タグ別アーカイブ: 油絵

『趣味の油絵 「煙」百均額。』

『煙』

あの藤田のオーラを煙にしてみようと描いてみたけど単なる煙になった。アイデアは日記絵ノートから。墨で下描き。額は百均のをブラックジェッソで塗ったやつ。大量生産。最近は輪郭線をどのくらい残すかとかに腐心してるのだが、何より絵が小さすぎて目が辛い。漫画1コマの人物がこレくらいの大きさだからついついこの大きさになる。でも瞳を描いたりするのに1ミリの何分の1くらいの精度がいるのでハズキルーペかけっぱなしで頭痛がする。もうちょっとでかい絵を描いてみよう。

『趣味の油絵 「驟雨」百均額。』

『驟雨』 にわか雨を窓から見てる少女を描いてみる。とっくにできてたのだが忙しかったのと季節柄絵の具が全然乾かなかったので今日サインして完成。額は例によって百均。アクリルで下塗り。 赤が塗れたら金粉をアクリルメディウムに混ぜて塗る。 ちょっとこすって下の赤を出してエイジングしてみる。絵の具もったいないのでそこらの板にも塗ってみる。 画題は大体描いてきた日記から。ちょっとフェミニンというか少女趣味的すぎて気恥ずかしい。最近は下地の重要を特に感じる。下地さえキチンと出来てたら作業がかなり省力化できる。殊に藤田が発明したタルクを混ぜたり方解末を混ぜたりして研磨を惜しまなければ、それだけで女性のきめ細かな肌のベースは出来上がっているわけだから、後はお化粧すればいいだけというわけなのです。

『趣味の油絵 「電燈」百均コンセントカバー額。』

百均のコンセントカバーみたいなやつを額に見立てて絵を描いてみた。

カバーの幅に合わせてMDF(中密度繊維板)切って、下地。今回は方解末入りGESSO。墨で下描き。油絵で着彩。一層描きだけで完成。固定せず嵌め込むだけ。便所に飾る。太鼓鋲みたいなやつで柱に打ち付ける。コンセントカバーなので電燈を描いた。
カバーが真鍮なのでちょっと豪華な感じになった様な気がする。

 

『2019年01月TOP絵。』

MDF(中密度繊維板)にベビーパウダー(タルク)入りのジェッソ塗って下地。 最近はMDFの質感が気に入ってる。↓この画板と同じ材質だ。加工しやすい、曲がらない、平滑面、軽い。
墨で下描き。油絵の具で仕上げ。
最近の百均の額たるや実に素晴らしい。近頃は特に描きすぎない様にしてる。ちょっとした汚れとか下描きの残りとかも大事な要素。

 

『趣味の油絵 「雲隠れ」F3号。』

10月くらいからチョビチョビ描いてたやつ、完成~。ジェッソの下地に墨で下描き。段々油絵の具で色を付けていった。真ん中の女の子は消えた。コマ割りに墨線だから、いかにも漫画家らしい作品。油絵的な空間表現も好きだけど線画主体の日本画的な絵もたまに描きたくなる。

 

『趣味の油絵 百均の額を加工してフタに油絵描く完成 『星』。』

続き。肌や髪を描きこんで、油絵2層目で完成。
百均のネールのパーツを貼ってみる。金のパーツと額がつながって可愛くできました。セリアやダイゾーで、これ使えないかとか色々考えるのが好きで、毎日ほど行ってしまう。百均に行くと改めて日本は何事においても手抜かない国だなと思う。

 

『趣味の油絵 百均の額を加工してフタに油絵描く。』

百均の額は最近あなどれない。しかし白木ではボケるので金にする。まずは下地のブラックジェッソを塗る。金粉はクサカベ 顔料 #100 グリーンゴールド。ポスカラの金とは輝きが違う。
そのままでは水に溶けないのでアルコールを混ぜてグロスメディウムと混ぜて金の絵の具にする。 2回塗る。百均のメタルパーツで四隅を装飾。ちょっと豪華になった。
額のフタがMDF(中密度繊維板)で油絵の基底材にはもってこいなのでそのままジェッソ塗って描くことにした。左上がもともとの額。
そのままイーゼルに乗せると筆圧で飛んでいくほどの大きさなのでベニヤにセロテープ丸めて固定して描き出す。まずはアクリルで。 描けるだけ描くがアクリルだと俺はこの程度。アクリルができたら即油で描き出す。やっぱり調子が出しやすい。
今日はここまで。
横のネイル用の装飾を使って仕上げるつもり。いや~百均は楽しいな。

 

『藤田嗣治展行く。ん?可愛くない?』

シッカロールを混ぜ込んだ乳白色の下地に面相筆で描いた細い墨の輪郭線。昔から藤田の絵は大好きなのだが今回始めてシゲシゲ観て思った。
この人の描く女性キャラは可愛くない。単に俺の趣味じゃないだけなんだろうけど2~3点を除いてほぼだめだった。猫とか風景とか骨董品とかは素晴らしかったので残念なのだが、特に子供の絵や宗教画のマリア様などはわざと気持ち悪く描いてるだろうレベルでゲッソリしてしまった。まぁ個人の感想なのが、フェルメールや若冲と比べると集客力もイマイチのようでした。
でも技法的には大変参考になったし、何より俺はこの人の日常を楽しんでこちょこちょ色々作ったりする生活態度そのものが好きなので、藤田世界に浸れたのは得難い経験でした。京都市美術館は改装中。平成31年度内のリニューアルオープンの由、楽しみ。 ブラブラしてて見つけた 『THE NEXT WORLD MUSEUM 黄泉 カオスの間』 「入って観てもいいですか?」と尋ねると「500円いるよ」と言われたので、嫁と1000円払って入る。 色んな人がTWITTERとかでUPしてるのでこの辺で。ちょっと寺山修司っぽい感覚で時代的に分かりすぎるくらい分かるので頑張っていただきたい。

御池に移動して車停めてぶらぶら。懐かしい喫茶築地やVOXビルがまだ存在してることに驚嘆しつつ先斗町で飯食って帰る。第二京阪が出来て京都まで1時間めっちゃ近い。
大学時代6年もいたのだが、年取ってからの方が京都はオモシロイと思った。またじっくり来てみたい。

 

『2018.10.26 油絵用溶き油入れ 百均で自作。』

百均で色々仕入れ。今回は「油絵の具溶き油テレピンの使い捨て容器台」を作る。
絵の具を薄めるために使うテレピンなのだけど、使い終わって皿を洗ったりするのが面倒くさいので、使い捨て容器にしてみる。ただそのままだと軽くて安定しないのでセメントで土台を作る。このセメントも百均。 土台の容器は豆腐のやつ。それにセメントを流し込んで使い捨て容器を差し込む。ワセリンで型抜きしやすくしてます。 ケーキ用のスタンプ。これをニッパーでバラバラにするのが意外と骨。手の皮剥けた。バラバラにしたら割り箸でさして使う。 生乾きのうちに「テレピン」と刻印しておく。割れないように力の入れ具合難しい。Rに変な色ついた。 24時間乾燥、乾いたら抜く。意外とすんなり抜けた。 吹けば飛ぶような使い捨て容器だけど、ギザギザのおかげで全然動かず安定してる。思惑通りです。吹けば飛ぶような使い捨て容器は、紙の筒に入れておく。この黒いフタは何の部品か忘れたけどピッタリだった。工業製品の部品は時々このようにぴったりサイズがあるので、捨てないで取っておくようにしてます。 色を塗るかどうか検討中。とりあえず下地のミッチャクロンふいておく。こんな事してると一日があっという間に終わる。