「テンペラ画」タグアーカイブ

『趣味の油絵テンペラ混合 「牛と少女」。』

油絵とテンペラの混合技法。ダリの象のような牛と少女の図。空を大きくとったら描いてて気持ちよかった。

額はまた百均で買ったやつにモデリングペーストで調子つけてから金塗ってちょっと磨いたやつ。やっぱりこの混合技法の方がはるかに上品に描けるなぁ。

 

『2019年06月TOP絵 「陽春の候」。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は5月のTOP絵を失敗して全部消して下地も塗り直して一から描いた絵。
胡粉と方解末と金粉のアクリル下地に油とテンペラで描いたら、半つや消しで日本画みたいになった。柔らかい絵にしたかったので大変満足。

とりあえず失敗した後なので完成してよかった。失敗して全部削り取って一から描くパターン結構多い。ウネウネやってるより一から描いたほうが早いのよね~。

 

『2019年05月TOP絵。』

5月13日の日記絵を油絵にしつつある絵。またテンペラとの混合。日記絵を元にはしてるけどなぞってるわけではなくてちょこちょこ見るくらい。その都度どんどん描いたり消したりして形を探っていく描き方の方が性に合ってる。日本画のようにまず骨描き(下書き)して、それをなぞる的な技法はこらえ性がなくて描けない。

もう5月が終わりそうなので途中だけどUPだ。

 

『趣味の油絵テンペラ混合 「豌豆豆ノ唄」。』

豌豆豆(えんどうまめ)ノ唄。
また油絵とテンペラの混合技法。写真ではいまいち分からないけど、この技法でないと表現できない特徴がある。百均の額はポスカラの金を使ったので安もん臭さが拭えない。いずれもっといい額を着せてあげよう。↓色はこっちのほうが近いかも。
ミュシャを観た時に、画集等の複製のメチャクチャな再現度に驚いた記憶あり。特にあの手のパステル中間調の色は再現が難しいんだろうな。 楽しゅうございました。

 

 

『趣味の油絵 夏の遊園地(廃墟)。』

先日完成した奴、今回はF0号。ジェッソで下塗りしてあるのでテンペラで描き始める。かなりのところまでテンペラで描く。水入れはヨーグルトのパッケージが水はじいていい。
防腐剤を入れないことにしたので、卵が腐らないまぁ2~3日でテンペラ終える予定で。逆にダラダラ描かなくていいかもと思った。
一度油絵の具で描き出して、またテンペラに戻る。錆びた観覧車っぽい奴を描き足す。こんなベタッとベースを塗るのはテンペラが適してる。速乾性なのも便利。
細部を油絵で描いたり、肌をテンペラで白く起こしたり、どうにも決まらない緑に悪戦苦闘しつつ結局ダラダラ描いて、どうやら完成。

ギラッとした感じが嫌いなので、ノスタルジックな優しい夏にしました。
タイトル 『夏の遊園地(廃墟)』

 

『趣味の油絵 初夏。』

ちょこちょこ描いてたF3号の油絵、ようやく完成した。

最初はやっぱりテンペラ。全体の色構成をぼやーっと考えながら描くにはテンペラがいい。最近パレットは食品トレーとか百均の薬入れとか。 油絵具置いた後またテンペラで描いてその上からまた油絵だったり、削ったり盛ったり薄く垂らしたりいろいろやってます。

初夏で緑が萌えてるんだけどちょっと毒っぽい空気も感じる7月の季節感を表現してみました。右の植物はナガミヒナゲシの芥子坊主。

 

『紙粘土金貨作る。』

特に意味もなく、こんな形に作っておいてあった紙粘土。急に思い立ってベンガラ色に塗る。注射器に入ってるのは卵テンペラ。
金の粉をテンペラに混ぜて塗るぞ。
金の粉はそのままでは水に溶けにくいけど、アルコールを混ぜたら親水性がよくなって混ざるのだ。
塗り塗り。
そのままではつまらないので、油絵の具でちょっと文字とか入れる。
『霄壌』(しょうじょう)…「霄」は空、「壌」は大地の意味で。つまり天と地。 金粉はテンペラだけではうまくつかなかったし、保護の意味からもマスティックワニス塗った。

なぜこんな事をしてるかというと、実は金が大好きなのだが貧乏で買えないから。というか高すぎるやろ金。それと表面ツルツルピカピカの金よりもちょっとボコボコしてるどんくさい感じの金塊が好きなので。こんなんの本物欲しいな~。

 

『2017年6月TOP絵。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前作った紙の箱の支持体が余ってたので、今月のTOP絵はこれに。アクリルガッシュか何かで色を塗ってたのでその上にいつものようにテンペラ、仕上げは油絵。
軽いので画鋲ひとつで壁に掛かるのがいいところ。