『藤田嗣治展行く。ん?可愛くない?』

シッカロールを混ぜ込んだ乳白色の下地に面相筆で描いた細い墨の輪郭線。昔から藤田の絵は大好きなのだが今回始めてシゲシゲ観て思った。
この人の描く女性キャラは可愛くない。単に俺の趣味じゃないだけなんだろうけど2~3点を除いてほぼだめだった。猫とか風景とか骨董品とかは素晴らしかったので残念なのだが、特に子供の絵や宗教画のマリア様などはわざと気持ち悪く描いてるだろうレベルでゲッソリしてしまった。まぁ個人の感想なのが、フェルメールや若冲と比べると集客力もイマイチのようでした。
でも技法的には大変参考になったし、何より俺はこの人の日常を楽しんでこちょこちょ色々作ったりする生活態度そのものが好きなので、藤田世界に浸れたのは得難い経験でした。京都市美術館は改装中。平成31年度内のリニューアルオープンの由、楽しみ。 ブラブラしてて見つけた 『THE NEXT WORLD MUSEUM 黄泉 カオスの間』 「入って観てもいいですか?」と尋ねると「500円いるよ」と言われたので、嫁と1000円払って入る。 色んな人がTWITTERとかでUPしてるのでこの辺で。ちょっと寺山修司っぽい感覚で時代的に分かりすぎるくらい分かるので頑張っていただきたい。

御池に移動して車停めてぶらぶら。懐かしい喫茶築地やVOXビルがまだ存在してることに驚嘆しつつ先斗町で飯食って帰る。第二京阪が出来て京都まで1時間めっちゃ近い。
大学時代6年もいたのだが、年取ってからの方が京都はオモシロイと思った。またじっくり来てみたい。

 

『藤田嗣治展行く。ん?可愛くない?』」への2件のフィードバック

  1. 藤田嗣治よりもカオスの間が面白そうだわ~。
    そろそろ猥雑さというのが貴重になりだした感があります。

    1. まぁそうやな藤田はちょっと退屈かも。

      昭和20年あたりを中心に収集してるとか言うてたけど
      そのへんから日本は文化の発展間違えたような気がせんでもない。
      もっとこの路線で発展してほしかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください