『大学ノート日記平成29年2月21日。』

「無いものを有ると妄想し いずれ滅びるものに永遠を望む所に苦が生まれる。」これが釈迦の本意だとしたら、地獄を妄想し念佛を唱えたら極楽に永遠に往生できるという浄土思想とは一体何だ、苦しむだけではないの?

グザヴィエ ド ラングレの『油彩画の技術』読み物としても大変面白い。それと最近、古吉弘さんのブログ『看聞日記』 を覗いてるんだけどこれもとても面白い。世代近いし、彼の師である青木敏郎先生は当時僕の大学でも教鞭をとっておられたのでちょっとだけ習ったことがある。写実画そのものにはあまり興味無いのだけど、技法を探求するのは尽きせぬ楽しみがありますな。それにしてもみんな凝り性だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です