月別アーカイブ: 2019年5月

『2019.05.27 絵日記 写生と創作では使ってる脳の部位が違うのではないか。』

この形をここに、こっちに長い曲線を、ここは漆黒の闇にとかその時々の思いつきで描き入れる瞬間の脳はとても興奮している。失敗のリスクも高いので緊張感もかなり高くスリリ~ン~ア~ンエキサイティン~な状態だ。気がついたらクタクタになっているのだが間違いなく楽しい。対象に依存しない抽象画を描いてる人もこの脳の状態だと思われる。

これに比べて写真とか丸写ししてるとこの興奮がまるで訪れず、脳の大事な機能の一部が止まってしまってる気がする。楽しくないことはないがまぁ作業であって想像とは程遠いのではないか。

もちろん貧弱な想像力で描かれた創造画など見るに耐えないので、そんなものなら誠実に描かれた写生画のほうが遥かにマシだが、少なくとも自分は単なる写生は退屈なのだ。窓から見える風景とかは老後の趣味に取っておこう。ん、もう老後か?

 

『2019年05月TOP絵。』

5月13日の日記絵を油絵にしつつある絵。またテンペラとの混合。日記絵を元にはしてるけどなぞってるわけではなくてちょこちょこ見るくらい。その都度どんどん描いたり消したりして形を探っていく描き方の方が性に合ってる。日本画のようにまず骨描き(下書き)して、それをなぞる的な技法はこらえ性がなくて描けない。

もう5月が終わりそうなので途中だけどUPだ。

 

『2019.05.17 絵日記 毎日味噌汁。』

事務所のまかないはほぼ毎日味噌汁。何かで読んで参考にした玉葱すったのと酢入れてる味噌を使って具はほぼ乾物。それに時々の野菜少々と玉子くらい。毎日食べても飽きない。あとは出汁無し納豆。やめられないのはチョコレートとクッキー。
家ではしっかり嫁の手料理なので事務所ではこれで十分。

外食はモーニングくらい。薄味に慣れると外食はきついし、量も多すぎる。月に一度くらいでいい。年に360杯くらいラーメン食ってますってラーメン評論家がいるけど、絶対舌麻痺してるやろ。フランス料理もイタリアンも中華も味濃すぎ。外食はカレーのみOK。

 

 

『2019.05.12 絵日記 10日程何も描かず。』

一仕事終わったのと、手をやったのと、何やかやで、更新しなかった。更新しないのはいいんだけど何も描かなかったし書かなかった。こんな事は俺の人生では珍しい。でも映画と本を結構入れた。暫く描かないとちょっとだけ手癖から離れられて違うアプローチができるかもとか思ったり。何にせよ描くのは楽しいわ。