『2018.07.05 絵日記 鉛筆画とスキャナーの相性。』

これいつもの複合機スキャナーで撮った鉛筆画。photoshopで多少トーンカーブいじったりしてますがどうもうまく再現できない。おまけに最近変な線が出るのが直らない。

iphoneの写真で撮ったヤツの方が実物と雰囲気が近い。この鉛筆独特の柔らかさみたいなのが出てほしいのだが、複合機の600DPIごときのスキャナーでは無理なのかも。どなたかいい方法ご存知でしたら教えてくださいまし。不器用な鳥の飛翔を見つめるカリフラワー頭の少女。

『2018.07.05 絵日記 鉛筆画とスキャナーの相性。』」への4件のフィードバック

  1. 読み込みの設定を写真か雑誌とか印刷物の設定があればそれに変えてみるとか。。。
    スキャナは四角い鏡が一方向に動きながらスキャンしますけど、縦方向なら鏡に埃とかが付いたか、横方向なら鏡を動かす軸に汚れが付いてスムーズに動かないのか。
    業務用なの複合機ならメンテの人にその当たりを伝えるとしっかり掃除してくれると思います。
    個人用ならバラしてアルコールと眼鏡拭きで掃除してみるか。

    話は違いますが、東大阪のカインズでレーザー加工機が使えます。
    イラレでデータを作るんですけど、MDFの5.5mmぐらいの厚さまでの板ならほとんど切りしろ0でカットできます。
    表面に彫刻も出来るし1mmの穴も切れるし升のようなはめ込みも出来ます。
    やっすいスピーカーにケースを作ったり楽しんでます(^^)/

    1. あろはさんおはようございます。
      複合機はシャープのMX-2640ってやつです。精細の地図読み込みモードにしてTIFで600dpiで読み込んでますが、ガラスの汚れっぽいですね。リースだし分解できる技術もないので、今度こそシャープさんに来てもらうことにいたします。
      でもこの暑さで業者さん呼ぶのも気が引けますね。

      カインズというホームセンターそのものを知りませんでした。そしてイラレが使えません(爆)あろはさんは色々器用で人生楽しそうですね~♪スピーカー見てみたいです。
      できたら僕も色々自分でやりたいんですけど、今から技術を習得する気力がなかなか湧いてこず結局絵ばっかりです。せめてちゃんとした額くらい自分で作りたいのですが。

  2. リースの機械は自分で分解掃除しない方がいいですね(^^;)
    シャープさんに頼んだ方がいいと思います。

    もしかして、紙を変えたら線が出なくなったりしませんか?
    最近のどの画でも同じような感じでいっぱい線が出てるので、紙の製造時のでこぼこを拾ってしまってるのかなとも思います。
    もしそうなら、読み込む紙の裏に黒い紙を挟むと緩和される事があります。
    あとは複合機の読み取り機能じゃなくてパソコンにスキャナドライバを入れて設定をいろいろ変えて読み込んでみるか。
    そんなんじゃなければ徹底的にメンテして貰うしか無いのかなぁ。。。

    何の気なしにとりあえずコピーしてるだけなら10円コピーでも綺麗にコピーできてる気がしますけど、文書じゃ無く画をコピーしたら途端にコピー機の違いみたいなのを感じますね。
    絵画のポジを取り込んで複合機でA3いっぱいに印刷したりした事がありますけど、何度もスキャンし直して色調整して印刷してみてってしても上手く色を合わせられませんでした。
    Photoshopとか画像加工が苦手なのもあるんでしょうけどw

    アーティスティックな感性が無いので、数値を入力すれば正確な図形が描けるイラレの方が僕は覚えやすかったです。
    何でも自分で作ってみたい欲求でちょこちょこ手を出してるだけで、器用貧乏の典型ですwww
    最近は僕も新たな事を覚える気力もちまちま作業をする気力も萎えてきて、作業時間を考えると買って用をなすものは買った方がいいと思うようになってきてしまいました。
    画にフィットした額がないと作らないと仕方ないですけど、売ってるなら買っちゃいましょうw

    1. あろはさんこんばんは。
      そういえば前までは読み込む時に黒い紙を敷いてましたが、ノートになってからはやめてましたね、今度試してみます。ありがとうございます。

      そうですね、買ったり専門家に頼んだりした方がいいものと、自分でした方がいいものがありますよね、その判断を誤ると結局買ったほうが安かったってことになったり。自分でするほうがはるかに楽しいんですけどね。
      手首痛めたりしてると、なるだけ負担を減らそうとすることもありますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください