『2019.09.23 グルテンフリーの次はレクチンフリー。』

グルテンフリーとかヴィーガンとか馬鹿じゃないのと思ってたら、今度はレクチンとやらがあかんらしい。

レクチン入ってるから食べてはいけないものは

玄米、パン、パスタ、蕎麦、シリアル、ジャガイモ、砂糖、豆類全般(もやしのようなスプラウトもダメ)、豆腐、枝豆、ピーナツ、カシューナッツ(ナッツではない)、チアシード、トマト、ナス、キュウリ、カボチャ、メロン、トウモロコシ、ローカロリー飲料

イタリア人食うもの無し。

トマトにリコピンとレクチンが入ってるように、ほとんどの食物にはいい成分も悪い成分も入っている。それを無視して悪いもん入ってるから「毒」だとするのは極端な偏向意見。逆に体にいいからとそればかり食べるのもかたよりすぎ。

こんなのは馬鹿をおどして本を売りたいだけの糞情報なのだが、この種の腐った情報を鵜呑みにして「食にこだわるイケてる私はグルテンフリー」とかインスタ上げてるセレブ気取りのアホが多すぎる。

注意すべきは「食べすぎ」と「偏食」。外食をひかえてアレルギーに気をつけて季節のものを適量食べるのがいい。

つまり情報に右往左往せず、今までの人類がしてきたように普通の物を普通に自炊して食べるだけ。

俺が基準にしてるのは、無人島に漂着して餓死寸前でもそれを食べないかどうか。実感わかない人は吉村昭の『漂流』をぜひ。アホウドリとわずかな海藻しかない無人島からの生還ドキュメント。何がグルテンフリーだと思うこと必定だ。そもそも震災続きですぐに食料欠乏するこの国で何を言ってるのかと思う。

それでも納得できない人は、トウモロコシの粉しか食べるものがない世界中の難民キャンプで「レクチンが入ってるからトウモロコシ食べないで」って説得してまわればいいと思う。

 

2 thoughts on “『2019.09.23 グルテンフリーの次はレクチンフリー。』

  1. THESEIJI先生、こんにちは

    実際、こういうのが体にいいとか化学調味料が体に悪いという
    科学的根拠はないようですね。

    最近では好きなもの食べて、運動するというのが一番健康にいう事
    で自分などはそうしてます。

    寒くなりましたが、体にお気をつけて
    作画の方を頑張ってくださいませ_(._.)_

    ではでは

    1. IRIE 君こんばんは。

      何かが体にいいという情報が流れてしばらくたつと必ず「実は身体に悪かった」って事になるから、こんな情報はすべて糞ですな。ほとんどは商売絡みのエセ情報だから振り回されるだけ人生の無駄だと思うわ。

      これは食べてもいい物かどうかは、自分の勘と欲望で判断するのがいいな。人間は雑食生物なので、気候や体調や気分やいろんな条件で嗜好は変化するはず。それを正直に自分に聞くのが一番いい。
      「肉は絶対食べません」とか柔軟性のない頑なな思考で自縄自縛されるのが一番バカバカしい。

      だいたい東洋医学はそんなガチガチの考え方ではなくて、いい漢方医はその患者の体調によってどんどん薬を変えるし食べていいもの悪いものもどんどん変わるというふうに変化にとんでる。人間が変化にとんでるんだからこれは当たり前だと思うわ。

      あと運動は大事やな。今日は汗だくで大掃除して筋肉痛なったわ。

      あ、本注文しました\(^o^)/おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください