月別アーカイブ: 2015年7月

今日の飯『トンテキもやししめじ』

元気をつけようと、トンテキに挑戦。フライパンに肉が乗るとジューッていい声で鳴くなあ。が、酒も入れた上に、もやしとしめじから水分が出過ぎて何だかトンテキって感じではなくなって、煮物の様にグツグツ煮立ってきたぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

仕方ないので野菜上げて、豚だけ再度加熱。醤油で香ばしいのつける。
まぁ何とか食えるレベルになった。肉が柔らかいのが救いだな、酒のおかげかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

blogmura

『混浴スーパー銭湯』

THE SEIJI Pen-and-ink drawing Spaぱっと見てびっくり仰天した。おっさんとおじんしかいない男湯の中に、1人女の子が混じっているのである。いやいやそんな馬鹿な、女の子っぽい男の子だろうと思ったけど、どう見ても胸が膨らんでいる、つまりおっぱいがあるのだ。ここは某松原のスーパー銭湯。なんと混浴のスーパー銭湯なのだと一瞬狂喜乱舞した。

しかし落ち着いてよく考えてみると、そんな銭湯がある訳がない。よくよく見ると、どうやら女の子になりかけている男の子の様だ。それにしても美人だ。胸がいい形で、色白で、尻が丸くて肉感的、後ろ姿の尻がこれだけ充実してるニューハーフはちょっと珍しいのではないか。

あんまりじっと見ていると愚息が反応しそうになるので横目でチラチラだが、彼女は局部だけ上手に隠して皆のいる湯船にも平然と入ってくる。あからさまに誘ってるようなそぶりはないのだが、しかしかと言って意識していないわけでもない。ちょっと恥ずかしそうではあるが淡々と体を洗ったり髪の毛を束ねたりしている。まぁそのしぐさも何とも可愛らしいのだ。

知らんおっちゃんが「男ですよね」と話しかけてきたので「ニューハーフの様ですね。まぁまだアレが付いているから男湯に入ってるんでしょうななぁ。」と噂しあったりして。「入る時にちょっと店員さんともめてたようですよ。」とまた別の知らんおっさんが情報をくれたり。

そのうち彼女をガン見してた禿散らかしたおっさんがどうやらいったん脱衣所に戻った彼女を追いかけて何やらアプローチしたようだが、彼女憤然と舞い戻って来た。どうやらお気に召さなかったらしい。そもそも彼女はそんなつもりで入ってるわけではないのかもしれない。そのおっさんはかなり執拗に食い下がっていた。余程気に入ったんだろうが、あのおっさんでは無理だ。

この子はかなり長湯で、そういう意味ではやはり何か目的があったのかもしれないが、俺は結局それ以上関わらずに先に出た。いやぁ、最近スーパー銭湯ばっかり行ってるけど、こんな僥倖(ぎょうこう)は初めてだ。ゲイバーで見ると作り物っぽいが、スッピンの裸だから誤魔化しようがない、にも拘らず綺麗だったから本当に綺麗な子なのだろう。願わくば立派な女の子になってほしいものです。

 

blogmura

『暑い夏バイクこそ長袖インナーだぜ。』

走ってると汗だくになる夏のバイク、ウェアを脱ぐ時に汗でひっついて脱げない不快も夏だから仕方ないとあきらめていた。が、ちょっと情報を得て長袖インナーを試してみた。するとどうだ?すこぶる快適ではありませぬか。動きやすくてライディングも軽快だし、何となく身体も引き締まったような気もする。ウェアを脱げばすぐに汗も乾くし、これは綿のTシャツなど比ぶべくもないわ。世の中進化しとるな、お勧めだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

俺が着てるのは、『UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)』 ってメーカーのだが、バイク専用のも各種出てる。値段は4200円+税。

sew043

blogmura

『一挙に夏バテ解消した!』

だるい~暑い~しんだい~やる気ない~の夏ですが、これを解消するには

●甘いものを極力摂らない。 よけい疲れるだけ。
●冷たいものを極力飲まない。 体が冷えて疲れるのでお湯を飲もう。
●食い過ぎない。 食い過ぎていい事は一つもないぞ。
●冷房はこまめに消す。 汗腺を働かせよう。
●汗をかく。 家では速乾性のT シャツとか着て自力で涼をとる。

アイスをやめたら途端に元気になってきたので、いろいろやってみたら一日でモリモリ元気になってきた。とにかく基本やめるべきは、冷たいものの摂り過ぎと、食い過ぎだ。新しさはないけど、やっぱりこれしかないわ。THE SEIJI stabiro 002

それと、やっぱり汗をかいたら塩気の物を補充すべし。梅干しとか、ちょっと濃い目の出汁の納豆とかいいんじゃないでしょうか。例年夏は嫌いでまいっているのだが、今年はちょっと果敢に制覇してやろうと意気込んでおります。やられっぱなしなので一回くらい勝ってみようかなと。汗をかくのもなかなかいい気持です。

THE SEIJI stabiro 001

 

blogmura

 

『ずぼらでも大丈夫』

THE SEIJI pencil Witch物事をすごくきっちり片付けるタイプの人がいる。スケジュールから身の回りの物の整理整頓から飯の食い方に至るまで、彼なりの法則がきちんと決まっていてそこから外れない人だ。つまり小さなタスクから大きなタスクまで次々にこなしていく達人だ。

俺の親父がこのタイプで、もちろん仕事もよく出来るし家庭のこともそつなくこなして全く隙が無い。彼の言では「わしには抽斗(ひきだし)がいくつもあって、物事はキチンとそれぞれに収まっている」のだそうだ。世界の事物は彼の頭の中では収まるべきところに全て収まっているので、必要な時にそれらは取り出されて適切に処理され、また元の所にしまわれる訳だ。B型でいい加減な俺にはただただ感心するか「何てご苦労な生き方だ」と呆れるしかなかった。

しかしそんな父がちょっとボケてきて以前の様にタスクをきちんと処理するどころか、処理すべき事すら忘れてしまうようになってきた。それ以前にさっき食ったものもよく思いだせない始末だ。こうなってくると彼の人生にとっての優先事項が問題になる。つまり忘れても差し支えない事と忘れては困る事を峻別して、忘れては困る事を忘れないように気を付けねばならない。毎年の年賀状など、ここまで来たら相手も死んでるか呆けてるかなので全くどうでもよく、まぁ昨日何を食ったかくらいも忘れてもいいだろう。老人大学の時間割も別にあんなもの行かなくても構わない。そうやって排除していくと、せいぜいが「薬飲んだか?」が残るくらいである。薬は同じものを何回も飲むと危ないからだ。

う~ん、それほど何もかもきちんとしないでも、結構ずぼらでも生きていけるんじゃないの? と、ちょっと思った。

 

blogmura

『貝塚 ふとん太鼓 祭り』

貝塚に感田神社ってのがあってそこの夏祭りが、「ふとん太鼓」。神輿の布団は神様がリラックスできるようにって事らしい。初めてこの祭り見たけど結構人が湧いてた。貝塚は高齢化が進んで老人ばっかりだと思ってたら、お前ら普段どこにおんねんってくらい若人が多くてちょっとうれしかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

神田神社の巫女さんの舞。バイトなんだろうけど厳かなもんですな。ちょっとだけ貝塚市民になれたよなお祭りの夜でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

blogmura