カテゴリー別アーカイブ: 百均

『2018.06.05 絵日記 画材は浮気しよう。』

いろんな画材を浮気するのは大事なことで百均ノートも侮れない。
消して描いて消して描いて線を探っていくには、消しゴムがよく効くほうがいいのでちょっと粗目のこのノート。ツルツルのんはうまく消えてくれない。
もっといいのがあるかもしれないので色々試す浮気推奨。

自分にピッタリの画材が決まると作業効率と創作効率が格段に上がる。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く 「リキュール」完成。』

百均でゴシックっぽい額売ってたので、サイズに合わせて板切って描いてみた。

完成したからはめてみると、額で切り取られる部分が多すぎてバランス悪くなってしまった。
枠を幅を考慮してまた別の描くとするか。最近下地をツルツルにしてるから描きやすい。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く 「小さい家」完成。』

完成『小さい家』

フォルモ(上等な紙粘土)で家を作る。
立体下手くそ。
乾燥したら削って形を整えて、針金通して額に固定。
何となくフォルモの色が額にマッチしてたので彩色はしなかった。
あ、年金定期便。
百均の額とはいえ、奥行きがあるので影ができてちょっと面白い。

暗いとこでも雰囲気ある。
ところでこの白い下地何なのかな?油絵の具の下地としてとっても良かったぞ。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く2日目。』

昨日の続き。
パレット掃除が面倒で嫌いなので、サランラップ敷くことにした。
意外といいです。
名刺入れくらいのサイズで軽いしちょっと描きにくいけど2時間位描く。
しっかり糊成分(ベネチアテレピン)混ぜて描いてます。これ混ぜないと細部が全然描けない。あと一回描いたら完成しそう。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く。』

また百均でいい額が出ててたので買う。
今回はこの白いやつ。額の底の部分の板にそのまま絵を描く。
鉛筆で下書き。
そのままだと油絵の具で鉛筆が溶けてしまうので、アクリル絵の具(青)を薄く2回ほどかけておく。
ゴンゴン描いて一層目おしまい。乾燥~。
続きはまた。

 

『趣味の油絵 F4号2日目。』

ちょっとだけシャツに黒とか入れながら、細かい調子をつけていく。パレットを百均の皿に変える。

この段階の溶き油はまだほぼ普通のテレピンでかなりの薄塗り。この先ベネティアテレピンというネバネバの糊成分を徐々に増やして行く。これを混ぜると油絵独特の艶とか堅牢さとかが出てくるのだ。混ぜすぎると炎天下に溶けたアスファルトみたいになって描きにくくなるのでほんとに少量づつ混ぜていく、割合は勘。ちょっと表情が柔らかくなった。

 

『趣味の油絵 F0号。』

昨日から久々に油絵。ほうれん草とかプラムとか蜜柑とか着せた子。

この程度までアクリルで描いてから油絵の具に移行。ドンドン顔変わる。

下地はアクリルホワイトとジェルメディウム混ぜた奴塗って百均の茶こしで叩いて網目状にしてます。この方法が一番速く描けるけど、まだちょっとかかるな。

仕事ほったらかし、楽しくて時間忘れる。

 

『百均リメイク その7 手提げ袋。』

百均で買った保温袋のチャックが壊れて捨てようかと思ったんだけど、なんか勿体なくてとりあえず分解。
壊れたチャックは捨てて、横の部分の布をポケットにすることにしよう。 取っ手はそのまま縫い付ければ使える。これも百均で買った「糸通し」めっちゃ重宝した。
完成しました手提げ袋。夏服はポケットが少ないので財布とか携帯とかちょっとしたものを入れとける大袈裟でない袋が欲しかったのだ。
ポケットは携帯とか薄い物入る。
手縫いのステッチが味というより貧乏くささ全開だが、完成してうれしい。