07.07(日)
■いつも決まって夜の2時か3時くらいに帰るので、高速の改札のおじさんとはもうすっかり仲良しだ。60は軽く超えているおじさん。ちょっと2週間ほど見なかったので「どないしとったん?」と聞くに「ちょっと入院や」という。ほぼ毎日会っているけど、このおじさんとは、ハイカを読み取るまでのほんの数秒間しか会話できない。それも「雨やな」「バイク寒いやろ」「今日は遅いな」程度。名前も知らないし家族構成も、どんな病気だったのかも全く全然何も知らない。多分、そのうちに病気が悪くなってあそこに立てなくなるだろう。(高速の改札は職場としては最悪の環境です)僕はきっと彼を見なくなってしばらくしてから、「ぁぁ・・・」と思うのだろうなぁ。
■深夜に開いているGSは数件あるが、これもできるだけおっちゃんがいるところに行くようにしている。仕事も対応も丁寧だからだ。若いのがめんどくさそうにやるのとは訳が違う。「この仕事ができるだけでもめっけもんや」と思っているおっちゃん達は、仕事に「感謝」しているので、手抜きが無いのだ。それがとても気持ちいい。僕のエロ漫画は、何とかこんなおっちゃん達にご褒美をあげようとしているのかもしれないなぁ。僕はおじさんが好きだ〜〜〜。
■阪神ボロ勝ちでも、試合面白くないぞ。…なんで?
2002.07.06(土)
■明日まで嫁さんが「山登り」で不在。で、起きてから何をしていたかと言うと、洗濯、洗い物、飯炊き、掃除です。料理と洗濯物をたたむこと以外は家事は楽しい。車の洗車をしようと思うのだが、バカみたいな青空が広がっているのでやる気をなくしてまちゅ。夏は嫌い。出来たら北欧に生まれたかったと思っているくらい苦手。この日本の夏は「諦める」事が肝心で「とろける暑さ」「汗」「食欲不振」「熱帯夜」「仕事」全部諦めて裸で過ごすしかない。原始人になれば夏また楽し。もっとも参るのがバイクで、湯たんぽ抱いて走っているよなものだし、Tシャツだけで乗るような事はしたくないので、パッド付きのメッシュのウエアはどうしても着なくてはいけない。で、信号待ちの苦痛は、自分で笑ってしまいます。わははっはは〜。
■家事をしてると火事があった。近所の企業団地の工場が燃えているらしく、モクモクと黒煙が上がっている。カメラを掴んでバイクで出動!野次馬山盛り。時折小さな爆発があるが、大事には至らずすぐに鎮火。救急車も来ていなかったので怪我人も無い模様。
■あまりにもしょうもない巨人vs阪神戦がイヤになって、TVを西武vs近鉄に変更。なっ…中村の〜奇跡の逆転2ラン!近鉄はこれがあるから面白わぁ〜!スッカーとするやんけぇ!スッカアアア!西武のカブレラも迫力あるけど、やっぱ中村やんけ〜!「やったあああ!」と、思わずBEERを開けてしまって、現在仕事に支障が出てきております…。それにしても「オーラ」が「やる気」が「気合」が、阪神とは比べモンにならん!
2002.07.05(金)
■おっしゃあああ!カラー終わったで〜っ!今回は全部デジタル〜。勢いを借りて、同人誌の作業も始める。ゲーム原画時代のTHE SEIJIの腐りかけの原稿とか、漫画の下描きなんぞをスキャンしてページを稼ぐのじゃ。週末はモノクロペン入れできるだけ進める予定。できたら終えたい。ふ〜ふ〜、んっぷ〜。
■←「俺もアーバンなカッコイイいかす漫画を描いてみたいぜ!」と都会のしゃれたコーヒーショップで物思いに沈む女を描いていたら、どうしても上から坊主が降ってこざるを得なくなってこんなんなりました。カッコワルぃぃ〜。
■ずっと絵を描いてきて、気がつくことがある。絵が上手いのにもいろいろ種類があって、まずは「形を正確に取れる」奴。車が車に見えるように描ける人で、これはまぁ結構いる。その上のクラスに「空気が描ける奴」がいる。距離や湿度によって物の見え方は違ってくるわけだから、遠くが霞んでいるとか微妙な季節感の違いとかが描き分けられる奴です。こうなるとぐっと減る。さらにその上に「感情を物に塗りこめることができる奴」がいる。同じ霧に煙った街でも「悲しい街」と「愉快な街」が描き分けられる奴だ。もちろんそれは描いている奴の気持ちが反映されているのだから、「感受性」がないとお手上げの領域だ。こうなるともうほとんどいない。ヨネケンがすごいのはここなのですよ〜。
2002.07.04(木)
■あれよあれよという間に日が立つぞ。昨日は百済猫背とアシさん、きららとで呑む。おもろいわ〜。いろいろ話しても全然話が尽きないのでした。やっぱり同業でないと分からない「共感」みたいなものがあるのでしょうかねぇ?まぁ彼女達も非常にサバサバ、アトリエサバなので、「あははは」と明るいのがいいですね。したがって話の内容は押して知るべしのアホ話ですけど、その中にちょこっと真面目な話があってこれがまたよろしいですね。また氏賀さんやなめぞうさんに無性に合いたくなった一日でしたん(お釜じゃないのよ、あははん)
■ヨネケンさんが下の絵を喜んでくれましたぁぁ。うれっぴ〜。なんか素直に喜んでいただけるので、ホントにびっくり。
■忙しいと言いつつ今日もご飯を食べに行きましたです。Eチャンの誕生日パ〜ティ〜。イタリア料理〜。牛のタンのでかいのが出てきて、でかくてやらかくて牛とディープキスしてるみたいでした。ぁぁぁだんめ〜。
■え〜ちょっと更新滞っているのはですね〜、カラーのせいです。カラーやってるとパソコン見るのも嫌になってきて(目が疲れてね)へっとへとになるがですよ。今日ももうだめみたいやけん、いんでくるけんな。いんでこじゃんと寝るがです。ぁぁ、たっすい、たっすい〜。
2002.07.01(月)
■今日事務所に来てみたら、よっ…よっ…よっ…米倉けんご様からメールの返事が…ぁぁぁぁああああっ!うれしいうれしいうれしいうれしいぃっぃぃっぃぃぃ!ああっうれしい!単行本が10万部売れたくらいうれしいぞ〜!ヨネケン様とお近づきにぃっぃぃぃぃぃ!んはぁはぁ。今日は機嫌いいですよ、はい。上機嫌です。んあはははは!ど〜んど〜ん!(花火)どど〜ん(花火)もひとつど〜ん(花火)!
■今週から桃姫『洗車いたしますぅ』のペン入れ。まずはカラーページですぅ。で、アシさんは桃姫9月掲載分の『コネ』のトーン貼りしてくれてます。(9月掲載分だぞ〜!)急にカラーになったので仕方ないですな。単行本の表紙もそろそろ考えないといけませんがぁ。
■あ、そうそう。ヨネケン様からメールの返事がぁぁぁ…あ、もうこれは書いた。

(数時間経過)
■ずっとエーちゃんを聴きながらペン入れ。70年80年90年とそれぞれのベスト。青臭い70年代もいいけどやっぱり90年代がいい!渋い!男たるものこうでなければあああ!最近なよっとるぞ男性歌手はあああ(か…歌手って…汗)!以前大阪城ホールに観に行ったことがあるが、全員エーちゃんというのはあながち間違っていない。裸に白のジャケット、リーゼントに赤いタオルがいっぱいいてワクワクしました。あと小さなホール(クラブクワトロ)でやったときも行ったことがある。間近で見れましたまた。ホースで水をかけられたけど、機会があったらまた行きたい!エーちゃんもヨネケンもサイコー。
2002.06.28(木)
■うただひかる、BOA、島谷ひとみ買う。で、矢沢大先生のベストも3枚まとめ買い。全部外れなしだが、うただはホントいいし、BOAの声もすばらしいのです。島谷も元気よくてなかなかいいぞ。まぁ矢沢先生といい、僕はミーハーです。CDと本はネット販売に限るねっ!

■多分雨が降るであろうが、『桃姫』のネームが続いている。やって帰るのぞ〜!ふんが〜!
(2時間後)
■終わりましたぁぁ…んっぷ〜。はぁ。バタッ!
2002.06.26(水)
■午前中取材撮り。桃姫は「カーピカランド」で洗車してる女の子の話にするのだ。涼しげでよい。はい。コミメガのネームと共にできるだけ早く仕上げて来月ちょっとでも楽にしないとぉぉぉ。おん?
■由瞳綺麗先生が仕事しにやってきましたぁ。ついでに『妖艶乱舞柔肌娘』(すごいタイトル!)を持って来てくれました。今2人であほな事言いつつ仕事してます〜‘‘
2002.06.24(月)
■『アラブとイスラエル』(講談社現代新書)『日本人のためのイスラム原論』(集英社)読む〜。前者は歴史的な事実の羅列で別に面白くない。後者は秀逸。なぜ日本にイスラム教が流行らないか、キリスト教徒の根本的な違いは何か。どうしてイスラムは近代化されないかなど漠然と抱いていたイスラムへの疑問が一気に氷解します。1600円十分元取れる。
■丸ペン。確かなめぞう先生がこれ使ってると言ってたな…と思いだして、次回の『体はってますぅ。』に使用している。前回のぶっとい線を細くする為だ。むむ…いいんじゃないの?Gペンに比べて圧倒的にいい点は、「減らない」ということ。Gペンは僕の場合4Pくらいでだめになるけど、丸ペンは1本1作品いけそう。カリカリした感じが全然衰えないので、へたってきて「滑ってしまう」感じがない。意外と僕に合っているのかもしれないぞ(わくわく)
■先のイスラム関係の本を読んでても思ったのだが、「情報」というのは実に偏った伝わり方しかしない。僕らは日本に住んでいるので、情報は非常に欧米寄りだ。きっと中東に住んでいたら、「反米感情」わんさか抱いていたことだろう。韓国が果たして「ズル」をしたのかしなかったのか、今の日本にいてはほとんど真相は闇の中だ。日本にいて詮索してもソースが偏っているのだから仕方ない。まぁスペイン韓国戦はつまらなかったことは事実です。その分セネガルの野性味溢れたバネのある試合が爽快でしたねぇ。(君君、きっちり観とるやないかぃな)
ようやく単行本のタイトルが決定いたしました〜。別に青空みどりが恋しかったわけではないのですが、なんかこういうシュチエーションが欲しかったので〜。来月はこいつとコミケのお陰でとんでもない日程になりそう!あ、それから、もう一誌どこに描くのかなかなか発表出来ませんでしたが…

でした〜。8月発売はカラーもらってますんで、よろしくお願いします〜。ふぅぅ…それにしてもよ〜け仕事あるなァ。描きたいことはいっぱいあるけど〜、手が追いつくのかなァ、とちょっと心配。
2002.6.21(金)
■単行本、日程未定に。いろいろと決まらないことが多いなぁ…。
2002.06.18(火)
『暗黒太陽通信』ってHPがある。イラストレーターの藤川純一って人のページなんだけど、これが無茶無茶上手い上に、フォトショップとイラストレーターの使い方を懇切丁寧に解説してくれてる。PSに関してはまぁまぁ知識あるかな?とか思っていた僕には「が〜ん」って感じの新知識が…こんなにありました。ぁぁ…まだまだです。
■『DOKIッ!』が届いてしばらく。あまりの雑っぽさにこれも「が〜ん」って感じだった。担当さんは「読みやすいですよ」とか「アンケートの返りも悪くないです」と言ってくだすったけど(ぁぁ、いい人!)、これは印刷の違いばかりではなく、描き方を勘違いしたようだ。その反動で、今描いてる奴はかなり細かくなってます。(細かけりゃいいってもんでもないけどね)
■どうやら、単行本の発売が本決まりみたい。8月10日くらい。コミケのど真ん中だぁぁぁ!
■韓国の、勝つ執念と集中力は恐ろしいほどだなぁ。以前は日本もこのエネルギーがあった様に思うけど。数年前に台湾に行ったときもこのエネルギーを感じた。なにせ、ジャンプとマガジンとサンデーを合体させた夢の週刊誌が、日本で発売された次の日にはもう翻訳されて店頭に並んでいるのですから。「そこまでしなくても…」と思う日本は闘う前から負けてるのかもしれない。
2002.06.13(木)
■AMラジオって可愛い。小さい電池で頑張って電波を届けてくれてるのがいじらしいん。いかにPCが進歩したとはいえ、速報性ではラジオにかなわないのもカッコいいん。
■なにやら身辺慌ただしい。というのも、どうやら4冊目の単行本上梓が急遽決定しそうだからだ。これが決まると危うしコミケ!まぁどの道この夏は仕事仕事また仕事になりそうです。うれしい〜!
■次回『DOKIッ!』の為に、カメラを持って近所を取材。呉服屋さんのショウウインドウが欲しかったのです。次回はマネキンネタ。思えばカメラもデジカメより普通のコンパクトカメラが重宝します。漫画の参考にするにはどちみちプリントアウトしないといけないし、時間とかインクのコストを考えたら、現像出した方がよっぽど効率いいのです。ぁぁ…
■そうだなぁ、デジカメ。そろそろセローとか机の周りとかUPしようかな。せっかく持ってるのに何にも使っていないのは勿体無いし。僕は『減価償却』という概念が好きで、何とか買ったものを償却してしまいたいといつも思ってる。だから、ほとんど使わないものがあると落ち着かないのです。特にPCのような高いものは「カラーの仕事○本やったから、元は取れてるはずだ」と確信できるまで、次のは買う気がしない。セローなんかもう48000q弱。十分元は取れてるぞ〜。あ、でも「ケチ」ではありませんよ。後輩と呑みに行っておごるとかに関しては無頓着甚だしいです。『減価償却』と同時に『自己投資』という概念もあるので、人と接するに出費は惜しみませんです、はい。


2002.06.12(水)
■いや、別に意味はないです。ちょっと大きく貼り込みたかっただけ〜。
■昨日は電車だったので、HP更新する余裕がなかった。電車は人間観察できて面白いけど、久しぶりに乗ると緊張しましたねぇ。人が自分を見てるような感覚がしました。誰も見てはいない、僕が見てるんですが。
■坂口尚『あっかんべぇ一休』全4巻、くだんさんから届く。う〜〜〜むっ!うまい!しかもまとめて読むと、読ませる話だ。彼の漫画家としての人生を想って読む。これが遺作かな?僕も死ぬる前に、『役の行者』描こう!
■人類文化社さんのアンソロ表1カラー原稿と、コミメガ24P『ビニールプール』発送〜。ふ〜。今日もペン入れ。
2002.06.10(月)
■あかん…台風来てまちゅ〜。
■昨日のウイリー一時間コースで、すっかり背中筋いためました。いいえ、大したことはないです。
■新雑誌(まだ公表できない…)のネーム通ったので、今日からペン入れ。明日は並行してコミメガのトーン処理をする予定。
■週末はあれも書こうこれも書こうと思うのだが、こうして一日を終えた頃には、脳味噌が10万q走った後のエンジンオイルに浸かっている様な状態で、全然回りませんのです。今週も月曜日から飛ばし過ぎた…。
■そそそそっそれにしても!日本サッカーはすご…と書くと思ったら大間違いじゃああ!TVもラジオもサッカーサッカーうるさいんじゃ〜!はぁはぁ。
■そそそそっそれにしても!ペン入れ面白い!(漫画家たるものこうでなければ)←こうやってイラスト描くときの線と、漫画の線はなぜか全然違うのだなァ、これが。リズム、はいリズムでございますよ〜。
2002.06.07(金)
■←只ひろさんのリクエストに答えてまた没原稿。とほほ…。ちょっとネーム苦戦してます。
CharlotteChurchのアルバムを3枚買う。とってもいい。特に←これ。只只きれいな声。ずっと聴いてたので耳が痛くなってきた。こんな感じの「只きれい」なものに素直に感動できるのは、僕が音楽に対して全く無知だからだ。例えば美術館に行ったら、僕の感性は「これはテンペラだ。ん?ここは油絵の具じゃないか。すると混合技法か!」とか、そんなことに押しつぶされてしまう。横でおばちゃんが「へぇ〜きれいやねぇ」と溜息をついているのに出くわすと、明らかにおばさんの方が心から感動しているのが分かる。一体専門知識とは何なんだろうねぇ?
■Flashの無料お試しダウンロードがあったのでちょっと試してみる。う〜む、まだよく分からないけど面白そうではあるなぁ。GIFコーナーにちょっと置いてます。
■今日もアシさん。今度は月曜日に来てもらう。
2002.06.06(木)
■ネームが行き詰まってしまい、今日はカラーの日にする。ペインターとイラストレーターをマスターしないと不便が多いなぁ。どなたか教えてくださいぃぃぃ。
■えーっと、昨日からアシさん入ってます。ドンドンできるので、指定が追いつかないくらい。助かるなァ。感謝…。
■かえろ〜
2002.06.05(水)
■うっぷ〜っ、コピック使いすぎて頭痛がしてきました。たまらずバファリン。かなりアルコール吸引してます。まさか帰りに捕まらないだろうなァ。これで罰金30万取られたら裁判してやるぞ〜。
■Charlotte ChurchのCDをHMVで3枚注文。これで今月を精神的に乗り切るぞぉ。
2002.06.04(火)
■←たまには没ネームなどをアップ。お兄ちゃんの自転車に乗って、ブレーキ壊れてああああ…って話にしようと思ったのだけど、面白くなさそうなので没。社員旅行の話に変更。ネームは順調に滑り出しております。結構こういう没多い。大抵ネームの描き込みはこのくらい。
■ペン入れは95%終わった。この5%残す癖がどうも治らんなぁ。別に勿体無いわけではないのだけど、もう気が次のに行ってしまうのですわ。
■ぁ?サッカー引き分け?へ〜。
■ウインドウズMeが頗る不調なので、困ってたら「アップデートするとよい」との情報を得る。やってみたらカイチョォォォォ!な〜んだ、リカバリ〜しなくてもいいんだなぁ。よかったよかった。心なしかフォトショップも調子いい。これで桜桃さんの表1も安心だです。
2002.06.03(月)
■昨日故あって、日舞を観に行く。あまり真剣に観たことはなかったのだが、この日は着物が美しいと思った。ただの四角い布が動く躰や重力に引っ張られていろいろな形になるのは、なかなか面白かった。踊りの中で決めのポーズの着物の形が美しい人は、「上手」く見える。よってフラフラしててはいけないのである。踊りそのものの動きもも、その着物の曲線を効果的に見せるようなリズムがなくてはならない。すっと流れてピタリと決まる、これ重要。ワンピースと比べて格段に違うところが、襟足のラインで、これがまた斜めから見ても後ろから見てもいい形をしているのです。こんなことが分かるようになってきた自分にちょっとびっくり。
■えーっと、月曜日から飛ばし過ぎてはいけません。…が、仕事はいくらでもある。ぎゃんばらにゃいとぉぉぉ。で、今日は週末サボったコミメガのペン入れ再開。明日で終わりそうだ。後はアシさんに指示出して、今週は後2本分のネームを仕上げてしまいたいけど、無理かなぁ。描く内容は決まっているのですが。
■出版社から新雑誌「コミメガH」届く。よ…米倉けんご…いいなぁぁぁ!Hも延々とあって文句なしですはい。鬼ノ仁の尖がった線とビビットな色はいつもながら完成度が高いぞ。あと新人とは思えない敦久(なんと読むのかなァ?)の線が気持ちよくて好き。特筆すべきは表紙かも。西E田のイラストもいいし、ロゴとデザインがいかにもエロいです。こんなの出されたら本誌で描いてる者としてはぁぁぁ…がんばりますぅぅふぅ。
2002.05.31(金)
■5月が終わりました。6月は3本も仕事があるぞ〜。3本で72ページとエロ以外の8ページで…80P?こりゃすごい。こんなにできるんでしょうかァ???うんできるできる(汗)。その上にコミケの個人誌とか(滝汗)依頼原稿とかあるよ〜。うん、できるできる(津波汗)。できない仕事は受けないTHESEIJIです。あ〜ははは。あ、氏賀さんから面白い企画入る。上京してみんなに逢えるの楽しみだ〜。
■体調は元に戻りました。コミメガのペン入れは順調です。なんか線がムニュンムニュン♪してきました。これが描いてて気持ちいい!。担当さん、読者さんに気に入ってもらえますように…
■阪神の試合が始まると、うちの事務所はAMラジオだの、ポータブルTVだの、パソコンだのあらゆる情報機器を駆使して応援する体制ができてます。今年こそ阪神VS近鉄の試合が見られるんじゃないかと期待大。ただ阪神が勝って大阪球場あたりで六甲おろしを唄ってたら、近鉄ファンにボコボコにされそうでちょっと怖い。阪神ファンは近鉄ファンとかぶってるとは思うけど…。
■サッカーには全く興味のない僕は、TVやラジオでWカップと叫んでいるのを聴くとげっそりする。確かに韓国では盛り上がってるけど、日本で騒いでるのはマスコミとか関係者だけではないの?とまた憎まれ口を叩きたくなる。
■きららが帰って独りになると僕のBGMはNHKラジオ深夜便。まるでタクシーの運ちゃんだが、これがなかなかいい。今日は淡谷のり子特集。実に沁みますなぁ。全国の独居老人とかの心の友になっているのがよく分かる。
2002.05.27(月)
■『唯脳論』養老猛司。「要はすべての学問は、脳の働きによるのだから唯脳論の一部なのである」としか読めない傲慢な本でした。全く面白くなかった。ただこの続編の『カミとヒトとの解剖学』は読んでみたい。(この辺が売れる人の上手いところかなぁ)
『ホームページにオフィスを作る』野口悠紀雄。これは実用的なアイデアに富む本でした。彼のHPはとっても面白い。「自分が使いたいHPは人も使いたい」というのはいい考え方だ。
■週末は車を洗ったり、自転車を修理したりして過ごす。で、今日から鬼のようにコミメガのペン入れをしています。これがやめられなくなって、人類文化社の仕事ができなかった。(あしたやりあす!)
■先週は月曜に気張りすぎて週末へこたれたので、今日は疲れないうちに…ってもう遅いです。すでにクタクタ…
■夏コミの通知。東地区”ニ”51b夏は初めてなのでちょっと怖い…。それより怖いのは本を一冊作らんといかんという事だ。なんかできるわけがないような気がしていますが…。とにかく優先すべきは当然商業誌なので、合間を見つけてやるしかないなぁ。
2002.05.24(金)
■昨日はすごく疲れてて、事務所で2回寝た。今日はそのあおりでどうやら風邪。う〜む。
■ここんとことどいた漫画本
『イハーブの生活』3小路啓之
『IMMATURE』あざみ野圭二
『蔵の中のアリス』八的暁
下の2冊は兄妹モノで、どちらもかなり徹底してます。あざみ野さんの女の子キャラは何となくTHESEIJI的(僕があざみ野さん的なのかも)ですごく共感できました。特に表題作IMMATUREあゆちゃんが真剣に悩んでいる様子はとてもいじらしい。結構きついことしながら、読後感は恋愛物を読んだ感じで結構さわやかなのです。やっぱり漫画ってじっくり1冊読んでからでないと分からないなぁ。ぱっと見はこれほど人間が描けてるとは思えないくらい可愛い絵なので。八的さんの作品はカラーが秀逸。それに独特の主線と陰影がいい感じ。話はどれも結ばれた後の余韻の描き方がこれまた独特で、八的さん的世界に静かに浸れます。AMIの活動を頑張っているお2人ですが、永山薫という人の後書きがちょっと蛇足です。『イハーブの生活』完結編。やっと読めた。でも3巻目を読むためにまた1、2巻を読み返す羽目に。これが良くも悪くも小路さんの特徴です(笑)。いやぁ、こう終わるのですか!なるほど。思いもしなかった。値段のわりに楽しめるところが満載の大変お得な一冊になっております。何も問題ない、問題があるとしたら、それは表紙です。本編の寄木細工のような世界観が、表紙からは感じられないのです。彼の世界を好きな人はもっともっといるはずなのに、そんな人に対してジャケ買いが期待できない表紙になってます。モノクロでもよかったのに…と思いました。(ここだけくやしい!)
■Klezとかいうウイルスに一時的に感染してたかもしれない〜っ。なんやかんやで、PCというのを信用しないことに決めた。『ホームページにオフィスを作る』(光文社新書)という示唆に富む本を読んでてそう思った。HDDの中に何もかも入れておくのは”愚”であって、よくプログラマーがやっているように「PCとは定期的にリカバリーするしかない」モノなのでしょうなぁ。そうと決めたら空っぽにしてやるぞ。
■人類文化社さんからアンソロの表1の仕事入る。表1は初めてなのでちょっと緊張。
2002.05.22(水)
■こないだ届いた漫画、まず『匂い狂い』。噂は聞いてましたけど、はじめて読む作家さんで最高エロいでした。初めはちょっと昔の少女漫画っぽいかなぁと思ってたけど、いやはや3P読んだらぐぃぃぃぃ引き込まれてしまいました。この人は女の体を実に実によく理解してます!脱帽!途中から客観的に評価できなくなって、ただただ興奮してました。今後も注目だぁ。
『おつきさまのかえりみち』独自の美学を持った作家さん。多分宮崎さん好きなんだろうなぁ。印象としては高畑さんの方が近いかな?でもちょっと僕には合わなかったかなぁ。いや大変上手いんですけどね。『恋愛とHと』片瀬さんの初単行本。すごく描いてますねぇ。トーンも充実で好感が持てます。おめ毛の描き方がいやらしいのでロリ顔とギャップがあってとってもスケベです。全部読んでから、百済さんのゲスト原稿が出てきて「おお!そうなのか!」とまた全編を見返すことになりますよ。『泥濘の中』ものすごいスピードで読んでしまいました。すごく面白い。これぞ漫画。彼は漫画のツボを知ってます。う〜む、この迫力。あ、カバー下笑えます。(これが早く見たくて買ったようなものです)
■『体はってます。』漫画原稿あがりました〜!えーっと、土日やらなかったので、まぁまぁのペース。でも全然疲れなかった。こんなに楽しいなら続けられそうだなぁ。おまけにコミメガのネームが通りました。(まだ締め切りまで1ヶ月あるぞ〜)これも早く描き出したい。きっと面白い作業になるに違いない!
■ここんとこ仕事は問題なく進むんだけど、な〜んか話をするのが面倒だったりするぞ。「漠然とした不安とイライラ」がある。ま、これは人間として生まれたからには死ぬまでついてまわるんだろうなぁ。ほにゃぁ。などと思ってたら、百済さんの日記に同じような悩みが。みんな人間ですからねぇ。でもちょっと安心しました。
2002.05.20(月)
■明日でペン入れ終わりそう。今月中にコミメガ着手、十分できそうだぁ。えーっと、「DOKIッ!」は活版印刷の由。さほど印刷が汚いとか、トーンが潰れているとは思えないのだけど、今までの調子ではってると「あ!」ってなるかもしれない。要注意。
■TOMOKOさんのBBSのカキコ。PSの使い方にひらめくものがあったが、もはや今日は力が残っていませんでした。また試してみましょう。(TOMOKOさんありがとう)
■本日届いた本
『おつきさまのかえりみち』三浦靖冬
『恋愛とHと』片瀬ゆう
『匂い狂い』八月薫
『泥濘の中』氏賀涌太
感想はまた後日。
今日はドド疲れた。月曜日はいつも頑張りすぎてしまう。朝は「私の青空」を実に帰るつもりで出るのだが。(朝じゃない昼だからだな)
■しょれでわきゃえりましゅ〜
2002.05.17(金)
■昨日、es-booksでいっぱい本を注文する。一回で6冊しか頼めない上に合計が5000円以上にならないと送料がかかる。断然アマゾンの方がいいのだけど、本の表紙を見て買えるのは得がたい楽しみなのでいつもこっちで買うようにしてます。
■手塚治虫のTVをNHKでやってて、大いに驚いた。週間12本?「は?」
■猛烈な勢いでペン入れ。何も描いてないコマはすでに10コマもない。にょんにょん描いてます。今月中にコミメガもメド付けておきたいなぁ。
本日「DOKIッ!」カラー原稿発送。
■今週は何やかやとよく働いた。
2002.05.16(木)
■カラー完成ぃぃぃっ。
やっぱり早いでした。明日からまたモノクロ
■え〜と、日本が中国とややこしいことになっているようだ。うちは新聞をとっていないので、詳しいことは分からないけど、何となく世界中がハリネズミ症候群になっているような気がする。で、国というものはいつもその中に左と右を抱えているわけですが、ここんとこ全然左に説得力がない。左の理想とする社会が本の中でしか存在しないことがわかってしまったからだ。だから左は朝日新聞の様に何でもかんでも国のやることにけちをつけるしかすることがなくなった。(僕は新聞をとっていませんのですが)。で、世界情勢不安定の中、国粋主義ぃぃぃ!が俄然勢いを増す。と同時に資本主義万歳であるからして、「弱き者は去れ!」です。「弱き者は去れ」は「俺は生き残るのじゃああ」であるが故に、現在みんなハリネズミになっているようです。
しかしながらっ!この短絡的な図式の中、世界を変革し、その指導者となるのは、アメリカでも中国でもないのです。それはずばり「死」を直視している民族です。例えばイスラム教徒。彼らは死を恐れていない。なぜなら死んでどうなるか分かっているからです。知ってる事は全然怖くない。自爆であろうがなんであろうがお茶の子さいさいです。チベットもそうです。ダライラマさんなどは、ずーっと死んでからどうしたらいいかの訓練をしてます。その練習通りにすることができたら極楽へいけるようです。そんな人の前で、1億積もうが2億積もうが全く無意味です。カウンセラーがいないと生きていけないアメリカ人や、売上前年比ばかり気にしてどこに進んだらいいかわからない日本人に比べたら、彼らはまぁ完全生物と言っていいでしょう。「死」を直視している民族は他に、インド、タイ、カンボジアなどがあります。これらの国が世界を支配するでしょう。資本主義が勝ったのではなくて、崩壊の時期がずれただけで、これもすぐにおわるような気がします。左右の文脈ではなくて、国をあげて死後の研究をしましょう。(あ、僕はその時、極楽お浄土最高エクスタシーエロ漫画描きますの)
2002.05.15(水)
■モノクロペン入れを中断して、昨日からカラー原稿にかかっている。コピックであらかた描いてから、スキャンして調子を整えたりしていく方法で、この方法は僕にぴったりだぁ。どっちの画材も完璧にフィニッシュまで描き込むとうまくいかないので、「手描きでもCGでもない」様に描く、名付けて『カラー補完計画』。あんまりみんなやってないし、しかもものすごく作業が早いのだぁぁぁぁっ。
■天気予報が前倒しになって、朝から雨。なめててブーツカバーをしていなかったので現在靴がずぶずぶの状態。これを履いて帰るのです。とほほほ…。
2002.05.13(月)
■S2000とS800
日曜日、バイクの練習をしていると、ホンダS2000に乗る友達が遊びに来て、ちょっと近くの峠を走ることに。すると目の前に2台のS800。S2000の親父くらいの名車らしい。いい音してました。ただこいつの運転だけは…勘弁して欲しい。車も僕もギャアギャア言うてました。まぁ楽しかったけどぉ。
■今日の午前中の仕事。由瞳綺麗先生の単行本のゲスト原稿。午後は『体はってますぅ』のペン入れ開始ぃぃ。
2002.05.10(金)
■←実際は家でウイスキーをちびちびやりながら描いた絵。
『体はってますぅ。』のネーム一発オ〜ケ〜ェェェ!よかったよかった。最近ネーム打率すごくいいぞぉ、あははは。タイトルに「すぅ」と付けられたのがとてもうれしいですぅ。僕が考える最高のタイトルは小本田絵舞さんの『秘書でございます』なので、ちょっと韻だけまねしてみましたぁ。『体はってますぅ。』は、たぶん全然抜けないと思いますけど、きっととても面白いですぅ。ハードHなTHESEIJIはコアさんで読んでね〜。
■梅雨でもないのによく降るなぁ。僕は雨が全然嫌いじゃないのでいいのですけど。新たに買った南海部品のカッパのお陰でジェンジェン濡れませんし。雨が降ってると絶対どこかで野外露出してる女の子がいるはずだと思ってきょろきょろしてしまうのは?……はっ!僕だけ!?
■こないだ行ったアメリカ旅行の話の続き。例のツインビル見に行ってきましたけど、見事になくなってましたですねぇ。いかに巨大なビルだったか、なくなってるの見たら強烈に実感できました。いっぱい花とか写真とか飾ってあって、あそこだけ妙に神妙な空気が流れておりましたし、さすがにアラブ系の人は一人もいなかったです。日本人は記念写真とったり瓦礫を持ち帰ったりしてマナーが悪いとか聞いてたけど、実際はアメリカ人もバシャバシャ撮ってたし、現場の中には入れないので石ころもって帰ることもできません(いらないし)。それより地元の土産物売りの方がえげつなかったなぁ。
こういうことが起こると、ハリウッド映画でよくお見かけする「アメリカンヒューマニズム」が満開になって、多分事故当時の数ヶ月はこの街、大変なことになってたんだろうなと容易に推測できました。僕個人的にはこの「アメリカンヒューマニズム」が大嫌いなので、そういう愁嘆場をしてる人達の方はできるだけ見ないようにして、ひたすらジャンボが突っ込んだ様子を頭の中で再現しておりました。この件に関する個人的な意見は書いても意味がないので止めにして、今回の旅行で僕が得たアメリカに対する印象を書くに留めましょう。
「この国嫌いぃぃぃぃ」
2002.05.09(木)
■日記を新しいページにしたとたんにこんな絵で申し訳ない…。新しくする意味はただただ「気分」です。
■今日はDOKIッ!のネームをとりあえずあげて送りました〜。3日かかったぁ。新しいところなのでまだよくツボがわかりませんので、直しくらってもめげないようにしよう!
■一頃あれほど悩んでいた(ってほどでもない)劇画にするか否かという問題は、今ではすっかり霧散してしまいました。あははは〜!