タグ別アーカイブ: 油絵

『趣味の油絵 F0号。』

昨日から久々に油絵。ほうれん草とかプラムとか蜜柑とか着せた子。

この程度までアクリルで描いてから油絵の具に移行。ドンドン顔変わる。

下地はアクリルホワイトとジェルメディウム混ぜた奴塗って百均の茶こしで叩いて網目状にしてます。この方法が一番速く描けるけど、まだちょっとかかるな。

仕事ほったらかし、楽しくて時間忘れる。

 

『2018.01.10 マリネとテンペラ。』

普段は茶色一色の飯だけど、ネットのレシピを参考に赤パプリカと人参としめじのマリネ作ってみた。色がきれいなだけでなくめっちゃ旨かったのでうれしい。
料理ついでにテンペラ用の卵メディウム作ってまた絵画制作再開、油とテンペラ往ったり来たりするのが楽しい。

料理と絵は材料の扱い方がちょっと似てる。

 

『2017.12.25 Бато Дугаржапов。』

Бато Дугаржапов
↑最近好きなロシアの風景画家 ドゥガルハポフ、バトー(発音できない)。
本人はアジア人っぽい顔してるけどロシア人みたいだ。
風景画は描いたことが無いけど、こんな抽象画と印象派の混ざったようなタッチの風景画楽しそうだなぁ。色や形のみならず、風景全体の雰囲気ごと記憶できる才能羨ましい。

 

『趣味の油絵 夏の遊園地(廃墟)。』

先日完成した奴、今回はF0号。ジェッソで下塗りしてあるのでテンペラで描き始める。かなりのところまでテンペラで描く。水入れはヨーグルトのパッケージが水はじいていい。
防腐剤を入れないことにしたので、卵が腐らないまぁ2~3日でテンペラ終える予定で。逆にダラダラ描かなくていいかもと思った。
一度油絵の具で描き出して、またテンペラに戻る。錆びた観覧車っぽい奴を描き足す。こんなベタッとベースを塗るのはテンペラが適してる。速乾性なのも便利。
細部を油絵で描いたり、肌をテンペラで白く起こしたり、どうにも決まらない緑に悪戦苦闘しつつ結局ダラダラ描いて、どうやら完成。

ギラッとした感じが嫌いなので、ノスタルジックな優しい夏にしました。
タイトル 『夏の遊園地(廃墟)』

 

『吉村萬壱展~意味のない美しい夢。』

来る2017年8月11日~9月24日まで、徳島県立文学書道館にて
兄の吉村萬壱が、展覧会をするみたいです。
原稿とか油絵とか水彩とかオブジェとか、いろいろ出品するようです。徳島は我々にとってはゆかりの土地なのでお声がかかったようですが、とても広い会場で一般510円の入場料も頂くようなので「はたして誰が見に来るのか?」とちょっと心配してます。

しかしまぁ専門の私が見ても、文学者のARTとしてはかなり達者ですし、全体的にもなかなか面白いものに仕上がっている様です。公演もあります。

まぁひとつこの機会に是非一度、吉村萬一の爆発した脳内をご堪能下さいませ!

 

『趣味の油絵 初夏。』

ちょこちょこ描いてたF3号の油絵、ようやく完成した。

最初はやっぱりテンペラ。全体の色構成をぼやーっと考えながら描くにはテンペラがいい。最近パレットは食品トレーとか百均の薬入れとか。 油絵具置いた後またテンペラで描いてその上からまた油絵だったり、削ったり盛ったり薄く垂らしたりいろいろやってます。

初夏で緑が萌えてるんだけどちょっと毒っぽい空気も感じる7月の季節感を表現してみました。右の植物はナガミヒナゲシの芥子坊主。

 

『紙粘土金貨作る。』

特に意味もなく、こんな形に作っておいてあった紙粘土。急に思い立ってベンガラ色に塗る。注射器に入ってるのは卵テンペラ。
金の粉をテンペラに混ぜて塗るぞ。
金の粉はそのままでは水に溶けにくいけど、アルコールを混ぜたら親水性がよくなって混ざるのだ。
塗り塗り。
そのままではつまらないので、油絵の具でちょっと文字とか入れる。
『霄壌』(しょうじょう)…「霄」は空、「壌」は大地の意味で。つまり天と地。 金粉はテンペラだけではうまくつかなかったし、保護の意味からもマスティックワニス塗った。

なぜこんな事をしてるかというと、実は金が大好きなのだが貧乏で買えないから。というか高すぎるやろ金。それと表面ツルツルピカピカの金よりもちょっとボコボコしてるどんくさい感じの金塊が好きなので。こんなんの本物欲しいな~。

 

『2017年6月TOP絵。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前作った紙の箱の支持体が余ってたので、今月のTOP絵はこれに。アクリルガッシュか何かで色を塗ってたのでその上にいつものようにテンペラ、仕上げは油絵。
軽いので画鋲ひとつで壁に掛かるのがいいところ。