■桜桃書房「大我」3月号『最高の担任』
ちょっと劇画調。落第寸前のゆたかくんの担任、木村先生キムタン。彼女は一見冷たそうだけど、ちゃんとゆたか君が卒業できるように考えてました。もちろん自分も気持ちよくなりつつね〜。