月別アーカイブ: 2016年8月

『ちょっとやる気上がってきた。』

THE SEIJI pencil Poise大阪の日中は相変わらずの猛暑日続きで35℃を超えているのだが、あれだけ寝てばかりだったのにちょっと作業が進むようになってきた。注意してみると猛暑のピーク時間が少なくなってきている様だし、ふとした時に涼しい風も吹いている。脳で意識しなくても体の方が先に季節の変化を感じ取って動いているのだ。今年も何とか乗り切れそうな夏、うれしい。

 

blogmura

『糞ジジイ化 予防。』

糞ジジイになると偉そうにしたいのだけど中身が何も無いから生理現象にかこつけて大音量で自己主張するのだが虚しいからやめよう。
●大音量「カーーーーペッ」って痰吐かない。
●大音量歯ブラシ「おえええええ」しない。
●大音量「ィエークションコラア」ってクシャミしない。

糞ジジイは自意識過剰のかたまりだが若い者は糞ジジイなどほとんど見てないし興味もないから悲しい独り相撲はやめよう。
●若い者に糞自慢しない。
●若い者に糞説教しない。
●若い者と張り合わない。

糞ジジイの自分だけが正しいという思い込みレベルは異常なほど高いのだが糞ジジイ一人いなくても誰も困らないのだから勘違いはやめよう。
●自分は常に正しいと思うのはやめよう。
●自分の若い頃の価値観にしがみつくのはやめよう。
●自分が世界基準だと勘違いするのはやめよう。

糞ジジイは大抵顔に力が入ってるがきばっても頑固に見えるだけだしそもそも誰も見てないからせめて柔和な顔でいよう。
●でこに皺をよせない
●眉に皺をよせない。
●口をへの字にしない。

糞ジジイはいつまでも自分はいけてると思い込んでいるけどもうおいぼれのガタガタで外見もひどいので控えめに生きよう。
●若い時の様に運転が上手いと思い込まない。
●若い時の様に腕力があると思い込まない。
●若い時と同じ外見だと勘違いしない。

糞ジジイはヒアルロン酸など潤滑剤が枯渇し柔軟さが無くなり力加減が難しくなるが開き直って暴力的になるのは大人げないからやめよう。
●物を叩いたり蹴ったり雑に扱うのをやめよう。
●物に悪態をつくのをやめよう。
●戸を思いっきり閉めるのをやめよう。

糞ジジイは常に自分が一番なので偉そうに言うだけで人に感謝できないわけだが人として最低なのでお礼くらいキチンと言おう。
●誰にでも偉そうにするのはやめよう。
●上から物を言うのはやめよう。
●お礼を言おう。

●頑固さは美徳ではない。
●体も脳も柔軟であればあるほどすばらしい。
●ジジイは一歩も二歩も引いて後ろでニコニコしてればいい。

まぁ…きりないけど、糞ジジイ化の基本は自己中に磨きがかかる事で鬱陶しい事この上ない。婆さんの方が感謝の気持ちがある分はるかにましだ。糞ジジイは女性ホルモン打って婆さんにしてしまおう。

糞ジジイにならないためには「謙虚になる」「柔和でいる」「過度に力を入れない」事を旨としよう。

 

 

blogmura

『雨降ってほしい。』

台風で東や北は大変な豪雨みたいだが西は全然降らないので庭の雑草がカッチンコッチンで抜けやしない。たまの夕立もあっという間に上がるので返って雑草どもには恰好のお湿りみたいで翌日には見て分かるほど背丈を伸ばす憎らしさ。どうかこいつら根こそぎやっつけたいんで丸一日の土砂降りよろしくお願いいたします。THE SEIJI pencil Thunder

 

blogmura

保存

『バカンス制を導入して下さい。』

THE SEIJI pencil Tired woman将来的には日本もバカンス制が採用されるに違いないのだから早くしてほしい。こんな暑い8月に仕事などできる筈がない。先の大戦の御霊を想って一カ月休もう。我々自由業という実質不自由業はクライアントが休んでくれないと休めないのであるから、まずは大企業からお休みいただきたい。欧州連中が一ヶ月休んで経済回ってるのに日本ができないはずがない。金曜日半ドンとかみみっちいこと言ってないで。

 

blogmura

『今年観た映画~ゴジラまで。』

今年観た主な映画。数字は100点満点の点数。

●60『白鯨との闘い』
●69『オデッセイ』
●80『Xミッション』
●75『ボーダーライン』
●75『レヴェナント』
●95『ズートピア』
●85『マネーモンスター』
●95『エクスマキナ』
●83『フェイク』
●0『インデペンデンス・デイ』
●95『シン・ゴジラ』

『ズートピア』は幸せな気分になれる完璧なアニメ。たまにこういうの観ると素直な気持ちを思いだす。
『シン・ゴジラ』は文句なく面白い。俯瞰ゴジラがめっさ怖い。石原さとみの英語力がどうとか言われてるけど『進撃の巨人』に比べたら同じ役者と思うくらい素晴らしい演技ではないか。やっぱり本と監督だな。
『エクスマキナ』が個人的には映像も含め壺った。
『フェイク』はもう佐村河内に失笑するしかない、監督意地悪やな。

しかし今年はまだこれといった奴はないな~。
DVDで観たショーケンの『誘拐報道』が一番印象深いくらい。高峰秀子の『浮雲』も忘れられない。
後半に期待。

sew344

 

blogmura