演劇『黒蜥蜴』

THE SEIJI pencil Lizard

江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本
主演、演出、美術、音楽、衣裳は全部 美輪明宏。

大真面目に美を追求しているのがもう、おかしくて
笑いをこらえるのが大変だったけど、最後には大感動しているという
見事な本物でした。

自分の美学で生きている人はブレが無いな。
乱歩や三島や三輪が、何か新興宗教や新思想に
かぶれている姿など想像もできない。本物はみんな教祖様だ。
西成のおっさんですら本物にはオリジナリティがある。

いやあ自分の美に正直な人は限りなく自由だな。
生きてる間に観れてよかった。

blogmura

2 thoughts on “演劇『黒蜥蜴』

  1. 以前「黒蜥蜴」の松竹映画版は観た。
    特別出演の三島由紀夫が生人形役やっていて
    じっとしてなきゃいけないのに完全にじっとできてないのがおかしかった(笑)
    美輪明宏ははまり役だと確信した映画である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください