タグ別アーカイブ: 展覧会

『吉村萬壱展~意味のない美しい夢。』

来る2017年8月11日~9月24日まで、徳島県立文学書道館にて
兄の吉村萬壱が、展覧会をするみたいです。
原稿とか油絵とか水彩とかオブジェとか、いろいろ出品するようです。徳島は我々にとってはゆかりの土地なのでお声がかかったようですが、とても広い会場で一般510円の入場料も頂くようなので「はたして誰が見に来るのか?」とちょっと心配してます。

しかしまぁ専門の私が見ても、文学者のARTとしてはかなり達者ですし、全体的にもなかなか面白いものに仕上がっている様です。公演もあります。

まぁひとつこの機会に是非一度、吉村萬一の爆発した脳内をご堪能下さいませ!

 

『兄の展覧会用キャンバスの地塗り手伝う。』

いい天気だったので
この夏に徳島で展覧会する兄のためにキャンバスの地塗り(ジェッソ)手伝う。
兄は文学作家だが絵も描けるので時々展覧会をするのだ。
100号30号20号とか結構な枚数でこんなに描けるのかとちょっと心配。
でも外ででかいの塗るの久々気持ちよかった。

 

『むちゃ混み~伊藤若冲展。』

まぁ観とかんと話にならんやろという事で、嫁と行ってきました。開館1時間前から並んだので結構すんなり入れたけど、出る頃には3時間半待ちとかになってた。 sew291
なんちゅーか、描き過ぎやり過ぎ過剰感半端なかった。ここまで描けてしまうと逆に厭味や偏執を感じる。この人禅に通じていたので本当はもっと素朴な絵を描きたかったんじゃないのかな。まぁでも技術的にはやっぱりすごい天才で色がホントに美しかった。sew290
前の日は「團菊祭五月大歌舞伎」観る。尾上 菊之助、色っぽくてゾクゾクしました。sew293東京は歩く距離が長いから疲れるわい。メインの予定こなすだけで精一杯で帰る。

 

blogmura

『魯山人の美 和食の天才』

嫁が料理好きなので魯山人観に行く。京都国立近代美術館は改装後初めて。魯山人はよく知らなかったが、先日の映画の後で本物に飢えていたので普段聞かない音声ガイドなども付けてじっくり楽しむ。このおっさん自由自在やな。sew048

この辺りホント懐かしい。もう35年以上前のお話。sew049

魯山人観てたら腹減ってきたので花見小路。この日は和食だったが、嫁の知り合いがイタリアンオープンしたので次回は予約すべし。sew050

基本的にグルメとか妙に勿体つけて飯を食う奴は嫌いなのだが、魯山人は陶工、芸術家として非常に優れてるのは門外漢の俺でも分かった。明らかな失敗作もあった様な気がするけどね。

 

blogmura