「写真」タグアーカイブ

『趣味のテンペラ画 「赤茄子婦人」。』

トマト(赤茄子)から生えてきた婦人の図。最近毎日トマト食べてるので描きたくなったのかも。トマトからは生命力を感じるしどこか女性的な雰囲気がある。
今回は白と黒の顔料を使わなかった。この2色を使わないと顔料自体の主張が強くなる。真ん中の白く見える部分は下地の色が出てる部分。

テンペラだけで描いた上に白を使ってないので顔料が表面にむき出しな感じと、微妙に水に溶ける感じが面白かった。爺になると目が悪くなるからか色が恋しくなる。赤いちゃんちゃんこもこんな理由あってのことかも。

お菓子の蓋に布貼って基底材にしてるのでとても軽い。テンペラだけだとあっという間に描ける2時間位。

 

『趣味の油絵 「今日は魚にする」。』

8月7日に一層目描いたやつを仕上げる。
今日は魚を食べようと思い立った女の図。タイトルやテーマは後付けが多く適当。引っ掻いたり胡粉をグレーズ(透明絵の具を薄く塗ること)したり色々やってみる。普通はテンペラの上に油絵の具をグレーズするのだが、逆にテンペラでグレーズすることも多い。半透明になってちょっとボケた感じになるのが好きなのだ。
胡粉をグレーズして下の色をなんとなく見せるのは日本画の常套手段。登山の疲れでちょっと描いては爆睡しながらなんとか完成。

 

『2019.08.14 一番暑い日にセローに乗る。』

事務所からの帰りの朝5時半頃ですでに暑い。もりもり気温上がるけど気持ちいい。 次の日の出勤。気温は37度くらいだからこのトップケースの中は60度以上になるはず。これでダニが全部死ぬのでヘルメットはいつも入れっぱなし。かぶる時ほっぺたが灼熱だがダニに食われるよりはるかにマシだ。 プレクサススプレー缶が爆発しないかちょっと心配。熱くてもウェアはプロテクター含め重装備で走る。もちろんブーツもグローブも装着。汗だくになるが長袖の発汗性のいいアンダーアーマーのおかげで不快ではない。 出勤して裸になって冷房ガンガン、キンキンに凍ったプチトマトを5つ食べる至福。その後爆睡の至福。
「一期の楽しみは、うたたねの枕の上にきわまり、生涯の望みは、おりおりの美景に残れり。」(方丈記)  まさにこれ。

 

『趣味の油絵 下地 CANSOL。』

基底材は下の左のやつ、百均で版画用の板。2枚入ってたので1枚50円。CANSOL塗る。塗る時はまとめて塗る。3回くらい塗る。軽くヤスリがけ。日記絵から、油絵の具の茶系で直描き。バックのモチーフを魚に変える。この段階で1週間位乾燥させると、次の層描く時に溶けすぎないでいい感じ。
下地のCANSOLは俺には一番合ってる様だ。めっちゃ描きやすい。 今日は泊まりなので朝方だけど酒。至福の時間。 洗濯機がだだ漏れだったので修理。筆洗が汚れていたのでとことんウタマロできれいにする。失くしたと思ってたiphone出てきた。同じくお気に入りシャーペンも出てきた。今日はいい日だった。

 

『趣味の油絵テンペラ混合 「牛と少女」。』

油絵とテンペラの混合技法。ダリの象のような牛と少女の図。空を大きくとったら描いてて気持ちよかった。

額はまた百均で買ったやつにモデリングペーストで調子つけてから金塗ってちょっと磨いたやつ。やっぱりこの混合技法の方がはるかに上品に描けるなぁ。

 

『2019.07.12 セローと紫陽花。』

結構雨が続いたので・・・
車で通勤してたのだが (歌が好きなので車通勤も全然嫌いじゃない)・・・
この日は雨の心配ないということで久々セロー。
朝方まで降ってたせいで霧。これもまた良し。
ヘルメットと膝がビショビショになるけど走ってるうちに陽が出て乾いてくるのが気持ちいい。暑いよりはるかにマシ。
霧の中にまだ紫陽花咲いてた。 セローは華奢なので花が似合う。
紫陽花は盛りを過ぎたら急激に茶色っぽく白っぽく色褪せて汚くなってしまう花だ。その点では桜なんかよりずっとはかないのだが、まじで汚すぎてその辺の悲しみは無視されている。 綺麗な花びらのまま散って紫の花筏を作るようだったらもっと珍重されたんだろうけど、紫陽花は桜のように美しいまま夭逝とはいかず醜い老醜を晒してしまう。汚いものは見たくないので紫陽花の末期は誰も歌に詠まない。
醜くなりつつある事務所近くの紫陽花。こらあかん。

 

 

 

 

『2019.06.22 最高のホワイト。』

長年ホワイトに迷ってきた。ポスカラの白から始まって、アクリルガッシュやドクターマーチンや漫画用ホワイトと呼ばれてるやつとか修正液とかあれやこれや使ってみたけど薄すぎたり濃すぎたりでどうもしっくりこない。なんなんだこのやろうと思っていたのだが。しかしよく考えてみるとホワイトというのは白の顔料と糊成分であるアラビアガムの組み合わせでしかないわけで、これを各メーカーがそれぞれの混合比で製品化してるに過ぎない。

それならばと、最も白い顔料であるチタニウムホワイトとアラビアガムを適宜混ぜて使ってみたらこれが最高のホワイトでした。両方共ビンで買えば楽々一生分まかなえるからコスパもいいぜ。