「漫画」カテゴリーアーカイブ

『2018.12.23 作画用傾斜台 百均で自作。』

今回の仕入れ。このB4サイズのクリップボード(画板)を使って傾斜板を作る。何度も自分に最適な角度確かめて傾斜板切り出し、手首痛めないようにゆっくり。傾斜板貼り付け。ボードの素材はMDF(中密度繊維板)なので木工用ボンドでしっかりくっつく。 でもガタってなったら怖いので補強する。途中夕ご飯。サツマイモ、じゃがいも、菊芋蒸して食う。 底に百均の滑り止め貼る、これも木工用でくっつく。 完成。 軽いけどグラつきも反りもなくしっかりしてる。漫画原稿用紙がクリップでしっかり留まるし定規使用も思ったより支障なく、そしてこの傾斜めっちゃ描きやすい。この台の正式名称がわからない。「カリグラフィー傾斜台」とかが近いかも。角度調節付きで結構なお値段する。これ多分世界で一番安い傾斜台。

 

『2018.11.12 ホワイトいいのがないので自作。』

水彩絵の具は白の粉とアラビアゴムを混ぜてるだけで、白の粉が少ないと透明水彩、多いと不透明水彩ガッシュになる。

漫画に使うホワイトは白い粉分が多い不透明水彩系なのだが、ポスカラやドクターマーチンとか色々試したけどいまだにこれだというのがない。

で、混ぜるだけなので自作してみた。
おっ!なかなかいいね。
よく混ぜること。はじく場合はアルコール混ぜたりしましょう。

 

『10歳かあさん 小路啓之 上梓されました。』

『10歳かあさん』

お待たせいたしました。小路君の新刊です。
THESEIJI も1Pもらって寄稿いたしました(↑ちらっと)
他多数の漫画家さんが小路君を偲んで原稿を寄せてます。
人気者だったからな。

是非お求めくださいませ。

 

『漫画家の椅子とは。』

世の中にはいい椅子がいっぱいあるが、漫画を描くに適した椅子が今に至るまで見つからない。例えば高級事務椅子の定番アーロンチェア(ハーマンミラー)とか、試してみたけど全然合わない。なぜなんだとつらつら考えるに、これらの椅子は皆「ふんぞり返り型」で、偉いさんか、もしくはPC操作する人向けなのである。

我々は猫背でうずくまりながら仕事をするので「ふんぞり返り型」は方向性が違う。この「うずくまり型」に適した椅子、どなたか知りませんか。漫画家さんってみんなどんなのに座っておるのやら、こないだ聞けばよかった。

the-seiji-pen-and-ink-drawing-chair

 

blogmura

『小路啓之君亡くなる。』

漫画家仲間の小路啓之君が自転車事故で亡くなった。
年に1、2回会うくらいだったけど付き合い長かったからショックだ。ここの事務所にもあの自転車で来たことがある。俺は不在で、ポストに『ポポネポ』の1巻放り込んであった。後で「電話くらいしてから来いよ」って言った覚えがある。
明るくていい奴だったから死とか全然結びつかない。俺がふざけてると「おっさん、ホンマええ加減にせえよ~WW」「ホンマこのおっさんだけはWW」って人の事を「おっさん」呼ばわりで笑ってた。今はまだ全然信じられない。まだ安らかにとか言いたくないし信じたくない。46歳って全然これからではないか。

sew394 sew395

 

 

blogmura