『絵日記 平成29年10月14日 玉子の効用。』

疲れた時に卵を2個流し込めば、モリモリ元気になる事請け合い。その効あたかもポパイにおけるホウレンソウの如し。いままでもうひと頑張りの時はニュースキンオーバードライブとか飲んでたけど、玉子の方がはるかに効くしはるかに安全でお手軽だ。

まぁ確かに人様が無い知恵絞ってこねくり回して作ったものより、神様が作った物の方が完成度高いのは当然か。

 

『絵日記 平成29年10月14日 玉子の効用。』」への2件のフィードバック

  1. 神様が作った物の方が完成度高い
    これは、秀逸な言葉ですね。
    ちょっと話はズレますが、
    レイ・ハリー・ハウゼン、円谷英二、成田亨、ギーガー、など、
    怪獣大好きな自分はいつも思っていたのですが、
    哺乳類、爬虫類、鳥類、虫、微生物、などなど、
    必要なければ未来において切り落とすだろうが、
    現在においては完成されている種は
    害虫であろうとも、必ず生きる為の機能がそなわっていて無駄がない。
    本能や観念的なイメージで気持ち悪いと思っていても、
    よく見れば、どこかに美を感じます。
    何が言いたいかと言うと、人が造りだす物(怪獣など)は
    芸術にふり幅を寄せる事はできても
    神様の作った自然の持つ完成された美には絶対に勝てないと思います。

    どーでもいいですが、
    ガキの頃、ポパイ観ていて、あれホウレン草には全然思えなくて、
    ブロッコリーをホウレン草とずっと勘違いしていました。(笑)

    1. 神の作り給うた物に失敗作はないのかというと
      限りなくあるような気もするけど、
      やっぱり淘汰されて生き残ってる物はすごい。
      ゴキはゴキで完成されてるからな。

      兎に角自然から学べとダビンチ先生も言うてるけど
      バルタン星人なんか蝉やろあれ、仮面ライダーもバッタやし。
      じゃあダダは何から?ジャミラは?この辺は適当な想像やろな。
      少なくとも造形に関しては結構人間頑張れると信じたい。
      ダダかっこええし。

      あかんのはビタミン剤とか、はいはいレモンの栄養はビタミンCってわかった。
      これレモン100個分固めたから栄養満点! とかいう傲慢。
      マルチビタミンとか確実にしっぺ返しくる気がするな。
      食品や自然現象は神様の言う事を素直に聞いた方がよさそうや。

      ポパイのホウレンソウは確かにもうちょっと自然観察した方がよかったけどな笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です