「画材」タグアーカイブ

『2019年06月TOP絵 「陽春の候」。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は5月のTOP絵を失敗して全部消して下地も塗り直して一から描いた絵。
胡粉と方解末と金粉のアクリル下地に油とテンペラで描いたら、半つや消しで日本画みたいになった。柔らかい絵にしたかったので大変満足。

とりあえず失敗した後なので完成してよかった。失敗して全部削り取って一から描くパターン結構多い。ウネウネやってるより一から描いたほうが早いのよね~。

 

『2019年05月TOP絵。』

5月13日の日記絵を油絵にしつつある絵。またテンペラとの混合。日記絵を元にはしてるけどなぞってるわけではなくてちょこちょこ見るくらい。その都度どんどん描いたり消したりして形を探っていく描き方の方が性に合ってる。日本画のようにまず骨描き(下書き)して、それをなぞる的な技法はこらえ性がなくて描けない。

もう5月が終わりそうなので途中だけどUPだ。

 

『趣味の油絵テンペラ混合 「豌豆豆ノ唄」。』

豌豆豆(えんどうまめ)ノ唄。
また油絵とテンペラの混合技法。写真ではいまいち分からないけど、この技法でないと表現できない特徴がある。百均の額はポスカラの金を使ったので安もん臭さが拭えない。いずれもっといい額を着せてあげよう。↓色はこっちのほうが近いかも。
ミュシャを観た時に、画集等の複製のメチャクチャな再現度に驚いた記憶あり。特にあの手のパステル中間調の色は再現が難しいんだろうな。 楽しゅうございました。

 

 

『趣味の油絵 顔料整理。』

テンペラは色の粉(顔料)に卵混ぜて描くんだけど、いちいち瓶から顔料出すのがとても面倒くさい。で、あらかじめ小分けしておくに限る。ただ蓋付きの顔料入れは場所取って邪魔なので、百均で重ねるタイプ買ってくる。
いい感じの深さじゃ、大まかに色分けして入れておく。
側面に名前も書いておく。白と黒は化粧用ピルケースに(もちろん百均)。
油絵の溶き油は陶器の皿に。すぐに固まるのでシリコンの蓋(料理用)をしておく、空気が抜けて抜群に良いです。パレットはまた変えて小型のホワイトボード使用。すべて百均。
きれいに使い勝手良くなったイーゼル周り。描くで~。画材屋さんには悪いけど、筆、絵の具、油以外は大抵百均で代用できますな。

 

『趣味の油絵半分テンペラ 「片隅の春。」』

 

また百均の板。額みたいなの付いてたのでこれは便利と描き始めたら端っこが描けなくてめっちゃ描きにくかった。
でも逆に余分な物描きこまなくて肌に集中できた。テンペラで女の肌を白起こししてると筆でくすぐってるようで変態気分が味わえる。

『2019年04月TOP絵。』

近所のファンシーショップで売れ残って安売りしてた額に合わせてMDF(中密度繊維板)切ってジェッソ塗って描く。鉛筆で下書きしてアクリルのイエローオーカー塗ってテンペラであらかたの色置いて油で描き進めて最後はまたテンペラで白起こし。今回はエッジを尖らせてみる。

端っこをピンピンにエッジ効かせて描くためには極細筆がいるのだが、使ってる『白玉』って筆を作ってた土生天祥堂は倒産してしまって今はもうない。と思って調べてみたら『筆匠 上村』として生き残ってはるらしい。上京の折は是非。

 

 

『2019.04.03 絵日記 紙とか。』

紙やら板やらキャンバスやら、絵を描く材料はとても大事で、自分に合ったものを早く発見すべきだと思う。同じように紙といってもコピー用紙や模造紙からボコボコの高級水彩紙や和紙まで様々だし、キャンバスも粗目から細目まで、そしてその上に塗るジェッソや塗料によって描き味は全く違ったものになる。

このノートはエッジが効いた線が引けるので、丸まっちい線より角の立った線を引くようになってそうするとどうしてもシャープな陰影を付けたくなったりして、前のノートと少しづつ画風が変わるのを感じる。そういうの試してるとやめられなくなるけどノートだととりあえず1ページ終わったら区切りがつくので今日はここまで。

 

『趣味の油絵半分テンペラ 「赤いボルシチと白い腕」』

一気に描いたら何時間で本画が出来るか大会。4時間くらいで完成。
案外ぱぱっと描く方が良かったるするもので、これも最近では一番好き。

額と同じ金色塗った下地に油絵とテンペラで描く。

絵を描くのに構図や色やタッチや絵の具や色んな要素があるが、俺は色白で滑らかな輝くような肌を描くことしか興味が無いみたいで、それにはテンペラハッチング白起こしが最適みたい。

結局絵などというものは、深遠な思想やら厳格な思考やら崇高な理想やらそんなものとは関係なくて、絵描きのおちんちんの赴くままに出来上がるものなんだろうな。エロ漫画と変わりない。