月別アーカイブ: 2017年9月

『堺菊虎の包丁買ったので包丁差し作る。』

車取りに行くついでに、堺伝統産業会館で菊虎の包丁というか、でかめのペティナイフ買う。切れる包丁はどんなだろうと思ったら、めっさ切れる。
せっかくなので、包丁差し自作。
といっても木端に隙間作ってネジで留めただけ。
あまりに味気ないので、焼き印押すぜ。コンロで暫(しばら)く熱す。
ジュ~、押せました。グッとカッコよくなった。
木端は「木」だからこれでいいのだ。 この焼き印意外と使用頻度高い。いい道具買うとやる気出るな!さあ切るぜ。

 

『秋の通勤ツーリングセロー。』

車がオーバーヒートして修理に出してるのでこのところずっとセロー。
昼間の行きはメッシュウェア、帰りの朝方は一枚羽織ってちょうどいいくらい。
やっぱりバイクは空気がひんやりしてからの方が調子よく回るような気がする。
ちょいとひと風呂浴びて帰ったり。ヘルメット被るのがちょっとあれだけど、セローは下駄代わりだから気軽にどこでも寄ってしまう。
漸(ようや)く10000㌔超えましたセロー。行きも帰りも下道でのんびり・・・ではない結構出すけど全く不安ないこのバイク、いやよ~出来とるわ。
これからの季節セル一発のインジェクションもうれしいのう。

 

『蟷螂の斧。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【蟷螂の斧】力のない者が、自分の実力もかえりみずに強い者に立ち向かうことのたとえ。

LEDに立ち向かうカマキリに勝算はあるのか?
しかし観察してると、勝負を挑んでいるというより来世に思いを馳せているように見えた。
「もうちょっとましなものに転生したいけど、このカマキリ現世で
どうやって徳を積めというのか・・・。」まぁ、その疑問は無理もないな。

 

 

『低気圧による不調。』

台風の低気圧に押し潰されそうになる、様な気がする。低気圧なのだから押し潰されるのはおかしいかもしれないが、なんとかなく重苦しいし頭も痛くなるのが常だ。

で、調べてみると。こういうの気象病というらしい。
人間は通常15トンの気圧を体の内部から押し返して生きているのだが、低気圧だと微妙にそのバランスが崩れるてしまう。そして脳の血管が広がったり痛みの物質が出てきたりといろいろ不調に陥るらしい。そうかじゃあウンコでも気張って血圧上げるか。

分かってしまうとなんとなく諦めつくから不思議。

 

『物を元に戻す。』

いったいどうしてこんな簡単なことができないのか、時々嫌になるが、物を元に戻せない。食ったものを炊事場に持って行かない、出した本はそのまま積み重なる、汚れた洗濯物は洗濯機に層をなす。一つ一つは取るに足らないことだが、これが破綻の始まりだ。

はじめは小さなこの怠惰が、まるでダムに開いた小さな穴のように次第次第に大きくなりスペースと精神を侵食し始め、いずれは生活全体の破綻をきたしてしまう。

だから何か最近調子が出ない、体力も気力も衰えを感じる、生活が荒んできた、と思ったらまず物を元にあった場所に戻す事から始めるのだ。