『何もしないという選択。』

THE SEIJI pencil Make up若い頃は赤ちゃんみたいな肌だったのに、いつからこんなボロボロに?「そう言えば中学生の時ビオレで洗顔し出してからかも」って言ってる子がいた。洗顔石鹸を使いだしてから肌がいい状態に戻ったことが無いらしい。要は自然なターンオーバーサイクルが狂ってしまったのだ。

もちろん大人になってからは高い化粧品を次々と投入し続けるのだが、まったく改善されない。高い化粧品や器具に意味がない事は大金持ちの奥様達のボロボロ肌を見たら一目瞭然だ。

結局若い頃にアトピー気味で、ずっと化粧も過度な洗顔もせずに生きてきた子が、中年の今となっては一番肌がきれいという落ちになるのだから皮肉なものだ。逆に高額化粧品を使い続けた人が中年になって肌トラブルに見舞われるという馬鹿馬鹿しさ。

かく言う俺も洗顔は水だけ、その後も何も付けない、髭剃りで荒れたところだけ少量のオロナイン という生活を一年前からしてるけど俺史上最高に調子いい。結局なにも付けなくてよかったのだ。

この「何もしない」という選択は、化粧品だけじゃなくて生活のいろんな状況に応用できると思う。ほとんどの商品は企業からの「強迫」か「洗脳」で買わされ使わされていると思って間違いないから(水素水とか)、そういう目で自分の生活を見直すのもいいのではないかな。

 

blogmura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください