『忘我女子が美しい。』

THE SEIJI Pen-and-ink drawing Flower「百花春至為誰開。」 百花春に至って誰のためにか開く

春になったら花がいっぱい咲くけど、花ってのは誰が見てなくても咲いている。
あざとさ、計算、自己顕示欲、見栄、承認欲求  そんなもんが一切ないからこそ愛おしく美しい。花と共に春になると美しいのが女子なのだが、最近SNSとかであがってる写真が自撮りばっかりなので自意識出過ぎでどうも面白くない。やっぱり女子に限らず人間というのはふとした一瞬の自然な感じが美しいんじゃないか。遊んでても仕事しててもいいんだけど、カメラなど全く意に介さないで我を忘れてる無意識の瞬間こそ人間一番良い表情になると思う。そういう意味ではグラビア写真も自意識過剰の媚び媚びだから全然好きじゃない。まぁでも「あの子いい表情してるな」って街で勝手に撮ろうものなら犯罪だからな最近。忘我女子は目で見て脳に焼き付けるしかない。個人的にはやっぱり労働してる女子がグッときます。

 

blogmura

2 thoughts on “『忘我女子が美しい。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください