タグ別アーカイブ: イラスト

『低気圧による不調。』

台風の低気圧に押し潰されそうになる、様な気がする。低気圧なのだから押し潰されるのはおかしいかもしれないが、なんとかなく重苦しいし頭も痛くなるのが常だ。

で、調べてみると。こういうの気象病というらしい。
人間は通常15トンの気圧を体の内部から押し返して生きているのだが、低気圧だと微妙にそのバランスが崩れるてしまう。そして脳の血管が広がったり痛みの物質が出てきたりといろいろ不調に陥るらしい。そうかじゃあウンコでも気張って血圧上げるか。

分かってしまうとなんとなく諦めつくから不思議。

 

『物を元に戻す。』

いったいどうしてこんな簡単なことができないのか、時々嫌になるが、物を元に戻せない。食ったものを炊事場に持って行かない、出した本はそのまま積み重なる、汚れた洗濯物は洗濯機に層をなす。一つ一つは取るに足らないことだが、これが破綻の始まりだ。

はじめは小さなこの怠惰が、まるでダムに開いた小さな穴のように次第次第に大きくなりスペースと精神を侵食し始め、いずれは生活全体の破綻をきたしてしまう。

だから何か最近調子が出ない、体力も気力も衰えを感じる、生活が荒んできた、と思ったらまず物を元にあった場所に戻す事から始めるのだ。

 

 

『力を抜いて丁寧に生きる。』

人間生きてるだけで、肩とか首とかおもっくそ力入ってる。特に急ぎの仕事やストレスかかる用事をしてると無意識に力んでしまって、あっという間にカチンコチンになってしまう。

ところが最近手首が悪くて力を入れると痛いので、仕事はもちろん、タオル絞ったり、瓶の蓋開けたり、プルトップ開けたり、カバン持ったり、車のドア閉めたりするのになるだけ力を入れないように注意している。手首に力が入らないと首にも肩にも力が入らないので自然力が抜けていく。これを続けていると、生きていくのにそれほど力は必要ないなと改めて気付く。

多分普段は必要な力の180%くらいで力んで生きている。リターンキーをパシーンとやったり、商品叩きつけたり、ドアをバーン開けたり、いっぺんに物をたくさん持とうとしたり、意識してないとついつい力が入り過ぎてしまうのだ。
しかしこんな事はすべて無駄で、パンパンうるさいし、物は壊れるし、身体も痛むし、周りにもはた迷惑なだけだ。力は全く必要最低限でいい。
ネジを回す時など誰もが意味なく大急ぎだが、ゆっくり回せば実はそれほど力は必要ない。

力を入れないで生きてると動きがゆっくりになって物の扱いが丁寧になる。すると段々気分も落ち着いてきてまぁ何と言うか平和になってくる。特に車の運転は無茶しなくなるからいいね。

 

『大学ノート日記平成29年9月10日 韓国な人々。』

カッコいいという事で、男も女も韓国人に憧れる人が増えてるようだ。そりゃあそこまで徹底的に整形したらカッコ良くなるし完璧に作ってるプロ意識満タンの韓国アイドル達はやっぱり見てて楽しい。が、それは徹底整形してこそであって、二重くらいの中途半端整形で、精神だけ超絶イケメン気取りになってしまって雑誌の猿真似ファッションにTV俳優の猿真似みたいな仕草で電車に乗られた日にゃ、見るなという方が無理めっちゃおもろかった。

 

『大学ノート日記平成29年8月31日 悲観論者。』

ポジティブ思考って、深く考えずにリスクを取ってエイヤってやってしまう、ただ浅はかで軽はずみな、闇雲に危険に飛び込んでるだけの夢見る馬鹿ではないのか?と声高にポジティブポジティブ叫んでる奴見て思う。

「何とかなる!命までは取られないから。」って言うけど、バイクでも投資でも最悪命落としかねないからな。

 

『大学ノート日記平成29年8月27日 人生にノルマ無し。』

仕事上のノルマも厳密には法令違反の可能性があるのに、ましてや報酬の出ない集団からのノルマは、その集団都合のタダ働きでしかない。「あなた自身の壁を乗り越えるために今月中に3人勧誘して」ってまぁ洗脳された上こき使われてるだけだから、すみやかに離れよう。