theseiji のすべての投稿

『禁煙 3周年。』

3年前の10月末から。書くの忘れるくらい生活の中から消えてる。
最近の変化といえばニオイがちょっと苦手になってきた事。前は気にならなかったのだが今は出来れば嗅ぎたくない。酒の席とかではいいんだけど、ディーラーの営業マンとかが臭いと何か気分が萎えてくる。俺もヘビースモーカーだったから随分臭かったんだろうな。人間とはかくも勝手なもの哉。

 

『絵日記 平成29年11月14日 今更のピカソとゴッホ。』

ピカソが天才なのは知ってたはずなのだが、久々に本物に触れたらものげっつい天才である事を再認識した。天才の線は一部の隙もないもので、もちろんどうしようもない失敗作も数限りなくあるのだが天才の失敗は失敗すらも才気が溢れてて、いじいじした卑屈さが無い。なんだろう、この人は動いてる間中ずっと天才なのだろうと思う。生きてる事そのものが天才なので本当は絵など描かなくても天才なのだがそれでは天才かどうかわからないので彼が絵が好きで本当によかったと思う。

逆にゴッホという人は頭おかしい人で、ある種の偏執狂的画狂人である。が、驚きの早さで大量に描きまくってたせいかベースの技術が素晴らしい。代表作は言わずもがな最近 Pinterest で色んなゴッホ観てるうちに今更ながらだがこの人もめっちゃ天才である事が分かってきた。

まったくこの2人には嫉妬する気さえ起らない。ただただ彼らの筆使い息遣いを感じられる作品がこの世に大量に現存してる事に感謝で御座います。

 

『絵日記 平成29年11月07日 おっさんはおばさんになる方がいい。』

おばはんが段々おっさんになっていくのは仕方ないとしても、おっさんは益々おっさんになるのをやめて、おばはんになった方が世界は平和になると思う。

おっさんは細かな日常の些事に関心を払う様に意識を変えて、スーパーの安売りに目を配り、卵やニンジンの値段を覚え、カキやミカンが出回ることに季節を感じ、たまには包丁を握り、洗い物がはかどるスポンジを選び、10分かけてフライパンをピカピカにして、柔軟剤の匂いをかぎ分けるべし。

こんな事に意識が向けば、怒りの沸点も下がり、運転も丁寧に、言葉も柔らかく、物腰もおっとりして、握力も下がるはず。そして何より、世の中は微妙なバランスで成り立ってる事に気が付いて、様々なものが発信している信号をキャッチできるようになる。そうしたら多分生きてる事が楽しくなって世界はもっと平和になると思うのですが。

おっさんが鈍感すぎる事が諸悪の根源の様な気がするなぁ。

 

『晩秋の通勤ツーリングセロー。』

誰かが「通勤グセロー」って言ってたけど俺もそうなってるツーリングセロー。
でも快適なので気にしない。秋は日差しが気持ち良いわ。
下道片道50キロ1時間コース。すぐに着くのがもったいなくてゆっくり走る。
この歳になると「軽い」事が最重要で次に「タンク容量」「足つき性」って感じになる。
なんかセローが生産中止になるような噂があるけど、まぁYAMAHAさんの事だからもっといいの出すんだろうな。

「積載量」に大きく貢献してるY’s Gear のトップケース。もう何年使ってるのか分からんけど、
ヘルメットも余裕で入ってめっちゃ重宝してるので、気にしない。
この時期は南海の革パンツ、これも年代ものだがまだウェスト入るし。ウェアと手袋はHYOD、使う程に馴染む。オフロードバイクに完全ロード仕様の格好だけど、気にしない。
月が笑う。最近井上陽水マイブーム♪ セローはいいバイクだってのは聞き飽きたので、悪い点を一つ。
「尻が痛いんや~!」

 

『大学ノート日記平成29年11月04日 脚も太い方がいい。』

女優とかモデルとかめっちゃ細い脚を見ると気持ち悪くてゾワゾワする。二の腕もそうだが太い方が断然いい。銭湯でもガリガリの爺さんは出来るだけ見ないようにしている。ようするにアウシュビッツとかを連想してしまうのだろう。外人は太ってもしわしわになるが日本人はなぜか肌が張ってきれいになる。だからドンドン太った方がいいぜ。

 

『大学ノート日記平成29年11月01日 あ~もう命の大切さ。』

「命の大切さ」

この言葉、言いたいことは分かるのだが偽善臭がプンプンするし、これを言ったとて「ああ命を粗末にしてはいけないんだな」とか絶対思わない(つまり効果がない)ので全然好きになれない。

「正しい事を言ってれば、つまりそれは正しい行為。」というのは自己満足であって、「正しい事が正しく伝わらなけば、それは間違った行為。」だと思う。

日本共産党とかも言ってる事は間違ってないような気がするのだが、もう何十年も全く効果のない同じ方法で同じ事を言い続けてるのは、もう意地でも政権取りたくないと決めてるとしか思えない。時代に合わせて訴求方法を工夫するとか、たまには青旗新聞にしてみるとか、何かないのか。

先日の9人殺し(詳細は知らないが)もう人間のする事とは思えない。こいつに「命の大切さ」を説いていたらこの惨事は起こらなかったのかはなはだ疑問だ。

そんな事よりガキの頃にカエルの解剖したり、口の中に爆竹入れて火つけたり、トンボの羽むしったりして「あ・・なんか悪い事したっぽい。」って思うことの方がはるかに効果的ではないかな。残酷な実体験なくしてビジュアルだけでバンバン殺す場面ばっかり見てるから実感がわかないんだと思う。生き物を燃やした時の臭いや、ちぎった時の体液が顔にかかる不快さを知ってたらなかなか生き物など殺せるものではないと思うのだが、これも爺の「昔はよかった」的発想なのかな。

講堂で「命を大切にしましょう」って言って満足してるのは校長先生だけな気がするけどなぁ。