『2018.01.11 楽しそうに働く人。』

何の職業でもそうだけど、楽しそうに働いてる人を見てるとこっちまで楽しくなる。別に大笑いしてるわけじゃなくむっつりして文句言いながらでも、心から楽しんでる人は雰囲気で分かる。

宮崎駿程の「めんどくさいめんどくさい言い」でも全身から描くこと動かす事が楽しいオーラが出てる。彼の言う「めんどくさい」はなんとか脳内のイメージを他人に上手く伝える方法はないかとあれこれやるんだけど、結局コンテ描くのが一番早いという結論に達した時に出る様だ。描かないでも伝わるのが一番いいのだが、描かないと彼のイメージが伝わらないから「めんどくさい」「俺がもう一人欲しい」って言葉になる。でも本当は絵コンテ描くの大好きだからブツブツ言いながらも楽しそうに描くのだ。

よく漫画家とかで腱鞘炎に苦しみつつ締め切り地獄と戦う俺様カッコいいアピールしてるのがいるけど、「しんどい俺」になど誰も興味が無いからこれはカッコ悪いと思う。宮崎の文句は「どうしたら伝わるんだ」とか「こういう感じじゃないんだ」であって「しんどい俺カッコいい」とはちょっと違う。「死ぬ死ぬ」言ってるけどこれは多分本当に死んでしまう程の過酷な作業が予想されるからだ(誰が見ても致死量に間違いない)何とか死なない様に楽しんで完成にこぎつけて欲しいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください