『2019.08.08 絵日記 咳が止まらなくて病院行く。』

指原莉乃、全然関係ないけど、咳が止まらかったので医者に行く。

医者に向かってネットで得た情報を振りかざし「ネットにこう書いてあったけどどうよ。」と言うのはあまりにも失礼なので医者に行ったら事実だけを伝えるようにしている。

「一週間咳が止まらないんです。」
医者はちらっと喉を見ただけで「お薬出しときますね。」と言う。

こちらは変な病気ではないかと心配で来ているので「あの、レントゲンとかはいいんですか?」と言うと「それじゃ胸の音聞いときますか。」と聴診器当てて「雑音はないですね。」と言ったなりだ。

変な病気ではなさそうで良かったのだが、咳が出てることは事実なので病名とか知りたいと思ってると「はい。」とすでに終わった感じになってる。「あの、何なんですかね、夏風邪ですかね。」と聞くと「まぁそうですね。」で、完全にむこう向いてしまった。

薬局でもらった薬を調べてみると「経口第三世代セフェム」系抗生物質。つまりDU薬なるものだった。
だいたいうんこになって出てしまうからDU薬(DAITAI UNKO)。ほぼ吸収されないで、耐性菌作るだけの抗生物質だ。
ほとんど吸収されないので副作用も少ないということで無能な医者はこれを出す。つまりこんなもの飲まなくても自然に治るのだ。

俺の場合も薬飲まずに3日、自然に治った。
この診察で1290円、薬が770円。
医者に行くのは安心料で、2千円くらいで安心できるなら安いものかもしれないが、なんか腹立つ。自然に治るって言え。3割負担だから儲け4000円?診察5分もかかってないから時給にしたら5万もあるぞ。

まぁネットのせいで医者もいろいろやりにくいだろうけど、出さなくていい薬は出さないで欲しい。俺のためと言うより人類のために、耐性菌の手助けを医者がすべきやないやろ。

 

2 thoughts on “『2019.08.08 絵日記 咳が止まらなくて病院行く。』

  1. おはようございます。

    とにかく何でもなくて良かったです!安心しましたー。

    私も急に胸が痛くなって這うようにして夜間病院に行った時、何でもない、とてきとーに診察されたことがあります。その日は安心料五千円として納得することにしましたけど、治るまでは不安は解消されませんでした。
    あとで調べたら枚方三大ヤブ病院とネットに書かれていて、まぁ納得しました。

    1. みかさんこんばんは。

      ほんとにね、医者行くときは不安で行くんだからちゃんと診断してほしいですよね。

      聞くところによると皮膚科なんかは医者もほとんど原因わからないみたいですよ。だからカビを殺す薬かステロイドか二つに一つどっちか出すだけです。当てもんですね。

      ええかげんすぎる。最近は漢方医のほうが信用できますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください