「日記」タグアーカイブ

『2019.09.15 時間をかける。』


服や物を買ってきても、すぐには開封しない。たいてい一日はそのまま紙袋の中にいる。服を置いといても具体的に何が熟成するわけでもないのだが、この場所に慣らすためにちょっと時間が欲しいのだ。紙袋を眺めているのも結構楽しい。

特に靴などは箱のまま放置して、実は一年以上経っているやつがある。お気に入りの靴だったので間を開けず2足買ったやつだ。自分には流行を追いかける意欲がないので次にシーズンでも全然構わない。気のせいか履いたらちょっとしっくり来るようだった。

メールの返事とか仕事もこんな感じでちょっとだけ置く。本も一気には読まないで途中ちょっと寝かせる。一気呵成に最期まで突っ走ることはあまりない。

こういう癖は「時間に仕事をさせる」という概念が好きなせいで、人為的でない何かに仕事をしてもらうためにはたっぷり時間が必要なのだ。

こびりついた絵の具を水に漬けておくと、それがアクリルであれテンペラであれとても剥がれやすくなる。納豆は食べてすぐ洗うと粘ついて気持ち悪いがしばらく漬けておくとサラサラになる。いずれも水のブラウン運動が時間をかけて仕事してくれたせいだ。先日庭の草刈りをして除草剤を撒いたのだが、これも2、3日してから効果が現れ始めた。染み渡るまでやはり時間がかかるのだ。

油絵も時間のかかる最たるもので、水分が蒸発して乾燥するのではなく酸化して乾くので、じっくり焦らないことが肝要だ。今描いてすぐには加筆できないから待つしかない、下手にいじると下の絵の具が剥がれてきてしまうのだ。時々一気に描いて成功することがあるがまぁ稀で、大抵はじっくり描く羽目になる。特に油絵の具の上からテンペラで描く様になってからは乾燥度合いがもっと微妙になるのでより慎重になっている。いずれもイライラしないことが一番だ。

時間の中ではすべてが無常で、常に変化しているので、紙袋の中の服も箱の中の靴も目に見えないなにかが起こっているのであろう。それを待つのはなかなか楽しいものだ。

しかし朝飲んだ牛乳が午後には腹痛という仕事をしたのは、ああ無情。

 

 

『2019.09.08 京都芸術大学。』

京都造形芸術大学が「京都芸術大学」に名前変えるって言うから京都市立芸術大学が怒って紛らわしいからやめろって訴えてるようだ。

どうでもいいことやってんなと思うけど、どっちも学生がかわいそうだ。
「京都芸術大学出てます」って言ったらその後に「あ、元造形大の方です」とか「あ、もともとの市立芸大の方です」とか付け足さないといけないから面倒くさい上にバツが悪い。

就職採用試験で造形大卒を市立芸大卒と間違えて内定出すとか、美術コンクールで造形大なら落とすけど市立芸大なら入選とか、そんな事は全くありえないし、ただただ学生が余計な説明を付け足さねばならないだけだ。

造形大も何のために改名するのかわからないし、市立芸大もでんと構えててほしかった。全国的には両校とも全くの無名校なのに、この自意識過剰合戦はちょっとかっこ悪い。

 

 

 

 

『2019.08.31 絵日記 写真加工。』

絵の場合は単純に描くところが多いのでブサイクの方が面白いのだが、さて出来上がってみるとあまり手元に置いときたくない。やっぱり絵は、ある「イデア(理想)」を求めるもので単なる観察記録ではないな。

しかしこうやって描いてみると、確かにこの染みは消したいなとか、この鼻が少しシュッとしてたらいいかなとか、この顎はやばいやろとか思うので、女共がsnowやphotoshopで加工したくなるのもまぁ無理はないか。

あ、回線工事するのでしばらくお休みかもしれません。

 

