「セロー」タグアーカイブ

『2019.08.14 一番暑い日にセローに乗る。』

事務所からの帰りの朝5時半頃ですでに暑い。もりもり気温上がるけど気持ちいい。 次の日の出勤。気温は37度くらいだからこのトップケースの中は60度以上になるはず。これでダニが全部死ぬのでヘルメットはいつも入れっぱなし。かぶる時ほっぺたが灼熱だがダニに食われるよりはるかにマシだ。 プレクサススプレー缶が爆発しないかちょっと心配。熱くてもウェアはプロテクター含め重装備で走る。もちろんブーツもグローブも装着。汗だくになるが長袖の発汗性のいいアンダーアーマーのおかげで不快ではない。 出勤して裸になって冷房ガンガン、キンキンに凍ったプチトマトを5つ食べる至福。その後爆睡の至福。
「一期の楽しみは、うたたねの枕の上にきわまり、生涯の望みは、おりおりの美景に残れり。」(方丈記)  まさにこれ。

 

『2019.07.12 セローと紫陽花。』

結構雨が続いたので・・・
車で通勤してたのだが (歌が好きなので車通勤も全然嫌いじゃない)・・・
この日は雨の心配ないということで久々セロー。
朝方まで降ってたせいで霧。これもまた良し。
ヘルメットと膝がビショビショになるけど走ってるうちに陽が出て乾いてくるのが気持ちいい。暑いよりはるかにマシ。
霧の中にまだ紫陽花咲いてた。 セローは華奢なので花が似合う。
紫陽花は盛りを過ぎたら急激に茶色っぽく白っぽく色褪せて汚くなってしまう花だ。その点では桜なんかよりずっとはかないのだが、まじで汚すぎてその辺の悲しみは無視されている。 綺麗な花びらのまま散って紫の花筏を作るようだったらもっと珍重されたんだろうけど、紫陽花は桜のように美しいまま夭逝とはいかず醜い老醜を晒してしまう。汚いものは見たくないので紫陽花の末期は誰も歌に詠まない。
醜くなりつつある事務所近くの紫陽花。こらあかん。

 

 

 

 

『2019.04.22 和歌山花園プチツー。』

和歌山480号線走る。所々台風の余波。単独ツーの飯はたいていカレー。 結構重装備、通勤もこれ着てる。この日は暑かった。 花園温泉。湯質は良かったけどただのお風呂。 走るために走った日。 花園恐竜ランド。分かってたけど着いた時は閉園時間。 山から降りると鯉のぼり。なんだかほのぼのした。 セローで150km走ると尻が痛い。
しかし走れば走るほど走りたくなるのがセローというやつだな。

 

『2019.04.21 絵日記 平穏無事。』

今日はプチツーリングに行ってきたんだけど、途中温泉入ったりして久々楽しかった。帰途夕陽を横目に60キロくらいで巡航してると、脳味噌の中にセロトニンかドーパミンかとにかくいい気持ちになる物質がプチプチ湧いてきて多幸感に包まれました。

こうやって絵描けてバイクに乗れたら全く人生言うことなし、家族みんな健康で何の被害者でも加害者でもない、平穏無事のおかげやな。

 

『2018.09.04 絵日記 台風21号被害大阪府南部貝塚付近。』

瞬間的に強い風。ちょっと買い物して戻る途中。
木がバタバタ倒れてる。
向かいの廃屋の壁が倒れた。
ついでにバイクのテントも倒れた。
中のセローも倒れてる。
風がやんだら起こしてやるからな。
電線が垂れて停電多数。瓦の飛散と倒木被害が多い。
なかなか強い台風だった。各地被害わからんけど無事を祈ります。

 

『2018.05.25 ゴルフは右手使わない。』

友達にゴルフ誘われたのだが、手首が心配で多分駄目だろうな~と思いつつ何年ぶりかの打ちっぱなしに行ってみた。するとゴルフというのは左手がメインで右手首には全然負担がかからないとわかった。ダフって地面を強打でもしない限りまったく大丈夫。

逆に、右手に負担かからない打ち方ができてるということはうまく打ててる証拠で、現に玉もまっすぐよく飛んだ。セローもしょっちゅう乗ってるけど右手首に負担がないのは、これもうまく乗れてる証拠。つまり結構上手にこなしてる俺様にすっかり嬉しくなってしまった。

結局手首に負担がかかるのは瓶の蓋開けるときや雑巾絞る時で、これさえ注意したらなんとか一生持ちそうだ。絵も全然描ける。

 

『春の通勤ツーリングセロー。』

春めいてきたので、ここんとこずっとセロー通勤。
花粉を避けるか桜を取るか、当然桜だ。
月末の締切ストレスを溶かしてくれる花見通勤。
通勤距離は片道50キロだけど、家の周辺が一番桜の名所かも。
朝日と桜と通勤グセロー。
バイク通勤の気持ちよさをどう伝えればよいか。
ある程度走ったら、季節の匂いとか光の具合とか風の強さとかが完全に自分と同期して、風景と一体になる至福の瞬間が訪れる。 60キロくらいの巡航がいい。スピードとか加速に酔いしれてた若い頃とは全然違う乗り方、これもセローがあってこそやな。

 

『晩秋の通勤ツーリングセロー。』

誰かが「通勤グセロー」って言ってたけど俺もそうなってるツーリングセロー。
でも快適なので気にしない。秋は日差しが気持ち良いわ。
下道片道50キロ1時間コース。すぐに着くのがもったいなくてゆっくり走る。
この歳になると「軽い」事が最重要で次に「タンク容量」「足つき性」って感じになる。
なんかセローが生産中止になるような噂があるけど、まぁYAMAHAさんの事だからもっといいの出すんだろうな。

「積載量」に大きく貢献してるY’s Gear のトップケース。もう何年使ってるのか分からんけど、
ヘルメットも余裕で入ってめっちゃ重宝してるので、気にしない。
この時期は南海の革パンツ、これも年代ものだがまだウェスト入るし。ウェアと手袋はHYOD、使う程に馴染む。オフロードバイクに完全ロード仕様の格好だけど、気にしない。
月が笑う。最近井上陽水マイブーム♪ セローはいいバイクだってのは聞き飽きたので、悪い点を一つ。
「尻が痛いんや~!」