『趣味の油絵 「ランチタイム(仮)」しつこくまだ描く。』

さっと出来るやつもあれば、延々かかるやつもある。時間かかりすぎるのは出来の悪いのが多いけど、これはなぜか気力が持続してて完成までこぎつけそうな気配がする。手前の奴も多分3年以上ぶりに手を入れてる。モネ風の画風とは全然違うどちらかというと輪郭のはっきりした古典描法。

最近のパレット。何かのテーブルだった大理石、兄貴からパクったやつ。ちょっとざらついた感じが良いのか悪いのか、混ぜやすいけど筆はチビリが早そうだ。

上の2点のアンティーク額、ジャングルジャングルでクソ安いのを見つけたので喜んで買う。安い額は補修して加工して、どんな絵にするか考えるのが楽しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください