『和歌山龍神温泉上御殿。』

日光へ行こうと計画してたのだが、サンダーバードが止まって中止になったので急きょ龍神温泉に変更。下か上か迷ったけど結局上御殿に。sew203
紀州の殿様(徳川頼宣)が作らせたという「御成(おなり)の間」。最初この部屋に泊まろうと思ったけどトイレも鍵もないから、結果観るだけにしといてよかった。sew204
やっぱりここの湯は最高で、ナトリウム炭酸水素塩泉でラジウム含有量が豊富な泉質。出てからも足の先までスベスベが続くのは龍神ならでは、美人の湯だけの事はある。sew205
で、飯がこれ「地の食材しか使わない」という激しい意気込みを感じた。唐突に伊勢海老なんかを出すでなく、山の物をなんとかおいしく食べてもらおうという工夫が素晴らしく、これが本当にうまかった。朝も鮭さえ出ない徹底が潔い。sew206

日光は陽明門の修理がある程度終わるまで延期することにしたが、今回の龍神は湯も飯も大変良かった。道も阪和道有田から来たらトンネルもできててすんなり来れる。ただ嫁と旅行すると酒量がすごい。

 

blogmura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください