THE SEIJI とは何者か?
■いや別に大したコーナーではないです。
■生年月日 昭和36年2月19日 (46歳やんけぇぇ)
*デブリンさんご指摘感謝*
■住まい 大阪(でもすぐそこ奈良)
■血液型 B
■趣味 バイク(ウイリーに凝ってる)
■音楽 石嶺聡子・沢田知可子・エンヤ・Charlotte Church
矢沢永吉・BOA・たむらぱん・アンジェラアキ
■信条 最新作が最高傑作
■学校 京都でゲージュツしてました。
■でびゅー 大学出て会社入るもすぐ辞めてぶらぶら。26歳で美術の先生なんぞをしつつ、松文館にロリ漫画を投稿。8P。これを2回やったら、当時のハーフリータの編集長ができた人で、連載決まってしまいました。
その時の名を
青空みどりという。知ってる?…当時のハーフリータ、うーんと、蘭宮涼さんとかいたなぁ…今思えばなかなかのメンツが揃ってたような…(記憶あいまい)。青空みどりは今のTHE SEIJIとは全然違うのだけど、よくよく見ればやはりその精神は似ているかな??どうもロリ漫画というのが性に合わず、変なのばっかり描いてました。この後2冊単行本を出すも、松文館の経営のいざこざに巻き込まれ1冊分印税もらえず。ぅぅ…。ほとんど書き下ろしだったのにぃぃ…。それにしてもハーフリータの編集長…今どうしておられるでしょうか。
注)現在の松文館は当時と経営が変わって健全な会社だと思います。
注)「青空みどり」に関しては、上のロゴからリンクしてますよ。
■それから 教師をしつつ、とある漫画書店の漫画教室の先生となる。この時、大学同期のきらら萌氏を誘った。(以来腐れ縁)。で、大阪の青心社から声をかけてもらったりする。コミックガイアにちょこっと載ったり…。例の士郎正宗さんのとこです。ま、SFちっくなものが描けなかったので全然鳴かず飛ばずでした、はい。なんとこの時に由瞳綺麗先生とも知り合いに。
その後きらら氏と2人で独立。スタジオピッグを作る。30過ぎくらいか?
■その後 商業誌はやめて主に企業漫画専門に仕事をしました。当時は島こーさくが全盛で景気もまだ今ほど悪くなかったので、企業さんがこぞって漫画でマニュアルとかを作りたがったのです。この頃知り合った百済さんとかも、別の会社で同じような事してはりました。(ああ、なつかしい)
で、結構これで生活できました。基本的に買取なので原稿料が商業誌とは全然違ったのです。最大5倍くらい違ったかなぁ?
■ゲーム そーこーしてるうちに、ゲームの仕事が入るようになってきました。原画、シナリオから絵コンテまでいちおうできたので重宝されました。D'Zさんの仕事は結構じっくり作れて、下手なりに満足できてよかったのですが…。(「」はヒットしたし…)しかしその後がいけませんでした。
業界に新参メーカーがどっと押し寄せ、いわゆる粗製濫造時代に入ったのです。予算なし、納期なしという中での制作です。THE SEIJIは、ゲームを「単なる仕事」と考えていたので、できる範囲内で仕事をバンバンこなしてました。「え?また鬼畜?予算は?…え?それだけ?…納期は?…ええっ!うそでしょぉぉぉ」ってな感じです。ほとんどゲームの事を知らなかったので、ゲームとはこんなものなのだろうくらいの認識しかありませんでした。で、納得いかない作品がいっぱいできました。このことは製作者として、真摯に反省してます。(もちろんほとんどのスタッフは真剣に作ってました。しかしいかんせん、時間がなさすぎるのです。あと1ヶ月どころか明らかに3ヶ月必要なのに…)ゲームもひとつの芸術作品であって、いいかげんに関与すべきでないし、初めからいいものができないのが分かっている場合はやってはいけないのです。…それにしても忙しかったなぁ…お金もらってないのもあるし…まぁこの先はD'Zさん以外とやることはないでしょう。
■漫画家 茜新社天魔にひろわれて本格的に漫画家に転身。漫画以外の仕事は極力しないことに決める。でも、天魔はちょっとかわいらしすぎて合わない様な気がしてご辞退申し上げ…
■現在 現在は桜桃書房『夢雅』で執筆中というわけです。
はっきり言って、おもしろいっ!エロ漫画家は天職ではないかしらん??と思ってます。すばらしく自由なのです。全部自分の好きなようにできるし、守るべきは締め切りだけ。しかも責任は全部自分にあるので、いいもの作ろうと自分なりにいろいろ頑張るのですが…これが全然苦痛じゃない。…まぁ、もちろんまだまだ下手ですが、仕事が楽しいというのはいいことだと思ってます。担当のK氏もいい物を作るに情熱的で、今のTHE SEIJIはかなりいい環境におります。感謝感謝です。
■なお現在 その後、桜桃書房『大我』に執筆してましたけど、休刊になってしまって、現在(2000年6月から)では
コアマガジン『コミックメガストア』
竹書房『DOKI!』
と、まだ公表できないもう一誌に月刊で描くに至ってますぅ。いやあお仕事たくさんでうれしいです〜。
■そのまた現在 それは富士美出版『桃姫』でした〜〜〜。
2002年9月からは完全3誌体制です〜。


れか ら


・ 
コアマガジン『コミックメガストア』
富士美出版『桃姫』
少年画報社『ヤングコミック』
オークラ出版『コミック夢雅』
茜新社『コミック天魔』
などなどにエロ作品を嬉々として発表してると
秋田書店『週刊少年チャンピオン』
からオファ〜をもらう。年齢的にも週刊は、ラストチャンスと受ける事に。なんでもやったるで〜。

現在
そんなわけで、現在は
秋田書店『週刊少年チャンピオン』かりんと

少年画報社『ヤングコミック』
の2誌で連載中です。
エロの方も止めたつもりは全然なくて、できたら来年あたり2冊ほど新刊出したく考えてます。
週刊連載がまた新たなエロ表現を学ばせてくれると思うし、それとはまったく違う劇画ジャンルとかもやってみたいです。老いてますます盛んなTHESEIJIでありたく〜。
■そのまた現在

というわけで、いろいろありまして、少年誌からエロ漫画に戻りまして1年。また一般に復帰いたしてます。
秋田書店『ヤングチャンピオン』WAVE
秋田書店『ヤングチャンピオン烈』短編連載
少年画報社『キャラフル』短編連載
とかに描いてます〜。けどまだエロもやってますが〜オウイエ!