『2018.10.06 絵日記 「人は失ったものを取り戻そうとして、更に失う。」』

映画『ノーカントリー』の中の台詞。これに出てるハビエル・バルデムの髪型は一生忘れられないが、この台詞も忘れられない。恋愛でも株でも仕事でもスパッと損切りしてまた0から始めないとダラダラと失い続けることになるんだろう。

でも諦めるのが早すぎて物にならないこともある。例えば16Pのマンガを4Pで諦めてまた0から描き始めるなんてことを繰り返していると、永遠に漫画家になれない。糞でも何でも完成させてから次に行かないと上手くならないのだ。

だから4Pあたりで挫折することをずっと繰り返してる人は、失った時間を更に失わないようにそろそろ進路変更すべきなのかもしれない。しかし実際は、ここで見切りをつけて損切りするべきか、もうちょっと粘って頑張るべきなのか、判断できる明確な基準はない。

そういう意味では人生は自分の勘に頼るしかない、まぁ博打だな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください