タグ別アーカイブ: バイク

『晩秋の通勤ツーリングセロー。』

誰かが「通勤グセロー」って言ってたけど俺もそうなってるツーリングセロー。
でも快適なので気にしない。秋は日差しが気持ち良いわ。
下道片道50キロ1時間コース。すぐに着くのがもったいなくてゆっくり走る。
この歳になると「軽い」事が最重要で次に「タンク容量」「足つき性」って感じになる。
なんかセローが生産中止になるような噂があるけど、まぁYAMAHAさんの事だからもっといいの出すんだろうな。

「積載量」に大きく貢献してるY’s Gear のトップケース。もう何年使ってるのか分からんけど、
ヘルメットも余裕で入ってめっちゃ重宝してるので、気にしない。
この時期は南海の革パンツ、これも年代ものだがまだウェスト入るし。ウェアと手袋はHYOD、使う程に馴染む。オフロードバイクに完全ロード仕様の格好だけど、気にしない。
月が笑う。最近井上陽水マイブーム♪ セローはいいバイクだってのは聞き飽きたので、悪い点を一つ。
「尻が痛いんや~!」

 

『秋の通勤ツーリングセロー。』

車がオーバーヒートして修理に出してるのでこのところずっとセロー。
昼間の行きはメッシュウェア、帰りの朝方は一枚羽織ってちょうどいいくらい。
やっぱりバイクは空気がひんやりしてからの方が調子よく回るような気がする。
ちょいとひと風呂浴びて帰ったり。ヘルメット被るのがちょっとあれだけど、セローは下駄代わりだから気軽にどこでも寄ってしまう。
漸(ようや)く10000㌔超えましたセロー。行きも帰りも下道でのんびり・・・ではない結構出すけど全く不安ないこのバイク、いやよ~出来とるわ。
これからの季節セル一発のインジェクションもうれしいのう。

 

『大学ノート日記平成29年8月31日 悲観論者。』

ポジティブ思考って、深く考えずにリスクを取ってエイヤってやってしまう、ただ浅はかで軽はずみな、闇雲に危険に飛び込んでるだけの夢見る馬鹿ではないのか?と声高にポジティブポジティブ叫んでる奴見て思う。

「何とかなる!命までは取られないから。」って言うけど、バイクでも投資でも最悪命落としかねないからな。

 

『高速セロー通勤 涼しい。』

帰りは朝方なので冷え冷え~気持ちいい。
しかし昼は炎天下の駐車場に干してるのでカンカンに煮えたぎる鉄馬セロー。
下道は信号待ちで、股下のエンジンの熱気と上からの太陽とで糞暑いのだけど。
この日は急用で久々の高速通勤。あもう全然涼しいメッシュウェア。
あっという間に着くのがもったいないくらい快適。
35度以上はヤバいけど30度くらいならもう全然大丈夫。
それと、アクセルワークは手首に負担かからない。そもそもバイクって本格的なダートとか以外はそれほど手に力を入れて乗るもんじゃないし、車のハンドルの方がよほど痛い。糞夏過ぎてこの先はずっと快適なバイクライフが送れるんじゃないの~ふぉふぉふぉふぉ。

 

『下道セロー通勤。』

高速料金値上げにより、下道セロー通勤が増える。
朝は空いてて高速と変わらない時間で帰れる。晴れの日は眩しいけどまだ全然涼しくて、日によっては冬用のオーバーズボンやグリップヒーター付けるくらい。頭スキッとするぜ。
富田林通過。PLタワー。
1時間かからない50㎞通勤。はっきり言って今の季節最高す。

 

『ヘルメット ブレス(ノーズ)ガード自作。』

ブレスガードは息でシールドが曇らないための物だが、あんまり役立ってないと思う。そんな事よりこの季節、陽射しがきついのとシールドのUVカット性能が信頼できないので、でかいノーズガードが欲しくなった。
すべての材料は百均から始まる。この靴底ええんちゃう?匂いも防いでくれそう。
紙であたり取ってから切り抜いて、元あったブレスガードにホチキス留め。今日はこれで奈良まで行った。熱気はこもるけど直射日光の不快さはない。いい感じだ。
ホチキスは色々危ないので糸で縫い付ける。あまりにもダサいのでブラックジェッソでカムフラージュだぜ。
そこはかとなく、何となくそれらしい、まぁありなんじゃないかな、くらいのものができた。表情もちょっと読み取りにくいマスク効果も。でもこんな奴に後ろつかれたら怖いかな?

 

『ハスラー9万㎞越え、セローも元気。』

飛び石でひび入ってたフロントガラス、そのままでは車検通らないので10万かけて代えるトホホホ。走行距離9万km超えてまだまだ走りそう。
セローはハスラーの10分の1しか走ってないけど元気。空気圧とチェーン注油メンテ。
今はバイクに最適な季節だが、体質的にPM2.5と黄砂がダメでちょうど時期がかぶっているのが何とも腹立つ。しかしそろそろ我慢の限界、走るぜ。
セローの車庫テントの周辺がすごい草だったが昨日の豪雨でチャンスとばかり草抜き、面白いように抜けたが腰も抜けそうになった。蚊除けに長袖と帽子、顔も覆ってたのでもう汗だくのダラダラ。帰り腰大丈夫かな( ^ω^)・・・。

 

『ツーリングセロー 鳥居のエンドキャップ代用品。』

ツーリングセローのアドベンチャースクリーン支えてる奴通称「鳥居」のバーエンドキャップがすぐに外れるのでコルクを刺しておいたのだが、いかんせんカッコ悪い。
ふと閃いて百均でうってるゴム買って来て丸めてみる。
あこれバッチリ。中央にネジかなんかを締め込んでやればより強固になりそう。
とりあえずこれでカッコ悪さはなくなった。クルクルしてかわいい。

 

『真冬のセロー通勤はもっぱら下道。』

225から250になって最高速も140㎞に伸びて高速も苦ではないセローだが、寒いだけであまり意味がないので通勤ではもっぱら下道。今の時期でも凍結まではいかないので全然普通に走れる。

とはいえこの「グリップヒーター」がないとかなりつらい。グリップカバーは危ないので付けないようにしてるのだが、付けたら汗かくくらい暖かい筈。そろそろいいの出てるかな。

キャブからインジェクションになって弱っちくなったと思いきや、始動も一発、エンストしないし、ゴンゴン走るし問題なし。燃費もいいし、何より軽いのがいい。
確かにでかいBMWとかでゆっくり走るのも気持ちいいんだけど、俺の場合「実用」を取ったらセロー一択これしかないです。
最近毎日セロー通勤だが、この真冬では湯冷めが嫌で銭湯に寄れないのが唯一の難点。いやしかし、それも今度トライしてみよう。