タグ別アーカイブ: 百均

『百均リメイク その7 手提げ袋。』

百均で買った保温袋のチャックが壊れて捨てようかと思ったんだけど、なんか勿体なくてとりあえず分解。
壊れたチャックは捨てて、横の部分の布をポケットにすることにしよう。 取っ手はそのまま縫い付ければ使える。これも百均で買った「糸通し」めっちゃ重宝した。
完成しました手提げ袋。夏服はポケットが少ないので財布とか携帯とかちょっとしたものを入れとける大袈裟でない袋が欲しかったのだ。
ポケットは携帯とか薄い物入る。
手縫いのステッチが味というより貧乏くささ全開だが、完成してうれしい。

 

『趣味の油絵 初夏。』

ちょこちょこ描いてたF3号の油絵、ようやく完成した。

最初はやっぱりテンペラ。全体の色構成をぼやーっと考えながら描くにはテンペラがいい。最近パレットは食品トレーとか百均の薬入れとか。 油絵具置いた後またテンペラで描いてその上からまた油絵だったり、削ったり盛ったり薄く垂らしたりいろいろやってます。

初夏で緑が萌えてるんだけどちょっと毒っぽい空気も感じる7月の季節感を表現してみました。右の植物はナガミヒナゲシの芥子坊主。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く②。』

小さい方も描く。今回のモチーフは4月14日の日記絵。下塗りは前回よりかなりちゃんとしたので描きやすかった。それと今回のテンペラは卵だけでなくマスティックワニスも混ぜたのでずっと描きやすくて堅牢。油絵段階でも結局使ってるのはマスティックワニスだけなのでなじみもよかった。

なぜテンペラから始めるかというと、色が明るいから。油絵の具だけだとどうしても暗くなるし逆にテンペラだけだと南国の陽光のように馬鹿みたいに明るくなり過ぎるので折衷するのです。何事も中庸がよろしいようで。

 

『趣味の油絵 百均額に合わせて描く。』

絵に合わせて額を作るの大変なので、額に合わせて絵を描こうと思って百均で3枚買ってきた。木にガーゼ貼ったりする作業が実は大好き。構図は3月15日あたりの日記絵を元にしてる様子だが、よく分からない。ガッシュで下書きした後はテンペラで下塗りしてから油絵の具で調子を付けて完成。最初と全然違う絵になってるんだが、これはよくある事です。ガーゼの目がよく見える。

 

『ツーリングセロー 鳥居のエンドキャップ代用品。』

ツーリングセローのアドベンチャースクリーン支えてる奴通称「鳥居」のバーエンドキャップがすぐに外れるのでコルクを刺しておいたのだが、いかんせんカッコ悪い。
ふと閃いて百均でうってるゴム買って来て丸めてみる。
あこれバッチリ。中央にネジかなんかを締め込んでやればより強固になりそう。
とりあえずこれでカッコ悪さはなくなった。クルクルしてかわいい。

 

『いい鉛筆発見。』

それは百均で売ってる1ダース100円の鉛筆だ。1本10円以下、これが書きやすい。
三菱9800 や uni はいい鉛筆なのだが、時に滑らか過ぎて勢い余って滑る傾向があった。それに対して、この安物鉛筆はちょっとガサガサした描き味で、紙に引っかかる抵抗感があるのだ。これが実に描きやすい。 いいの見つけたぞ。