『2019.11.15 秋の夜長の手習い。』

黒い硯の上では墨の状態がよくわからないので普段使わないのだが、白い硯だととても使いやすい。(墨を摺るわけでなくて筆をならすためだけど)
しかも百均で売っている。
本来は刺身醤油入れだが、大きさも傾斜も丁度よくてめっちゃお得感。

装飾ハンコに木の台を付ける。
これも6種類で百円だが一工夫で随分価値が上がる。
結構この手のハンコ高いからな。

そんな秋の夜長の58歳爺の手習い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください