『2018.11.30 色日記 禁煙4年目。』

手帳見たらタバコやめてから4年経ってた。

やめてよかったのは「起きた時不快じゃない」って事。
臭くないし嫌な咳も出ないので爽快に起きられる。歯ブラシおえ~もない。
やめて後悔したことは、別にない。

知り合いに隣で吸われても全く腹立たない。全然知らんおっさんの煙はちょっと嫌で、女の人のは不快じゃない。「どうやってやめたの?」って聞かれると優越感に浸れる。「強靭な意志の力かな。」とか言いたいけど、実はまずくて吸えなくなっただけ。

タバコと健康の因果関係は明確ではなくて、喫煙者で長生きはいっぱいいる。肺気腫じゃなければ特に辞める必要は無いと思う。
嫌煙家がヒステリックに「ヤニカス死ね」とか言ってるのが嫌。嗜好性の違いだけでどっちが正しいわけでもないのにやたら正義ぶってうざい。

風邪が悪化して丸一日寝てた。
そう言えば風疹で入院したときでさえ頑張って吸ってたな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください