『2018.09.17 念願の屋根修理。』

出てくる黴を拭いたりして対処してるが、今度大雨があったら腐って落ちてきそうな天井。
屋根とはつまり、骨格(棟木や垂木)の上に板を並べてその上に瓦を置くという、めっちゃ単純な構造。
天井はがすとお星様。これが穴です。
高所恐怖症と言っても過言ではないので、脚立を登って屋根に上るのすごく怖い。
まぁでも登ってしまえばいい気持ち。
そこここでブルーシートが散見される。
こんな風に瓦が無くなったり、ずれたりしてる。この下はもろに天井板なので、これは雨漏りするはずだ。 うちの瓦はセメント瓦で、デメリット多すぎて今ではほぼ使われてない。乗るだけで割れたりするので慎重に。
シートが破けないように、防水テープで瓦ドメの針金を養生。
ブルーシートをかけてこれまた防水テープで留める。

その上にバラスを詰めた土嚢を渡す。
土嚢袋が滑らないのがセメント瓦の唯一の利点。
完成しました~。作業自体は単純だが高所作業なので油断ならぬ。兄夫婦に手伝ってもらった。この様な作業は最低3人でやらないと危ない。ついでに言えば長袖作業着、ゴム付き軍手、地下足袋等防備も怠りなく。最近では何にも増して達成感ありました。
これで少々の雨漏りには対応できる自信つく。あとは週末の雨でその成果乞うご期待。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください