『大学ノート日記平成29年3月22日。』

休憩時間にネット観るのはあんまりよくないのだが、最近「自分大好きな痛い奴のSNS」覗くのが面白くなってきた。寒イボ立てながら「どんどん痛いのUPしてくれ、ひょ~」ってめっちゃ癖になる。

しかし振り返れば、絵を晒すって行為も相当痛いに違いない。56歳のおっさんが何描いてんねんって言われたらめっさ恥ずかしい。まぁ何にせよ表現するというのはそういう事ですね。

 

『10歳かあさん 小路啓之 上梓されました。』

『10歳かあさん』

お待たせいたしました。小路君の新刊です。
THESEIJI も1Pもらって寄稿いたしました(↑ちらっと)
他多数の漫画家さんが小路君を偲んで原稿を寄せてます。
人気者だったからな。

是非お求めくださいませ。

 

『大学ノート日記平成29年3月21日 春。』

厳密に仔細に調べ上げたら人間なんかばい菌と寄生虫の固まりで、どんなにきれいにしてたって糞歯糞鼻糞目糞ちん滓まん滓こびりついてるし、汚い糞とかゲロとか全部お腹に抱えたまま生活してるわけなんだから、もうこれは仏画の「九相図」見るまでもなく汚いゲロゲロの存在なのだ。しかしみんな何となくそこに気付いてながら「綺麗」「可愛い」「美しい」と必死の脳内補正で虚像の上の色眼鏡で己のイメージべったり貼り付け「臭いものには蓋をしろ」とばかりに虚構の世界に生きてる。「アホかお前ら、よ~見ろ現実を、この汚濁まみれの汚い世界を。」という意見もありますが・・・

でもそれでいいと思うわけです。誤解だろうが虚像だろうが幻想だろうが、己の認識が全てだから。春の桜の全体見てたらきれいだけど、よく見たらそれは毛虫もいるわいな。しかしわざわざ毛虫ばかり見ててもしょうがないわけで。

「全体をボーっと見て走ってます」って誰かライダーが言ってたけど、それこそが真の人生のライディング法だと思う今日この頃です。

 

『粉末染毛剤 パオン。』

値段とパッケージの可愛さと物珍しさに買ってみた。

中の瓶がもっと可愛い。どうやら粉末を水に溶かして髪に塗って染める物の様だ。

やたらとパッチテストをしろと書いてあるのは『硫酸パラアミノフェノール』が皮膚にあまりよろしくない成分の為だろう。ググると多かれ少なかれどの毛染め剤にもこの手のは入ってるようだが一応テストはしてみるのだ。どないもなかったらチャレンジしてみよう。

 

『大学ノート日記平成29年3月18日(NEW NOTE)。』

結局またイオンで買った安物ノートを使い始める。まだ5冊くらいあるから。
昨日のプールと今日の草刈りでガタガタだが体動かすといい気持ちだし飯が旨い。

このところ呑みどころか外食もせずただ淡々と仕事したり絵描いたり自炊したりしてる生活なのだが、派手に呑んでた頃よりはるかに気分いいしめっちゃ健康。

 

『ツーリングセロー 鳥居のエンドキャップ代用品。』

ツーリングセローのアドベンチャースクリーン支えてる奴通称「鳥居」のバーエンドキャップがすぐに外れるのでコルクを刺しておいたのだが、いかんせんカッコ悪い。
ふと閃いて百均でうってるゴム買って来て丸めてみる。
あこれバッチリ。中央にネジかなんかを締め込んでやればより強固になりそう。
とりあえずこれでカッコ悪さはなくなった。クルクルしてかわいい。