『2019.08.29 Pixel 3 XL。』

最近携帯をPixel 3 XLに変えてからSpotifyを一日聴いてる。携帯でもPCでも聞けて月額約1,000円。米津玄師とか中村雅俊とか聴けないやつもあるので営業頑張ってください。ただ聴ける歌手は廃盤とかも網羅されてるので井上陽水コンプリートしようかと思ってたから大いに手間が省けた。洋楽に強いのでLo-Fiとか垂れ流すには最適。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

というわけで、優雅に朝飯作る。
上の2枚はOLYMPUS PEN Lite E-PL1だけど、Pixel 3 XLのカメラもなかなかきれいに撮れる。前のスマホはiphone7だったから今は高性能なのかもしれないけど、こっちのほうがはるかにいいような気がする。その上何やかやで月の支払いが3,000円ほど安くなったのでSpotifyの1,000円払ってもまだ大丈夫。全体的に反応良すぎて押し間違い多いです。

ここぞという絵は容量と相談しながらRAWで残すのだ。

それにしても人の携帯の情報ほどつまらないものはないなと書きながら思いました。

 

『2019.08.28 絵日記 夏は記憶の中に。』

「夏といえば海に行く」という行為が自分の中で無くなって久しい。

カーブの先に見え隠れする青い波!裏っ返しでプカプカ浮かぶ目に入る波間に踊り狂う陽光、落としても落としてもメンヘラ女のようにベタつく砂、浮き輪に擦れてヒリヒリチクチクのカチコチ乳首、やたら美味いイチゴ練乳かき氷、シャワーを浴びた後にふかれる涼しい夕風、そして素晴らしい夕暮れの中の彼女達!

そんな夏は、記憶の中にあるだけで今は全くリアルではない。現実は糞暑い車に乗り込むだけでスルメイカのようにシオシオのパーである。海へ繰り出すなどとんでもない話だ。

しかし記憶は純化されて、まるで夏の小箱に入った結晶と化している。振るとキラキラ透明な音を奏でて、年ごとに美しく研ぎ澄まされていく。

わざわざ今海へ行って、臭いバーベキューやら、マナーもクソもないイカレポンチやら、淀みに浮かぶペットボトルやら、砂に埋れた煙草の吸殻やら、帰りの渋滞の煽り合戦やらで、その純化された夏の結晶たちを上書きする必要は、いやいや全くない。

俺の夏はもうこれで完成しているのだ。

 

『2019.08.25 絵日記 腰が痛くなるまで整理整頓。』

やる気が出ないので、徹底的に整理整頓を始める。まずは気になってた親父のTシャツをウエスにするために一定の大きさに切り揃える。これだけで2時間位かかる。いらぬ靴を捨てる。バラけてた同じものを同じ箱に入れる。衣類を洗濯して収納する。ノートの背にタグをつける。そこにあったことに今まで気が付かなかったものは捨てるべく検討する。残す場合は使いそうな場所に移動する。箱には中身の名詞を書く。食品の賞味期限を書く。そしてどこといわずやみくもに掃除機をかけるのだ。

 

『2019.08.22 絵日記 煽り運転はスモークガラスのせいでしょう。』

 煽り運転が話題になってるけど、煽り煽られというのは日頃運転してたらこれ日常茶飯事で、みんな生きてるモードが違うのだからある程度仕方ない。今日が締日で5時までになんとしても得意先に着きたい営業マンはリゾートに向かう家族のノロノロパパの安全運転はめちゃめちゃ鬱陶しいし、食中毒の子供を病院にと急いでいる母親にとって高齢者の一車線安全運転は腹立つ以外ない。

しかし一番の問題は何度も申し上げました様に「スモークガラス」でありまして、車内の様子が全くうかがいしれないという、この一点に尽きるのでございます。

最近はフロントガラスからでさえ車内が見えないスモークガラスになっているので、近づいてくる車がどのような事情で近づいてくるのか全く判断できない。そうなれば我々の想像力は最も邪悪な悪意に満ち満ちた運転手を作り上げてしまい、煽った煽られたの被害者意識がマックスまで増幅されての報復合戦が始まるのです。はじめから悪意あるトラックなどはカーテンで自分を見えなくしたりしてることでもそれがわかる。おそらく警察だってスモークガラスのせいで邪悪な犯罪者を想定せざるを得ないはずで、そんなことも悪意の連鎖につながっている。

完全に運転手の年格好や表情が読み取れたらほとんどの場合腹など立たない。必死にハンドルにしがみついてるお爺ちゃん、かわいい初心者のお姉ちゃん、子供満載の頑張るママ、汗ダラダラの営業マン、法事に奔走するお坊さん、ノロノロ運転や近づいてくる車がこんな運転手だとわかれば仏心も湧くというもので。

古いミニクーパー(もちろん完全クリアガラス)に乗ってる若いカップルを見たことあるけどめちゃめちゃオシャレで微笑ましかった。そう、車はおしゃれに乗るもので運転手もそれぞれ楽しく自己主張すべきです。

したがって煽り運転はスモークガラスを標準にしてしまったメーカーのせいも大きいので、少なくともメーカーはクリアガラスを用意すべき。もっと言えば法律でスモークガラスを禁止すべき。これで煽り運転事件は激減すること間違いないと思うけどな~~~。

 

『2019.08.08 絵日記 咳が止まらなくて病院行く。』

指原莉乃、全然関係ないけど、咳が止まらかったので医者に行く。

医者に向かってネットで得た情報を振りかざし「ネットにこう書いてあったけどどうよ。」と言うのはあまりにも失礼なので医者に行ったら事実だけを伝えるようにしている。

「一週間咳が止まらないんです。」
医者はちらっと喉を見ただけで「お薬出しときますね。」と言う。

こちらは変な病気ではないかと心配で来ているので「あの、レントゲンとかはいいんですか?」と言うと「それじゃ胸の音聞いときますか。」と聴診器当てて「雑音はないですね。」と言ったなりだ。

変な病気ではなさそうで良かったのだが、咳が出てることは事実なので病名とか知りたいと思ってると「はい。」とすでに終わった感じになってる。「あの、何なんですかね、夏風邪ですかね。」と聞くと「まぁそうですね。」で、完全にむこう向いてしまった。

薬局でもらった薬を調べてみると「経口第三世代セフェム」系抗生物質。つまりDU薬なるものだった。
だいたいうんこになって出てしまうからDU薬(DAITAI UNKO)。ほぼ吸収されないで、耐性菌作るだけの抗生物質だ。
ほとんど吸収されないので副作用も少ないということで無能な医者はこれを出す。つまりこんなもの飲まなくても自然に治るのだ。

俺の場合も薬飲まずに3日、自然に治った。
この診察で1290円、薬が770円。
医者に行くのは安心料で、2千円くらいで安心できるなら安いものかもしれないが、なんか腹立つ。自然に治るって言え。3割負担だから儲け4000円?診察5分もかかってないから時給にしたら5万もあるぞ。

まぁネットのせいで医者もいろいろやりにくいだろうけど、出さなくていい薬は出さないで欲しい。俺のためと言うより人類のために、耐性菌の手助けを医者がすべきやないやろ。

 

『2019.08.04 絵日記 祝 渋野日向子の全英オープン優勝。』

2019.07.312019.08.04 暑いのとちょっと仕事で疲れてたのだが、渋野日向子の全英オープン優勝で吹っ飛んでしまった。仕事場なので嫁にLINEで中継してもらって知る。やっぱりスポーツ女子はかっこいいわ!特に女子ゴルフは最近可愛い子ばっかり次々に出てくるので全く目が離せない。お気に入りは小祝さくら。嫁といろんな子かわいいかわいい言いながら酒呑んで観戦するのが週末の楽しみ。

なんか書こうと思ってたのだが、この快挙にどっか行った。いや~めでたい!