カテゴリー別アーカイブ: 女

『2018.11.23 絵日記 女の人はハッキリ見えないほうがいい。』

我々は雑誌のグラビアやハイビジョンなんかで順光のピンバチで女性を見てるので日常的にそうだと思いがちだが、実はかなりいい加減にボーッと見てる場合が多い。薄暗かったりスモークガラス越しだったりの夜目遠目傘の内の場面がほとんどで、雑誌のように毛穴までくっきりはっきり見えることはごく稀だ。

その上近眼老眼乱視と目はどんどん悪くなってはっきり見ようにも目が言うことを聞かない。老人になると白内障とかでもっともっと見えにくくなって、ついには手術して視力を取り戻すに至る。

しかし術後はあまりにも急にクッキリハッキリ見えてしまうことに戸惑ってしまうようだ。よく見えない時は脳内で美人補正して結構いい感じで生きてたのに、急に眼の前にピンバチのシワ・シミ・毛穴が大挙して迫ってきてゲッソリしてしまうらしい。まさに「目の手術 しなきゃよかった 妻の顔」である。

『陰翳礼讃』ではないが、見えすぎると顔貌(かおかたち)よりファンデーションの粉の粒子に目が行ったりして、夢の世界から浮かび上がるような美女とは程遠い解剖学的女体を見せられるハメになるので、実は女の人はハッキリ見えないほうがいい。女の人を見るということは対象を正確に把握するのが目的ではなく、夢見心地になることが目的だからだ。

絵でいえば、ボナールくらいのボンヤリした脳みそに優しいボケ具合がちょうどいい。

 

 

『2018.11.11 絵日記 美人は減点法だがブスは加点法。』

美人は得だと言うけれども、ちょっとでも欠点が見えると大きく減点されるから一概に得だとは言い切れない。第一印象で一見「おお!」と思ってもよくよく見たら肌が荒れてたり髪が乾燥してたり手がガサついてたり食い方が汚かったり話がつまらなかったりして、最初上がった分ドバドバ減点されていく。特にだめなのがプライドが高くてブランド物や海外旅行や友達やらの自慢もしくは悪口陰口を始める美人、これはどんなにきれいでも即チェンジだ。

その点ブスは最初の期待値がほぼ無いわけで「こいつブスのくせに肌綺麗」とか「ブスのくせに指長い」「髪の毛むっちゃ多い」とかドンドン加点されていくので結果的に一般的なスレンダー美人よりポイント高くなることが多い。

しかし結果的にはやっぱり話が面白いかどうか。若い頃は一発やれるかとかが大きな要素だったけど、今はどれだけ楽しい時間を過ごせるかは会話しか無いから、会話がはずめば嫁の母でもつまらん美人より遥かにいい。

『2018.10.01 絵日記 女性のお肉。』

女性というのは男から見たら、お肉というすばらしい宝物を身に着けて生きているわけで時々不思議な感じがする。

個々のお肉は物を掴んだり運んだり蹴ったり歩いたりという機能を果たすために存在していてその点は男も同じことなのに女性だけその機能を超えてお肉そのものに価値が与えられている。それを触らせたり提供したりすると男は喜んでお金を払う。その白さとか艶とか柔らかさとかキメ細かさとか男には無い特質に金に見合うだけの価値を感じるからだ。

だから逆に冬のガソリンスタンドとかで働いて手荒れしてる女性を見るとなにか違うだろうと言いたくなる。こんなに価値があるものを普通の労働で使って痛めてしまうのは勿体無いと思ってしまうのだ。大事にしてても日々確実に劣化していくというのにあえてゾンザイに扱うとは一体どうしたわけだ。

若いお肉をどうぞお大事になすってください。

 

『2018.08.17 長電話落書き。』

長電話ではだいたい落書き。女性との話はえてして長くなってしまいがちだ。まぁ母なんですけどね。

しかしおっさんと話するより母といえども女性と話すほうが遥かに楽しい。嫁の母や近所のおばあさんともずっと話できる。

内容は、野菜が高いだの、かぼちゃの皮が硬いだの、食欲がないだの、蜂の巣ができた等々、とりとめないことばかり。どうやら俺はここに来て完全におばはんになってしまったようだな。

 

『2018.08.08 絵日記 この世の慰み。』

と書くと大げさだが、結局男にとって一番の慰みは「女の人」だと思う。セックス云々ではなく、話をしたり、見てるだけでもいい。彼女たちがこの世にいてくれるだけで大いなる慰みになる。美人ブスもあまり関係なく、おばあさんですら慰みになる時がある。

女の人にとっては何かな?男ではないような気もする、食い物かな?

 

『2018.03.26 絵日記 頑張れOLさん。』

この季節になると新入社員さんの姿がチラホラと増えてきてOL好きな俺は嬉しい。弾けるバディを無理やり制服に詰め込まれてる感がなかなかそそります。女子大生の制服も桜がよく似合って華やかでございますな(キモ糞爺談)。

まぁ現実のOLさんというのはそれはまぁ色々いてはってエロ漫画のような訳にはいかないのですが、中にはそれはそれは素晴らしい人もいてはります。そんな美人OLさんが、パワハラ・セクハラ・薄給・腰・冷え・むくみ等々様々な敵と戦っている姿がこれまたそそるわけです。

しかし一番の敵は、やはり「老化による劣化」で、この敵にやられ始めると、俺のようなOLさん大好き爺にすら見放されるという悲しい末路を辿ることになります。

その上まだまだ老化とは無縁な2年目3年目でさえ、毎年入ってくるフレッシュマンの前に急激に色褪せて見えるという現象もあります。これが毎年毎年輪をかけて増幅されていくのですから、現役OLさんの恐怖はいかばかりでございましょうや。

見事出世街道驀進するか玉の輿GETか、いずれにいたしましてもOLさんには頑張って欲しいものです。

 

『2018.03.21 絵日記 女の人の絵。』

小さい絵だと1ミリどころか0.2ミリ位の差で表情が変わる。楽しいのでどんどんいじってしまうけどいじりすぎるとたいてい失敗する。背景や小物もその子の感情を比喩的に表現する目的があるので、やみくもに頓珍漢な物を置くと失敗する。特に写真写せばいいやみたいに安易なことしてると必ず失敗する。そしてたいてい一つの作品を長く描いてると失敗することが多い。

ただきっちり描きすぎるのもだめで、どこか破綻してるところや手抜きなところがないと作品として面白くなくなってしまう、という不思議。