『2019.01.04 色日記 沼に入る。』

吉村萬壱の短編集『前世は兎』の中の変態小説『沼』に触発されて描いてみる。こんな綺麗な沼ではないが、尻のデカさはこんなもんだろう。

仕事のエンジンをかけるための暖機運転として絵を描くわけだがそこで力尽きて寝てしまい起きたらまた暖機運転が必要という愚を延々繰り返している様な気がする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください