月別アーカイブ: 2016年10月

『漫画家の椅子とは。』

世の中にはいい椅子がいっぱいあるが、漫画を描くに適した椅子が今に至るまで見つからない。例えば高級事務椅子の定番アーロンチェア(ハーマンミラー)とか、試してみたけど全然合わない。なぜなんだとつらつら考えるに、これらの椅子は皆「ふんぞり返り型」で、偉いさんか、もしくはPC操作する人向けなのである。

我々は猫背でうずくまりながら仕事をするので「ふんぞり返り型」は方向性が違う。この「うずくまり型」に適した椅子、どなたか知りませんか。漫画家さんってみんなどんなのに座っておるのやら、こないだ聞けばよかった。

the-seiji-pen-and-ink-drawing-chair

 

blogmura

『声。』

the-seiji-pen-and-ink-drawing-sneeze対人関係でいろいろ相手に要望はあれども、最終的には「生きてさえいてくれたらいい」ってなる。死なれるよりは全然いいからだ。
逆に、生きてようが死んでようがどうでもいい様な人は、まったくの赤の他人という事になるが、芸能人やスポーツ選手が亡くなっても悲しいので、彼らも赤の他人では無い訳だ。昔から知ってるからそう思うのかもしれないが、今日ニュースで知っただけの人も可哀想すぎてうるっときたりするので、どうでもいい人とはとても言えない。
そうなると、亡くなって悲しくない人なんていないのかもしれないな。

 

 

ああ あなたが 今日もどこかで 真綿のように 生きてるという事 ♪
( 森山直太朗 ♪ 声 )

 

 

blogmura

『小路啓之君亡くなる。』

漫画家仲間の小路啓之君が自転車事故で亡くなった。
年に1、2回会うくらいだったけど付き合い長かったからショックだ。ここの事務所にもあの自転車で来たことがある。俺は不在で、ポストに『ポポネポ』の1巻放り込んであった。後で「電話くらいしてから来いよ」って言った覚えがある。
明るくていい奴だったから死とか全然結びつかない。俺がふざけてると「おっさん、ホンマええ加減にせえよ~WW」「ホンマこのおっさんだけはWW」って人の事を「おっさん」呼ばわりで笑ってた。今はまだ全然信じられない。まだ安らかにとか言いたくないし信じたくない。46歳って全然これからではないか。

sew394 sew395

 

 

blogmura

『気持ちいい気持ちいい気持ちいい。』

タイトルが気持ち悪いですが、いい季節になってまいりました。
セローは下道。信号待ちもすり抜けも面白いので高速はほとんど使わない。sew387

トコトコ走りから140kmまで出るし何より軽いのでどこでも走れる。
生涯乗ったバイク、みんなそれぞれ個性的だが総合点ではやっぱりこいつが一番。
sew388

3年前かもっと前に買ったHYDO(ヒョウドウ)のレース用グローブ。セローに似合わない上に夏暑い冬寒い。おまけに安全性のためか皮固くてカチンコチンなので指痛いし繊細な操作できない困った奴だったのだが、ようやく今期あたりから柔らかくなってきた。乗るたびにレザーワックス揉み込んでるので日増しに使いやすくなるのがうれしい。sew389

 

blogmura